2016年12月 4日 (日)

2016 ナキウサギ

福原山荘に行く前にナキウサギを見るため某場所へ着いたが、鳴き声が聞こえるが姿は見えない・・・・・

 
寒い中、ねばっていたら「ナキウサギ」が姿を見せてくれた!!
雪景色と「ナキウサギ」は絵になるなぁ~~と思った。(写真はクリックで拡大します)
 
   ナキウサギの生息地
 
Img_
 
   ナ キ ウ サ ギ
 
Img_1022
 
Img_1022_2
 
Img_1022_3
 
Img_1022_5
 
Img_1022_6
 
Img_1022_7
 
何度も「ナキウサギ」を見てきたが、木の枝に登って食事をしている姿は初めて見た!!
過去に「ナキウサギ」の写真展で似たような写真を見たが、実際にお目にかかれるとはラッキーだった。(*´∀`)♪
 
途中で日高山脈を眺める。
この時は雪はあまり降っていなくて十勝幌尻岳は判るものの他の山々は判りにくい。
目立つ山だけ写真を撮ってみた。
 
   十勝幌尻岳~札内岳~エサオマントッタベツ岳
 
Img_10
 
   札内岳とエサオマントッタベツ岳をズーム
 
Img_1022_8
 
カムイエクウチカウシ山の頭だけ見えているが、ここからだとハッキリとしない、、、
カムイエクウチカウシ山は十勝幌尻岳から見るのが一番だが、林道が崩壊している為、いつになったら行けるだろうか???
もう少し雪が積もったら低山にでも行きたいが、多分来年になると思います(;^ω^)・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月22日 (土)

秋の天望山~白雲山 その2

   その1からの続きです・・・・・

天望山から白雲山へ行くにはコルまで下りてそこから登りとなるが、しばらく登ってなかったせいか足が重く感じる、、、
それでも後ろから人が登って来なかったので、マイペースで登れたのが良かった。
 
 写真撮影日 2016年10月08日(写真はクリックで拡大します)
                 
白雲山の登り途中で天望山と遠くに雌阿寒岳と阿寒富士が見える。
 
Img_
 
   白雲山から雌阿寒岳と阿寒富士をズーム
 
Img__2
 
白雲山頂上付近に着いてから一休みする。
ナキウサギは鳴いているが、近くでは鳴いていない、、、
頂上付近は賑わっていたので、ナキウサギは見れなかった・・・
 
   白雲山頂上付近から然別湖
 
Img__3
 
頂上付近でパンとおにぎりを食べていると珍しい鳥が木の枝に・・・・・
後で調べて判ったが「ルリビタキ」という鳥で雄と雌で色が違い、白雲山で見たのは雌の「ルリビタキ」だった。
 
Img__4
 
一休みしたので頂上へ行って写真を撮る。
表大雪の山には雲がかかっているが、十勝岳と美瑛岳、ウペペサンケ山やクマネシリ連峰も見えていた。
 
   白 雲 山 頂 上
 
Img__5
 
   クマネシリ連峰をズーム
 
Img__6
 
   白雲山から十勝岳と美瑛岳をズーム
 
Img__7
 
天望山に着いた時には風も強く雲が流れていて天気が良くなかったが、白雲山に着いた時には天気が回復していた。
山の天気は本当に変わりやすい、、、
 
白雲山下山途中でウペペサンケ山とニペソツ山が見える所で小休憩、、、
下山するまで天気は良かった!!
 
Img__8
 
これで久しぶりの山登りは終わった。
この後、札幌・旭川と雪が降り、東大雪の山々にも雪が降った!!
夏山は終わりで冬山へ突入か???
今年は台風の影響で登れなかったなぁ・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月16日 (日)

秋の天望山~白雲山 その1

今年は異例の台風が多く通過した為、林道があちこちで通行止めになり、山も絞らないといけなくなり候補に挙がったのは、近くの白雲山と天望山に決定!!

