2014年10月28日 (火)

武佐岳

開陽台からの続きです・・・・・

 写真撮影日 2014.10.20  武佐岳

        (写真はクリックで拡大します)

 
林道を歩くと登山道の案内標識があり、武佐岳へ行くには右に入る。
 
Img_1020_6
 
比較的平坦な道を歩くと武佐岳山荘が見えてくる。
ここが三合目のようで近くに水場がある。
登山道もこの先から上りとなる。
 
Img_1020_7
 
Img_1020_8
 
   五合目まで来ると武佐岳頂上が見えてくる。
 
Img_1020_9
 
   六合目からは周りの山々が見える
 
Img_1020_10
 
   斜里岳も頭が見えてくる
 
Img_1020_11
 
   雄阿寒岳が見えるが雌阿寒岳は霞んでいる
 
Img__2            
   八合目は展望が良く頂上まで後少し
 
Img_1020_12                  
9合目の看板は急登なので無かったが、もう少しで頂上
 
Img_1020_13
 
   武 佐 岳 頂 上
 
Img_1020_14                 
Img_1020_15
 
   武佐岳頂上から国後島
 
Img_1020_16
 
   野付半島は霞んでいるが何となくわかる
 
Img_1020_17
 
展望は360度のパノラマで遠くは国後島、知床連峰、標津山地、西別岳と摩周岳が見えた。
特に斜里岳を横から見るので、南斜里岳と斜里岳が見える。
 
   西別岳~養老牛岳
 
Img_1020        
   標津山地と斜里岳
 
Img_1020_2
 
   斜 里 岳 を ズ ー ム
 
Img_1020_3         
   海別岳~知床連峰
 
Img_1020_4             
   知床連峰をズーム
 
Img_1020_5
 
   武佐岳から国後島
 
Img_1020_6        
   国後島左側をズーム
 
Img_1020_7                   
国後島で一番標高が高い爺爺岳は霞んでいるが、上の方に雪が降ったおかげで場所がわかった!!
 
   国後島右側をズーム
 
Img_1020_8            
これらの展望に文句をつけるとしたら阿寒の山々が見えなかった事だけで、その他は充分見れたので良かった(´∀`)
 
下山後は養老牛温泉に入り、雄阿寒岳と雌阿寒岳の見えるポイントへ移動!!
着いた時は太陽が沈みかけていたが、綺麗な阿寒の山々を撮影出来た。
 
Img_1020_9                           
今回は頑張って武佐岳まで行ったが、他にも標津岳や斜里岳などもあるので、いつかまた行きたいと思うが何年後になるかな???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月27日 (月)

開陽台

10月に入り標高の高い山は雪化粧してしまったので、登れそうな低山を探す。

どうせ登るならまだ未登の山にしようという事で、遠くの武佐岳に決定!!
 
帯広を早朝に出発しても遅いので前日に道の駅摩周に行き、そこで仮眠する。
 
朝、早く目が覚めたので展望の良い開陽台へ向かう。
 
開陽台へ到着した頃には、空が明るくなってきた。
 
   開 陽 台
 
Img_1020
 
   雪化粧した斜里岳が見える
 
Img_1020_2
 
   空が赤く染まり幻想的な風景になる。
 
Img_1029        
 
   これから登る武佐岳と赤い空
 
Img_1020_3
 
   開陽台から西別岳方面
 
Img_10
 
明るくなってきたので武佐岳登山道入口へと向かう!!
長~~いアップダウンの直線道路を走ると標識が見えてくる。
 
Img_1020_4
 
舗装道路から林道に入ると分岐があり、登山道は右側へと入る。
 
Img_1km1020
 
武佐岳登山道入口に近づくと看板がある!!
それを良く見ると・・・・・
 
Img_
 
良く見ると期間はそんなに長くないが始まりが10月20日からと書いてあるので、何と当日からとなる!!
偶然とはいえ珍しい事であるが、とにかく赤線の道を走る事にする。
 
登山道入口は見つかったが車を止めるスペースがなく、先に行くと倒木があり通行止めになっていた!!
退避所がある所まで来た道を戻り、そこから登山道入口まで歩く事になる。
それでも通常の登山道よりは短縮されていると思う。
 
   林道を歩いて登山道へ
 
Img_1020_5
 
この後、武佐岳へと続く・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)