2015年8月 4日 (火)

コンデジ試し撮り 2回目

初めて花を撮影した時の大きさに納得出来なかった山ちゃりは、緑ヶ丘公園で再度、確認してみた!!

 
一番、花に近づけるのは24mmの時で、開放値もF2.8なのでボケも楽しめるはずだが撮ってみてどうだったか?
 
Img_0803
   焦点距離 24mm 絞り値 F2.8 感度 ISO 160
 
大きい花で試してみたが予想以上に綺麗に撮れたので、同じ条件で小さい花にチャレンジしてみる。
 
Img_0803_2
   焦点距離 24mm 絞り値 F2.8 感度 ISO 800
 
小さい花に近づくとオートフォーカスではピントが合いにくいので、手動でピントを合わせるが、、、これ以上近づけず大きく撮れなかった・・・・・
やはり、小さな花はデジイチのマクロレンズの方が圧倒的に撮りやすい。
この辺がコンデジの限界なのかな?
 
Img_0803_3
   焦点距離 24mm 絞り値 F2.8 感度 ISO 160
 
花と同じ条件で「彫刻の径」を撮ってみる。
F2.8だとピントの合う範囲が狭いのでどうなのかな?と思っていたが、普通の写真が撮れていた。
山だと違いが出ると思うが、公園内では違いが良くわからなかった。
 
Img_0803_4
   焦点距離 41mm 絞り値 F5.0 感度 ISO 250 露出補正 -0.7
 
この新しいベンチは先月(7月)に設置されたようで、まだ新しい。
少し来ない内に変わっているので、こまめに訪れると何か発見出来るかも知れない。
 
Img_0803_5
   焦点距離 48mm 絞り値 F4.0 感度 ISO 250 露出補正 -1.0
 
この「百歳の鐘」は昨年の冬に工事をしているのを見かけたが、前は時報付きの鐘だったが、新しい鐘は4つの鐘になった!!
鳴らしてみたい気分だったが、周りに多くの人達がいたので鳴らせなかった。
そんな状況でも平気で鳴らせる人は度胸が良いか根性が座っている人ですね( ̄▽ ̄)
 
次に「マガモ」を撮ってみる!!
望遠側を使い撮ってみるが、かなり良く撮れていると思う。
 
Img_0803_6
   焦点距離 562mm 絞り値 F5.6 感度 ISO 2000
 
Img_0803_7
   焦点距離 600mm 絞り値 F5.6 感度 ISO 1600
 
Img_0803_8
   焦点距離 600mm 絞り値 F5.6 感度 ISO 250
 
残念ながらこの時間帯に小鳥やエゾリスには会わずカラスばっかりだったので、エゾリスは撮れなかった!!
カラスがうるさいので隠れていたか寝ているのか?
 
車に戻るまで花を見つけては撮る。
あまり大きい花はないが、マクロモードで普通に撮れる。
 
Img_0803_9
   焦点距離 91mm 絞り値 F5.0 感度 ISO 200
 
Img_0803_10
 焦点距離 124mm 絞り値 F5.0 感度 ISO 250 露出補正 -0.7
 
自宅に帰ってからどのくらいボケるのか試してみる。
これは山ちゃりがどのくらいボケているかを調べるのではなく、カメラのレンズ性能をみるためのものです。( ̄▽ ̄;)
 
Img_0803_11
   焦点距離 95mm 絞り値 F5.0 感度 ISO 640
 
庭に植えている向日葵の花びらにピントを合わせ、出来るだけ開放側で撮った写真です。
焦点距離 95mmでは開放値の最小値はF5.0であるから、これ以上明るく撮れない。
後ろにボケて見える紫の花はキキョウの花だが適度にボケている。
デジイチと比べると差があるが、1型センサーという事を考えれば十分かも知れない。
 
もう少しでお盆休みになるが、山には行けるのか???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 2日 (日)

コンデジ買い替え

山ちゃりはカメラを2台持っていて、1台はデジイチでサブのもう1台はコンデジを持っていた。

 
コンデジはズームがあるのでたまに使用していたが動作が鈍く使いづらいカメラだったので、ほとんどデジイチと交換レンズを2本持って山に持って出かけていた。
 
そんな所からコンデジはあまり使用していなかったがキャノンから新しいコンデジが発売され、今までと次元が違うコンデジだったので持っているコンデジを下取りしキャノンの新しいコンデジを思いって買い替えた!!
 
そのコンデジは「山と渓谷 8月号」に載っていたので、評価は良いんだろうなと思うが店頭には無かったし、電子ファインダーが別売になっていて5,000台だけ電子ファインダーとセットになっている限定品が欲しかったので予約していたのだが、やっと入荷され手元にきたので試し撮りのため、新嵐山へ行って試し撮りしてみた。
 
 「山と渓谷 8月号」に載ったキャノン Power Shot GX3
Img_g3x0802
 
コンデジなので映像センサーが1型というセンサーでデジイチと比べると小さい。
しかし、望遠側は有利になり24mm-600mmという範囲内で写真が撮れる。
600mmで撮影してみたが、手ブレに気をつければ良い写真が撮れそうだ。
 
操作感はキャノンのデジイチと似ていて使いやすいが、レンズが明るくないのが問題だが感度ISOが12,800という高感度まで使用出来る所が凄いが、実用域は6,400くらいまでにした方が良さそうなので、使い慣れるまでは6,400までにしておこうと思う。
 
レンズの絞り値はF2.8~F11までとなっているが、殆どF5.6で撮影。
感度ISOはAUTOにしているので明るさによって変わる。
シャッタースピードも自動で撮ったがマニュアルにする事も出来る。
露出補正は手動で調整した。
 
Img_0801
   焦点距離 24mm 絞り値 F4.0 感度 ISO200
 
Img_08   焦点距離 358mm 絞り値 F5.6 感度 ISO320
 
   アメンボとオタマジャクシ
Img_
   焦点距離 264mm 絞り値 F5.6 感度 ISO640
 
   オタマジャクシ
Img_0801_2
   焦点距離 600mm 絞り値 F5.6 感度 ISO1000
 
花のマクロ撮影もしてみたが、大きく写すのは難しいようだ。
 
Img_0801_3
   焦点距離 106mm 絞り値 F5.6 感度 ISO160 露出補正 -1.0
 
   コミヤマカタバミ
Img_0801_4
   焦点距離 600mm 絞り値 F5.6 感度 ISO400 露出補正 -0.7
 
Img_0801_5     焦点距離 48mm 絞り値 F5.6 感度 ISO200 露出補正 -0.7
 
Img_0801_6
   焦点距離 272mm 絞り値 F5.6 感度 ISO200 露出補正 -0.7
 
   新嵐山展望台
Img_0801_7    焦点距離 24mm 絞り値 F5.6 感度 ISO125 露出補正 +0.7
 
展望台から眺めていると牛が移動していたので、牛をズームで撮ってみる。
Img_08_2
   焦点距離 600mm 絞り値 F5.6 感度 ISO125 露出補正 -0.7
 
今回、試さなかったのはデジタルズーム2.0倍で1200mmまで撮影可能だが、600mmはかなり使えそうだ。
山で使うのは問題なさそうだが、レンズが明るくないので室内での撮影は難しいかな?
思いきって購入したのだから、山や色々な所で使ってみたいと思います。
デジイチの使用は減りそうだが、花の撮影はデジイチを使うかも???

| | コメント (0) | トラックバック (0)