先に天望山に登り、白雲山は後に登る事にした。
 
 写真撮影日 2016年10月08日(写真はクリックで拡大します)
 
 湖畔沿いを歩くと台風被害で倒木があちこちに・・・
 
Img_1008
 
   紅葉も少ししか見れなかった
 
Img_1008_2
 
Img_1008_3
 
湖畔沿い途中から天望山へ向かう。
倒木も結構あるが登山道は整備されていて、通りにくい所は1箇所くらいだった。
 
Img_
 
   途中で十勝平野が見えた
 
Img_1008_4
 
天望山に到着した時は誰もいなくて独り占めだった。
ここでパンとおにぎりを食べて一休みする。
 
   一人なので自撮りしました(^_^;)
 
Img_1008_5
 
 最初だけニペソツ山とウペペサンケ山が見えていた
 
Img__2
 
   トムラウシ山は真っ白だった、、、
 
Img_1
 
 天望山の正面からはホテル福原とホテル風水が見える。
 
Img_1_2
 
白雲山からは見えず天望山から見える山はトムラウシ山だけだと思っていたが、遠くに見えて雪化粧した山が見えたので、何の山なのか後で調べてみたら武華山と武利岳が見えていた。
これにはちょっと驚いたが天気が良いと見えるのかな?
 
   天望山から武華山と武利岳
 
Img__3
 
   弁天島を見ると遊覧船が通過した後だった。
 
Img_1008_6
 
写真を撮ってたら地元の人が登ってきて、然別湖の事を聞くと湖は以前と比べ汚れているのがわかるくらいで流木なども多かったようだ。
いつになったら綺麗な湖に戻るのか心配だが、観光客も来ているようだし、通行止めになっていないのでホテルも一安心だと思う。
 
ゆっくり休んだので白雲山へと向かう!!
   その2へ続く・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月22日 (月)

2015 白雲山

少し時間があったので山登りをしようと思ったが、天気予報は下り坂であまり良くない。

帯広の近くで手頃な山といえば然別湖付近の山々だが、時間の関係で白雲山だけ往復する事にした。

現地に着くと車の台数が凄い!!!
何と、この日は釣りが解禁になっていたので、普段見れないくらい車が停まっていた。
結局、道路のかなり奥まで入り、そこから出発する事になってしまった、、、

今回は花の時期が良かったのか色々な花が見れた!!

 写真撮影日 2015.06(写真はクリックで拡大します)

   タチツボスミレ          ズダヤクシュ

Img_0620 Img_0620_2

 

 

 

 

 

   マイヅルソウ          ゴゼンタチバナ

Img_0620_3 Img_0620_4

   

 

 

 

 

 ミツバオウレン        コミヤマカタバミ

Img_0620_5 Img_0620_6

 

 

 

 

  エゾムラサキツツジ       ウコンウツギ 

Img_0620_7 Img_0620_8

   ミヤマスミレ        ツバメオモト

Img_0620_9 Img_0620_10

 

  

 ツマトリソウ        ミヤマハンショウヅル

Img_0620_11 Img_06

                                       

 オオタカネイバラ     チシマフウロとハクサンチドリ

Img_0620_12 Img_

 

 

 

 

 チシマヒョウタンボク       イソツツジ

Img_06_2 Img_0620_13

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花を見ながらゆっくり登って1時間40分くらいで頂上へ到着!!
夏山ガイドに載っている参考タイムより遅かったが、花を見すぎたかな、、、( ̄○ ̄;)!

