« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月26日 (月)

2015 雄阿寒岳

阿寒湖・太郎湖・次郎湖で紅葉を楽しんだら、雄阿寒岳へ登り始める。

先に何人か歩いていたが次郎湖に寄っている間にかなり先に歩いていたようで、追いつく事はなかった、、、
 
 写真撮影日 2015.10.17 雄阿寒岳
            (写真はクリックで拡大します)
              
 雌阿寒岳と同じカウンターが設置されていた
Img_1017                
雄阿寒岳の下側は紅葉が見頃だった!!
紅葉を楽しみながら急登に備えて無理のないペースで登る。
 
Img_1017_2                    
Img_1017_3                 
三合目から五合目まではきつい登りが続くが、五合目からは登り易いコースとなる。
 
   雌阿寒岳が綺麗に見える
Img_1017_4                    
   阿寒湖も見えてくる
Img_1017_5                             
稜線上に出るとなだらかな登山道となり、遠くに頂上が見えてくる。
Img_1017_6           
   頂上をズーム
Img_1017_7             
やっと八合目の気象観測所の跡地に到着!!
頂上も見えているので足取りは軽い(*´∀`)♪
Img_1017_8                      
九合目付近で鳥の鳴き声が近くで聞こえたので振り向いたら、「ルリビタキ」が近くにいたのでズームで撮影していた。
600mmまでズーム出来るG3Xだったので、上手く撮影出来た。
 
   ル リ ビ タ キ
Img_1017_9                      
寄り道をした結果、3時間45分くらいで雄阿寒岳頂上へ到着!!
途中で抜かれた人も頂上にいたが、頂上は賑わっていた。
 
   雄 阿 寒 岳 頂 上
Img_1017_10             
  雄阿寒岳しか見えないパンケトーとペンケトー
Img_1            
   パ ン ケ ト ー
Img_1017_11         
   ペ ン ケ ト ー
Img_1017_12           
   雄阿寒岳頂上から雌阿寒岳
Img_10                        
雄阿寒岳頂上は風が穏やかだったが意外に虫が多く、パンとおにぎりを食べていたが虫にたかられて落ち着いて食べれなかった。(-_-;)
雪が降る前とはいえ虫がこんなに多いとは、、、
 
頂上に誰も居なくなったので下山する。
頂上からヒョウタン沼が見えるが、九合目からのほうが良く見える。
 
   ヒ ョ ウ タ ン 沼
Img_               
下山中、登ってくる人達も多く人気のある山だと思う。
阿寒湖の見える所で休憩し、阿寒湖のチュウルイ島が見えたのでズームで撮影日する。

   阿寒湖のチュウルイ島をズーム
Img_10_2          
途中でシマリスに会う。
シマリスは愛嬌があって可愛いが近くには来なかった。
野生だから当たり前か、、、

Img_1017_13                
下山中、足の指先が痛くなったので、ゆっくり下山してたら後から登って来た人達に抜かれた・・・・・
下山時間も3時間もかかってしまった。
紅葉を楽しめたから、まぁ、いいか、、、(^。^;)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月22日 (木)

2015 阿寒湖周辺の紅葉

会社の仕事の予定が変わり土曜日が休みになったので、雪が降る前に「雄阿寒岳」に登って来た。

少し前に雌阿寒岳7合目まで行ったばかりだが、予想外の休日を無駄にしたくなかったので、阿寒湖へと向かう。
 
 写真撮影日 2015.10.17 阿寒湖・太郎湖・次郎湖
             (写真はクリックで拡大します) 
            
  阿寒湖と紅葉
Img_1017                         
Img_1017_2                    
Img_1017_3                    
阿寒湖の水が太郎湖に流れ込み太郎湖から阿寒川として流れているので、太郎湖は活発な湖に見える。
 
   太 郎 湖
Img_1017_4                            
Img_1017_5            
Img_1017_6                   
太郎湖と次郎湖へ行くには雄阿寒岳登山道と一緒なのだが、次郎湖は登山道から少し離れた所にあるので訪れる人は少なく、流れ出る場所もないので静かな湖である。
 
   次 郎 湖
Img_1017_7                     
Img_1017_8             
紅葉を楽しんだ後は、雄阿寒岳への登りが始まる!!
途中で急登な所があるが、そこを通り過ぎれば比較的歩きやすい登山道が特長である。
 
雄阿寒岳へと続く・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月15日 (木)

