2009年5月25日 (月)

坊主山 展望と花

その2からの続きです・・・・・

夕張岳、十勝連峰、日高の山々を見た後、札幌近郊の山方面を見てみたが、ガスがかかっていて、うっすらとしか見えない状態、、、
その中でも恵庭岳が判るくらいに見えていた!!
今回は写真を編集し、何とか見えるようにした為、色が不自然になりましたが、そこの所はお許し下さいm(_ _)m

写真撮影日 2009.05.16  坊主山の展望と花
         (写真はクリックで拡大します)

   坊主山から道央方面を見る

Img_09

   ホロホロ山~空沼岳

Img_0905

   札幌岳~余市岳

Img_0905_2

   恵庭岳~羊蹄山

Img_0905_4

肉眼では羊蹄山は見えなかったが、望遠レンズで撮影したもので判る程度、、、
それでも360度の展望には満足で30分くらい休憩した!!
帰りは花などをゆっくり見ながら下山する。

   坊主山頂上        ヒトリシズカ

Img_0905_5 Img_0905_6

   コキンバイ

Img_0905_7

   タチツボスミレ

Img_09_2

   ナニワズ

Img_0905_8

   ヒメイチゲ

Img_0905_9

   フイリミヤマスミレ

Img_

   フッキソウ

Img_0905_10

   ミヤマエンレイソウ

Img_0905_11

短時間で登れ、花もそこそこ見れるのは得した気分になる。
帰りは穂別で食事をして、博物館を訪れ、平取町を通り、遠い幌尻岳を眺めながら、帯広へ戻った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

坊主山と展望その2

その1からの続きです・・・・・

夕張岳と十勝連峰を見ながら、山小屋に到着し、少しだけ休む。
ここから頂上まではすぐなので、ゆっくりと登っていく!!
日高山脈の展望も快晴のおかげで、今まで見た事のない展望をゲットする。
まだまだ残雪がある日高の山々を見るのには良い季節である。

写真撮影日 2009.05.16  坊主山
         (写真はクリックで拡大します)

   最初に見えてくる残雪の日高のパノラマ

Img_09_2

北日高はペケレベツが見え、南日高の方は遠くまで見える。
さすがに全ては見えないが、低山の坊主山でここまで見えるのだから、文句は言えない。
近くにいた人達も360度のパノラマを楽しんで、写真を撮っていた。

   ペケレベツ岳とペンケヌーシ岳をズーム

Img_

   幌尻岳~イドンナップ岳までのパノラマ

Img_09_3

   日高の中心部の山々をズーム

Img_0905_7

  カムイエクウチカウシ山(カムエク)周辺をズーム

Img__2

   幌尻岳(2053m)をズーム

Img_0905_8

   南日高の山々

Img_0905_9

上の写真の右側に見えているピセナイ山には、過去に展望を期待して登った山だが、、、天気予報通りにはならず、雲が多くて良く見えなかったのを覚えているが、この日、ピセナイ山に登っていたら見えていたかも知れない・・・・・
でも、坊主山でここまで見えるのだから贅沢を言っちゃいけないかな???

日高の反対側は札幌方面だが、こちらは霞んで見える程度で、ガスが少しかかっていた!!
それでも360度見えているので、凄い展望だと思う。

帰りは穂別の町を通り、そこから平取町に入り、日勝峠へと入るルートを通った!!
途中には幌尻岳に向かう道があり、予約制の山小屋の為、簡単には行けないので、遠くから眺めて来ました(笑)!

平取町からピパイロ岳、1967峰、北戸蔦別岳、戸蔦別岳、幌尻岳をズーム

Img_09

この後も続きます・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月23日 (土)

坊主山と展望その1

5月のこの時期は、標高の高い山には残雪があり、晴れていると離れていても見る事が出来る!!
春ならではの景色でもあり、見晴らしの良い低山を探す。
候補には、まだ登った事のない笹山に行ってみたかったが、、、体調がまだ万全ではないので、気軽に登れる穂別(むかわ町)にある坊主山へ向かう。

坊主山への林道は少し荒れていて、車高の低い車では慎重に運転しなければならず、登山道入口まで遠く感じた!!
登山道入口に着いたら、一台も停まっておらず、貸切か???って思ってたら、すぐ車が登ってきて、挨拶を交わしたら、帯広から来たのかい! ここまで来なくても登れる山がいっぱいあるのにね~~と、言われてしまったが、日高の山は残雪が多いので、こちらに来たんですよ!と、すぐ返し、準備をする。
空は快晴で展望も期待できそうだったので、足は快調?に進む。
はたして結果はどうだったのか???

写真撮影日 2009.05.16  坊主山
        (写真はクリックで拡大します)

   坊主山登山道入口

Img_0905

  稜線から見た山小屋(左)と坊主山頂上

Img_0905_2

山小屋が近づくと左側に夕張岳が見えて来るが、今回は晴れだった為、十勝連峰まで見ることが出来た。

   夕張岳(左)と十勝連峰(右)

Img_0905_3

   夕張岳をズーム(芦別岳の頭部分が見える)

Img_0905_4

   十勝連峰と石狩岳とニペソツ山

Img_09

十勝連峰をズーム(トムラウシ山が見えている)

Img_0905_5

   石狩岳とニペソツ山をズーム

Img_0905_6

この坊主山は何度か登っているが、十勝連峰を見たのは初めてだったので感激する。
夕張岳は近いのでいつも見ているが、今回は芦別岳の頭部分も見えた!!
さて、次は残雪の日高の山々だが、何処まで見えているのかな???