 

   白雲山頂上から然別湖

Img_20150620                       

Img_20150620_2

頂上へ行く最後の岩場に到着したら、いきなり近くでナキウサギの鳴き声が・・・・・
少し先を見るとナキウサギが至近距離に居たが、こちらに気づき隠れてしまった。

少し待てば現れるかも知れないという期待感を込めて、大きな岩の上で一休みしていた。
すると鳴かないで少し離れた場所に現れた!!
写真を撮るが離れているため小さくしか写らないので、ビデオを出しビデオ撮影に切り替えたが、ナキウサギは隠れず岩の上にいたのでビデオで拡大してみると、周りの音を警戒しながら草を食べていた。
この様子はビデオに撮る事が出来たのでラッキーだったと思った。
この日は一匹だけではなく三匹のナキウサギが見れた。

   ナ キ ウ サ ギ

Img_0620_14

Img_0620_15

Img_0620_16

雲は東大雪の山々にかかりクマネシリ連峰やウペペサンケ山とニペソツ山も見えなかったが、時々、十勝岳と美瑛岳と忠別岳が見えていた。
これもビデオ撮影で撮ってみた。

   遠くに十勝岳と美瑛岳

Img_2015

   遠くに忠別岳

Img_2015_2

ナキウサギの動画は手持ちで撮影したが、白雲山からの展望は三脚を使って撮影した。
ナキウサギは動くので大変だが、見れる状態だと思います。(^-^;
見たい人は下の「ここをクリック」をクリックして下さい。(You tubeで再生)

白雲山頂上付近からの動画(ここをクリック

白雲山で見たナキウサギの動画(ここをクリック

 

下山は来た方向をそのまま戻る。
途中で20名以上の団体様が登ってきたので、道を譲って一休み。
それからは誰にも会わず然別湖畔に戻る。
然別湖はボートで一杯だった、、、

Img_0620

 

車に戻り走り出すと「アヤメ」があちこちで咲いていた!!
「ヒオウギアヤメ」は背が高い花だが、然別湖周辺の「アヤメ」は背が低い。
花図鑑で調べると「アヤメ」のようだが、見た目は「ヒオウギアヤメ」とあまり変わらない。

Img_0620_2

天気が良ければ最高だったが、この日しか動けなかったので諦めもついた、、、
十勝連峰や表大雪の方には残雪が見えるが、7月になると何処の山でも行けるので、これからが楽しみです。
でも、何時行けるだろうか???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月31日 (水)

ニペソツ山の花

ニペソツ山は初めてだったが、意外と花が咲いていた!!

しかし多く咲いていたのは登山道ではなく、切れ落ちた崖にいっぱい咲いていた・・・・・

標準レンズしか持っていなかったので、もしかしたら見苦しいのがあるかも知れませんが、、、こんな花が咲いているんだぁ~と思ってください、、、(^-^;

一応、見やすいようにトリミングしてみました。

写真はクリックすると拡大します。

   ゴゼンタチバナ        マイヅルソウ

Img_0720Img_0720_2

 

 

 

 

   マルバシモツケ       チシマヒョウタンボク

Img_0720_3Img_07_2

 

 

 

 

   ミツバオウレン        ウコンウツギ

Img_0720_4Img_0720_5

 

 

 

 

   エゾコザクラ          チングルマ

Img_0720_6Img_0720_7

 

 

 

 

   アオノツガザクラ        エゾノツガザクラ

Img_0720_8Img_0720_10

 

 

 

 

   イワブクロ           イワヒゲ

Img_0720_11Img_0720_12

 

 

 

    

    コマクサ          メアカンキンバイ

Img_0720Img_0720_2

 

 

 

 

   チシマギキョウ        ハクサンチドリ

Img_0720_3Img_0720_4

 

 

 

    

   エゾウサギギク       チシマノキンバイソウ

Img_0720_5Img_07

     

 

 

 

    コケモモ          ホソバイワベンケイ

Img_0720_6Img_0720_7

 

 

 

 

    トカチフウロ        ミヤマアズマギク

Img_0720_8Img_0720_9

 

 

 

 

    エゾツツジ         クモマユキノシタ

Img_0720Img_0720_2

   

 

 

 

    リンネソウ         ナガバツガザクラ

Img_0720_4Img_0720_5

 

 

 

 

    イソツツジ         ヨツバシオガマ

Img_0720_6Img_0720_7

 

 

 

 

 

