« 2018年11月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月20日 (日)

冬の渡り鳥2019

正月休み中にバードウォッチングに出かけた!!

 
オオワシは見れなかったが、オジロワシは確認できた。
昨年からみて数は少ないと思う。
 
 写真撮影日 2019.01.03(写真はクリックで拡大します)
                         
 千代田堰堤付近から幌尻岳付近をズーム
 
Img_01
 
十勝川に掛かる橋を歩いて野鳥が見られるスポットへ向かう。
橋を渡ってすぐに鳥らしいのが見えたので三脚を出してカメラをセッテイングしていたら・・・・・・何と!!枝に止まっていたのは「オジロワシ」で、かなり距離があったのに、こちらに気がついて遠くに飛んでいってしまった、、、
 
気を取り直して静かに歩いていると枝に止まっている鳥を発見!!
近づくと逃げるので、望遠レンズでも遠い所から撮影し、後で確認したら「オオタカ」という鳥だった!!
山ちゃりにとっては初めて見た鳥であった。
 
   オ オ タ カ
 
Img_0103
 
更に奥へ歩くととても可愛い「シマエナガ」の群れがいた。
この「エナガ」はとても動きの早い鳥で、写真を撮るには難しい鳥だが、三脚にカメラを固定していたのと距離が離れていた事もあったおかげで何枚か撮影出来た
 
   シ マ エ ナ ガ
 
Img_0103_2
 
Img_0103_3
 
この後、しばらく歩くが鳥の気配もなく居ないのかな~と思っていたら、かなり遠くに「オジロワシ」が居るのが見えた!!
もしかして最初に見た「オジロワシ」かどうか判らないが、カメラのピントが合いにくい距離だったので、写真もボケてしまった、、、
 
   オ ジ ロ ワ シ
 
Img_0103_4
 
見れた鳥はこれだけという残念な結果だった・・・
昨年は白鳥や丹頂鶴などもみたが、今年はあきらかに少ない。
 
千代田堰堤にあった千代田堰堤ホテルは解体され、更地になっていた。
今後、この辺は整備されるのかな???
 
最後に日高山脈を眺めて終わり!!
 
Img_0103_5
 
十勝幌尻岳の左に見える尖った山はカムイエクウチカウシ山の隣にあるピラミッド峰のようだが、カムイエクウチカウシ山は残念ながら見えない、、、
 
日高の山々に行く林道も被害を受けた為、日高の山から遠ざかっているが、林道を歩く覚悟があれば行けるのだが時間が取れないので、早く林道が復旧して欲しいと願う山ちゃりであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 1日 (火)

2019 明けましておめでとうございます

2019年 新年明けましておめでとうございます。

昨年は色々とお世話になりました。
今年も宜しくお願い致します。
 
今年の初日の出は大樹町あたりにしようと思っていたが、朝、早く目が覚めてしまって時間に余裕があったので広尾町まで足を伸ばす。
 
サンタランドの駐車場に車を停めて、大丸山展望台に向かって歩き出す。
 
時間はAM6:30を過ぎていたので、頂上に着く前に初日の出が顔を見せた!!
 
Img_2019
 
この写真を撮っている場所の近くには5人ほど集まっていて薪を燃やして暖をとっていた!!
山ちゃりはこの人達に挨拶して話をしていたら、暖をとってから行きなさいと親切な言葉を頂いたので一緒に温まった!!
 
この場所から頂上にある展望台まで遠くはないので、お礼を言ってから展望台へと向かう。
 
展望台に着いた頃には太陽もかなり上がっていたが、日の出写真は撮る事が出来た。
 
Img_2019_2
 
ちょっと残念だったのは日高山脈には雲がかかっていてほとんどの山が見えなかった、、、
そんなわけで山の写真は無し・・・
 
大丸山には雪が多くなく山肌も見えていたし道路も歩きやすかった。
帯広と状況は似ているようだ。
 
Img_2019_3
 
帰りに真っ直ぐ帯広に帰るだけでは無駄になるので、霧氷で有名な更別町に寄ってみた。
 
更別に到着すると日が昇った後なので、そんなに寒くなかったが川の近くの木々は綺麗だった。
 
Img_0101
 
じっと見ていると、風が吹くと雪が舞うので綺麗だなぁ~と思いながらシャッターを切った。
 
Img_0101_2
 
の写真をクリックすると拡大するので雪が舞っているのが見えるはずです、、、
やっぱり、この場所は厳しい寒さでないと霧氷も観れないので1月中~2月までが見頃だと思う。
思ったより雪も少ないので、もう少し雪が欲しいという感じもあるが・・・
正月休みで怠けていると体が動かないので、大丸山を歩いてみたが一周したので良い運動になったと思う。
残りの休みも動かなくては・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年2月 »