その2へと続きます・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

むかわ町 坊主山

当日、別な予定が入っていたので山登りはあきらめていたが、急きょ予定が中止になったので、すぐ山登りの準備をして遅かったけど出かけました!!(この日は晴れ)

急いで出発したので車を走らせながら何処にしようかな~~と景色を見てると東大雪、十勝連峰はガスがかかっていて見えない!!(金曜日は晴れてました~~(~_~;))
この時点で佐幌岳に行こうか考えていたが展望が期待できそうになかったので、ちょっと遠くなるがむかわ町(旧穂別町)にある坊主山に登る事にした。

この山を初めて登った時、偶然に札幌のこめっとのおっさま夫婦に出会い色々と話をした良い思い出がある山でもある。

   写真撮影日 2006.05.27 坊主山 790.7m

  参考タイム 登り 登山道入口~頂上 
            1時間(休み込み)

         下り 頂上~登山道入口 
            1時間30分(お花見モード)

帯広を出発したのが遅かったので、登山道入口に着いたのが11時前
駐車場には4台止まっていて頂上に行くまでには全員会うかな~~と、思って登りました。
登ってみるとスミレがあちこちに咲いていた!!
花を期待していなかったので帰りはゆっくり見ていこうと頂上へ急いだ。

   登山道入口

Img__217 

                                  途中で山小屋と頂上が見えてくる。

Img__218

山小屋に近くなり視界が開けて見えてきたのは、残雪の夕張岳でした!!
こんなにクッキリ見れたのは初めてで見とれてました~~。

 残雪の夕張岳(クリックで拡大)

Img__219

夕張岳を見ながら登ってると山小屋に到着した。
中から笑い声が聞こえたので、どうやら先に登った人達は山小屋に居るようである??
中を覗くのはやめて頂上を目指す。

                   坊主山の山小屋

Img__220

1時間で頂上に到着、そこに居たのは一組の夫婦で話をすると自分が登山道入口に着いた頃出発したらしい・・・
その夫婦から山名を聞かれ判る範囲は答えたが~~前回来た時はこんなに見えなかったのでこんなに見えるんだと新たな発見もしました。
あと、カムエクは見えるんですかね??って聞かれたが・・・地図を見ると距離があるので見えないかもしれないですね~~と答えてしまったが、カシミールで確認すると天気が良いと見えるという事が判りちょっと反省・・・
確認の為、写真を拡大し良く見ると・・・何と!!!カムエクが写ってました!!
雲がかかっていて判りにくいので編集してカムエクが見えるようにしてみました。
写真はこの後に出てきますよ!!

   坊主山頂上から夕張岳

Img__221

   坊主山頂上から日高の山々

Img__222

   坊主山頂上から日高の山々
    (クリックで拡大)

Img__223

                             

                    山名入り(クリックで拡大)

Img__224

カムエク付近をズーム
見やすいように編集してます。
   (クリックで拡大)

Img__225

            南日高方面、貫気別山(左)、リビラ山(右)
                  (クリックで拡大)

Img__226

                                          

1967峰~日高幌尻岳(2052m)をズーム
     (クリックで拡大)

Img__227

坊主山は展望が360度のパノラマで低山としては素晴らしく、天気が良ければかなり遠くまで見える山です。
道央の山々も見えていたのですが~~標準レンズのカメラでは撮影できず望遠があれば見える感じです。
双眼鏡などがあれば楽しめると思います。

下りは花を観て来ました!!
意外と花が多く新たな発見もあり楽しい下山でした~~
ピンボケも少々ありますが、こんな花が咲いてました!!
花が多いのでサイズ小にしています。(クリックで拡大します)

   ウスバスミレ

Img__228

                                       

                                     オオバナノエンレイソウ

Img__229

                     

                                 

  コキンバイ

Img__230

                   

                       

  センボンヤリ

Img__231

                    

                    

                                     

  チシマネコノメソウ

Img__232

   

                    

                                     

                   ニシキゴロモ

Img__233

                   

                                       

                                        ヒトリシズカ

Img__234

                       

                     

  ヒメイチゲ

Img__235

                                      

                                       

  フイリミヤマスミレ

Img__236

                    

                   

                                      フッキソウ

Img__237

                    

                    

                                      ミヤマエンレイソウ

Img__238

                    

                    

  ミヤマスミレ

Img__239

                             

                                     

                                      

                                     

坊主山は展望が素晴らしいという事で秋に登ったのだが、天気は曇りで日高の山も見えなくて今回はリベンジでした!!
残雪の山々と花のあるこの時期は、両方見れて良いのでお勧めです。

| | コメント (2)