頂上付近のニペソツ山の東斜面は切れ落ちているが、人が近づけない斜面はお花畑になっている。
標準レンズで撮るには厳しい場所だが、望遠レンズがあれば撮れたかも・・・・・
今回は荷物軽量化のため余計な物は詰め込まなかったが、ちょっと失敗だったかな、、、

   ニペソツ山の東斜面

Img_0720_8

 

下を見ると雪渓があるが、上の方は見事なお花畑になっている。

Img_0720_9

下山時にパパチャリさんと一緒に斜面を見ていたら、、、エゾルリソウがある事に気づく!!
エゾルリソウは富良野岳と黒岳の7合目でしか観た事が無かったので、近づいて写真を撮りたい所だが、見る限り落ちたら戻って来れないので、、、遠くから眺めてきた。

   東斜面のお花畑をちょっとだけズーム

Img_0720_10

ニペソツ山を登ってみて思った事は、展望の素晴らしさと高山植物の多さに圧巻されたのと、今回は見なかったがナキウサギの広い生息地がある山はとても魅力だと思う。
次回は記憶がなくなる前に登っておきたい山だが、まだまだ未登の山はあるし、「今でしょ!」は出来ないので、その内に登ります(^-^;

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月28日 (日)

ニペソツ山(後編)

前天狗からは天狗平と、その先にはニペソツ山の姿が見える。
多少雲が出てきたが、頂上までは2時間くらいかな?

   前天狗から天狗岳とニペソツ山

Img_07

前天狗からウペペサンケ山と然別湖周辺の山々も見える。

Img__2

一休みしている内に何人か通り過ぎて行く。
ここからが勝負なので、その人達の後に歩き出す。

   十勝連峰とトムラウシ山

Img_0
前天狗から30分くらいで天狗平まで来る。
ここから見るニペソツ山は素晴らしいが、下りてからの上りが辛そうだ、、、

Img_0_2

天狗平から10分くらいで残り1kmの標識が見えてホッとするが、後はきつい上りが待っている。

Img_1km0720

最後の急登で足の調子が悪くなり、休み休み登る。
上からは下りてくる人達も結構いて、道をゆずる。
そんな事をしている内に、ニペソツ山の頂上が見えてきた!!

Img_0_3
頂上が近くなった所で写真を撮っていると、下から見たことのある人が・・・・・
その人は快速なので頂上付近で追いつくのではと思っていたが、期待を裏切らない速さで頂上手前で追いつかれた!!(^^;)
その人とはパパチャリさんで、偶然とはいえ会えて嬉しかった。
頂上では山話で盛り上がり、ちょっとまったりと過ごした。

   ニペソツ山頂上(写っているのはパパチャリさん)

Img_0720_5

   ニペソツ山頂でパパチャリさん

Img_07_2

  ニペソツ山頂上から糠平湖とウペペサンケ山

Img_0_4
の写真にロープが写っているが、この先は崖で切れ落ちていて、少し覗いてみたがゾッとするほどの高度感だった!!

雲ゆきが怪しくなってきたので、パパチャリさんと一緒に下山する。
天狗平での登りで足の調子が悪いので、パパチャリさんに言って先に行ってもらう。

   帰りはここを登り返す。

Img_0720_6

パパチャリさんと別れた後、人目につかない所で膝にバンテリンを塗り痛みを和らげる。
少し休むと何とか行けそうだったので、あまりとばさずゆっくりと歩く。

   下山途中から糠平湖

Img_0720_7

下山は膝をかばって下りたが、4時間30分で下山した。
夏山ガイドよりも行きは40分、下りは1時間程遅かった。
今回初めて登ったので、次に登る時はもう少し早く登りたいな。

下山後は糠平まで行き、無事に証明書をゲットした!!
今度は違う場所で真似をする所が出てくるかも知れない。
次は緑岳かな???

次はニペソツ山 花編です。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年7月27日 (土)

ニペソツ山(前編)

久しぶりの山登りとなったが、自分にとってはハードな山になるニペソツ山を登ってきた。

この山の標高は2013mなので、登るのは今年でしょ!!という山

きっと多くの人達が登るだろうと予想はしていたが、本当に多かった・・・・・

  写真撮影日 2013.07.20  ニペソツ山
             (写真はクリックで拡大します)

金曜日の夜に帯広を出発しニペソツ山登山道入口へと向かう。
車は10台以上止まっていたので、車が通れるように林道脇に車を停める。

朝の目覚めは悪かったが、準備をして5時30分頃出発する。

Img_07

始めは展望がない登山道を登っていく。
ある程度登るとウペペサンケ山やクマネシリ連峰が見えてきて、展望も期待できそうだ。

Img_0720
Img_0720_2

展望を楽しんでいると夏山ガイドに載っていた注意の岩場が現れた!!
その時に渡っている人達がいたので、参考にさせてもらった。(^-^;

Img_0720_3

ニペソツ山の登山道は片道7kmあるので、歩いていても先が長い!!
標識は何箇所かあるが、見ると思ったより進んでいない、、、

Img_4km0720

やっと前天狗が見えてきた!!
ここまで順調にきているが何人かに抜かれる、、、

Img_0720

前天狗に近づくと展望も良くなる。
石狩岳・音更山が近くに見え、遠くには旭岳が見え、トムラウシ山も見えている。
この場所では団体さんも休んでいた。

   石狩岳・音更山・ユニ石狩岳が近くに見える。

Img_0720_2

   遠くには旭岳・忠別岳も見えている

Img_0720_3

更に進むとオプタテシケ山とトムラウシ山が見えてくる

Img_

そして3時間かかって前天狗に到着!!
普通の山ならここで頂上だが、ニペソツ山はここからが正念場となる。
ここでテン泊した人も居てテントを片付けていた。
とりあえず、ここで一休み・・・・・

前天狗からニペソツ山まで2.5kmで、残雪の十勝連峰が見える。

Img_25km0720

の写真にトイレブース(トイレではない!!)があるが、そこにいくとニペソツ山の証明書の案内をしたものが、しっかりとあった!!
宣伝効果はあるのかな???

Img_0720_4

   後編へと続く・・・・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月23日 (日)

ヌプカの里~白雲山

暑さ、寒さも彼岸までという言葉があるが、お彼岸の少し前にヌプカの里から白雲山へ登ってきました!!

出発が遅かったので、あえて混まないヌプカの里側から白雲山を目指す。
この日は天気が良く暑かったので、ナキウサギの鳴き声は聞けたものの姿は見れなかった・・・・・

花もこの時期は期待出来ないので展望メインで山登り!!
それでも、少しだけ花は見れた。

   エ ゾ ト リ カ ブ ト

Dscf0908

   ミ ソ ガ ワ ソ ウ

Dscf0908_2

   白雲山への標識

Dscf0908_3

  エゾオヤマノリンドウとミツバチ

Dscf

岩石山は前回来たときに登ったので、今回は通過する。
上空は見事に晴れているし、気分的にも早く白雲山に登って展望が見たかった、、、

  白雲山への登りから岩石山が見える

Dscf0908_4

   白雲山への分岐

Dscf0908_5

この分岐を過ぎれば白雲山頂上も近くなる。
天気が良かったせいか頂上はかなり賑わっていた、、、
日高山脈の山々は霞んで見えたが、十勝連峰、東大雪、北大雪そして表大雪の山々まで見えた!!
何度か登っているけど、今回は最高の展望を見た気がした

   白 雲 山 頂 上

Dscf0908_6

  白雲山頂上から雌阿寒岳、雄阿寒岳が見えていた

Dscf09

   白雲山頂上から十勝連峰付近も良く見える

Dscf0

   十 勝 連 峰 を ズ ー ム

Img_0908

  白雲山頂上から北大雪の山々、右側にはクマネシリ連峰が見える

Img_

いつものパターンならウペペサンケ山は良く見えるが、ニペソツ山は頭の部分しか見えないのでなかなかお目にかかれないが、、、今回はニペソツ山どころかずっと先の旭岳まで見えていた・・・・・
ここまでの展望を見たのは多分、初めての事だと思う。
何故なら頂上に居た人達があの山、何だろうね~~~と言っていたくらいだから、素晴らしい晴天だったんだろうなぁ、、、

   白雲山頂上から旭岳~ウペペサンケ山

Dscf0_2

今回、荷物は増えるがカメラは2台でコンデジとデジイチを持っていった。
登っている時はコンデジで、白雲山頂上ではコンデジとデジイチを使用した!!

コンデジはズームが効くのだが、なかなかピントが合わない、、、
デジイチはピントが合うが、標準レンズだと物足りない、、、
世の中、そんなに都合の良い事ばかりあるはずないか、、、
多くのレンズを余裕で持てるだけの体力があればなぁ~~と思った山ちゃりであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月20日 (金)

岩石山 その2

その1からの続きです・・・・・

ゴゼンタチバナやオオタカネイバラが咲いていた場所から先へ進むと、やっと岩石山の頂上が見えてきた。
頂上付近は岩だらけなので何処からも登れそうだ!!

 写真撮影日 2012.07.07  岩石山
            (写真はクリックで拡大します)

   見えてきた岩石山

Img_0707

   チ シ マ フ ウ ロ

Img_0707_2

 チシマフウロを見ていた時、空の雲が流れて隣の白雲山が見えた!!

Img_0707_3

もう、そろそろ岩石山の分岐点があるはずだがと歩いていたら、、、分岐点に到着!!
案内標識には岩石山ではなく名無山と書かれていた、、、

   岩石山への分岐点

Img_0707_4

分岐から上は岩だらけなので何処からも登れるが、岩が大きすぎて登りにくいので、周りを見たら右上に岩が小さめで登りやすいルートがあった!!
分岐点から見たらかなり右寄りだが歩いた後もあるので、このルートを歩く。
花は少ないがイワブクロとタカネニガナなどの花が咲いていた。

   イ ワ ブ ク ロ

Img_0707_5

   タ カ ネ ニ ガ ナ

Img_0707_6

   イワブクロとタカネニガナ

Img_

岩石山を登っていると、隣の白雲山から話し声が聞こえてきた!!
きっと頂上からこちらの方を見ていたかも知れないが、結構大きな声だった、、、

そんな人の声が聞こえる中、、、ナキウサギもあちこちで鳴いていて、姿は見えないが結構いるような感じがした。

雲も時々流れていたが西と東のヌプカウシヌプリは完全には見えず、こんな天気では無理か、、、と諦めがついた。

   東と西のヌプカウシヌプリ

Img_0707_7

出発から1時間30分くらいかかって岩石山頂上へ到着!!
岩石山のルートを早くみつければ、もう少し早かったかな???

   岩石山頂上と後ろの山は白雲山

Img_0707_8

岩石山頂上で一休みしてから白雲山へ行こうと思っていたが、、、この天気にテンションが上がらず、ここでしっかり休んで下山する事にした。
誰もいない岩石山頂上でおにぎりを食べていたら、、、少し離れた所にナキウサギが現れ、岩の上をチョロチョロと動き周って、しばらくの間姿を見せてくれた!!

おにぎりとパンを食べている途中に、、、何とエゾリスが近くまで来た!!
帯広緑ヶ丘公園で見ているエゾリスとは違い、野生を感じさせるエゾリスだった。
当然、こちらの気配を感じたらすぐ居なくなり、写真を撮る余裕がなかった・・・・・

ナキウサギも見たし、エゾリスも見れたのは良いが天気が回復しないので、晴れてほしい気持ちを表現するため「晴れる」という歌詞が入った歌を歌ってみる。
一瞬晴れたような気がしたが、想いは天には届かず、天気は下り坂になっていってしまった、、、

頂上付近にも花があって写真を撮ったが、花名が判らないので今回は載せなかった。
まだまだ判らない花もあり、勉強不足を痛感する。

岩石山下山中にも???の花があったが、葉っぱを見た感じではミネズオウに見えたが実際は何の花かな???

   ミネズオウ???

Img_0707_9

岩石山頂上で歌っていたので、当然、気配に敏感なナキウサギは姿を見せないと思ったが、、、意外な事に、あちこちで鳴き声がした。
その内、少し離れた岩場にナキウサギが姿を見せた!!
カメラは望遠レンズではなかったが、何とか撮影に成功した。

これを前向き?に考えると七夕の日だったので、ナキウサギも空を見たかった???
と、空想の世界が頭に浮かんだが、、、ナキウサギに七夕は関係ないか(^-^;

   岩石山でナキウサギ

Img_0707_10

Img_0707_11

ヌプカの里へ向かう途中、とうとう雨が本降りに降ってきてしまった。
もし無理して白雲山へ行ったら、ずぶ濡れになっていたかも、、、

何とか全身濡れる所までいかずに車へ戻る事が出来た。
ヌプカの里は道路建設が中止になった場所だが、ナキウサギが多く生息する岩石山が保護されて良かったと思った、、、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月19日 (木)

岩石山 その1

7月に入って七夕の日、天気はあまり良くないものの近くの白雲山にでも登ってこようかと出かける。
いつもは然別湖温泉付近の登山口から登るのだが、この日はヌプカの里側から登る事にした。

ヌプカの里に到着すると空はどんよりと曇っていて、今にも雨が降り出しそうな天気・・・・・
雨がひどかったら途中下山もありかな~~という状況で出発した。

 写真撮影日 2012.07.07  ヌプカの里~岩石山
            (写真はクリックで拡大します)

   ヌプカの里 登山道入口

Img_07

歩き始めてから少ないながらも花を見ながら登る。
天気が悪いので展望が期待できない時は花見といきたい所だが、低山なのでそんなに花は無かった、、、

   ダ イ コ ン ソ ウ

Img_0707

   ウ ツ ボ グ サ

Img_0707_2

  オ ク ク ル マ ム グ ラ

Img_0707_3

   ミ ソ ガ ワ ソ ウ

Img_0707_4

それにしても天気が悪い!!
ザックの中にレインウェアは入っているが暑いこの時期にあまり着たくはないので、雨が降らない様に願いながら登った。

自衛隊の演習の音が時々聞こえる中で、時々、笹が揺れたりして鳥なのか鹿なのか判らないが、結構ガサガサと揺れる。
一応、ザックに鈴は付けていたが、ホィッスルも吹いてみるも何も変わらないので安心して歩く。

  ヌプカの里周辺は雨が降り出しそうな天気

Img_0

  ヤ マ ブ キ シ ョ ウ マ

Img_0707_5

途中、案内標識があり、白雲山まで40分となっていた。
小降りの雨が降ってきたので、白雲山まで行けるか不安になる・・・・・

   途中にある案内標識

Img_400707

この先は岩場が多くなり、ナキウサギの生息地らしい景観が続く・・・・・
鳴き声も時々聞こえる様になり、見れるかな~~と思って登っていたら意外と近くにいた!!
カメラは出していたものの望遠レンズではなかったが、何とか撮影できた。

   ナ キ ウ サ ギ

Img_0707_6

Img_0707_7

ナキウサギが見れたので、気分も良くなり岩石山を目指す。
雨も一時上がり、時々、空が見える・・・・・
このまま晴れてくれればと願うが、、、雲の流れは早く、厚い雲は簡単には消えない。
咲いている花も少し変わってきた。

   ゴ ゼ ン タ チ バ ナ

Img_0707_8

海岸ではハマナスが咲く時期、山でもハマナスに似た花があり、同じバラ科である。
過去に東雲湖付近でも見た花だが、ハマナスに比べて花も小さくて綺麗である。

  オ オ タ カ ネ イ バ ラ

Img_0707_9

その2へと続きます・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)