2015 オンネトーの紅葉

雌阿寒岳を下山した後、オンネトーの紅葉を見に行く。
暗くなってきていたのでイマイチだったが紅葉が見れた。
オンネトーの湖畔に鹿が居て驚いたが、鹿の逃げ足は早かった・・・・・

写真撮影日 2015.10.03 オンネトー(写真はクリックで拡大します)

   オンネトーから見た雌阿寒岳と阿寒富士

Img_1

   風があったが紅葉は見れた

Img_1003

Img_1003_2

帰る前に景福温泉に入って行こうと思ったら、、、営業していなかった。
ネットで調べたら昨年から営業していないようで繊細は???である。
仕方がないので野中温泉別館に行き、ゆっくり温泉に浸かってから帯広へ帰った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月12日 (月)

2015 雌阿寒岳7合目まで

10月に入り仕事の予定だった3日の日がお休みとなったので、これは山に行くチャンスだと思ったが、、、この日は爆弾低気圧が通過した次の日で、雨は止んだが強風が吹き荒れていた!!

標高が高い程風が強いので日高の山は諦め、紅葉が期待出来る雌阿寒岳か雄阿寒岳に行く予定を立てる。
 
朝、少し寝坊したが阿寒に向かう。
足寄町に入ると雌阿寒岳が見えてきた。
雄阿寒岳登山道入口まで行くと時間的に厳しそうだったので、雌阿寒岳のキャンプ場側の登山道入口を目指す。
キャンプ場に着くと風はあるものの予想ほどでは無かったので、雌阿寒岳を目指す。
登っている人達を確認すると6人以上の人達が登っていたので安心して登りだす。
 
 写真撮影日 2015.10.03 雌阿寒岳7合目まで
            (写真はクリックで拡大します) 
 
 雌阿寒岳登山道入口
Img_1003                 
少し歩くと木道があり登っていくと、昔は無かったカウンターが設置されていた。
Img_1003_2                       
オンネトー付近は紅葉していたが、雌阿寒岳登山道は一部分だけ紅葉していた。
Img_1003_3              
   雌阿寒岳らしい登山道
Img_1003_4
 
5合目で一休み、、、早く登った人達も下山してきてすれ違う。
掲示板を良く読むと、今年の7月28日に雌阿寒岳の火口周辺レベルがレベル2に上がった為、7合目までしか登れないと書かれていた、、、
Img_1003_5                         
5号目を超えると阿寒富士が見えてきたが、心配していた風も吹いていた。 
Img_1003_6
 
オンネトーが見える稜線に出たら、凄い強風が吹き荒れていた!!
強風の為、休んでいる人もいた。
この上は更に強風だと思うが、行ける所まで行く。
 
   雌阿寒岳からオンネトー
Img_1               
阿寒富士は頂上まで行けるが、強風の為、誰も登っていない・・・・・
頑張って7合目まで行ったが、体が持っていかれそうな程の強風だった。
山でこんな強風を体験したのは初めてだった!!
恐るべし、爆弾低気圧、、、
 
   7合目より上は立入禁止
Img_10           
   雌阿寒岳頂上は遠い、、、
Img_71003           
   7合目からの阿寒富士
Img_71003_2                   
雌阿寒岳7合目でビデオ撮影をしました。
強風の為、映像が揺れているのと風の音が凄いので音量は低めにして見て下さい。
 
 
雌阿寒岳はレベル2になっていたので昨年噴火した御嶽山の事が頭によぎった。
7合目から上はハイマツもなくなり火山礫の登山道となるので、逃げ場所が確保出来ないので登山禁止になっている様に思われる。
阿寒富士には登れるようだが、この日は強風の為、早く行った人は登った?かも知れないが、山ちゃりが稜線で見かけた人達は登っていなかった。
雌阿寒岳頂上は過去に登っているので展望の良さは判っているが、早く火山活動が落ち着いてレベルが下がってくれれば良いのを願うしかないかな!!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 4日 (日)

層雲峡で紅葉見物 その2

銀河の滝と流星の滝を見た後は紅葉谷散策路へ向かう。

紅葉谷は秋がお勧めのスポットだし、黒岳が紅葉しているので期待して行ってみる。
 
 写真撮影日 2015.09.26 紅葉谷散策路
            (写真はクリックで拡大します)
 
   紅葉谷散策路入口
Img_0926
   
   ウダイカンバの大木
Img_0926_2
 
紅葉は進んでいるが赤色が少ない・・・・・
少し時期が早かったかな???
Img_0926_3
 
   カツラの木
Img_0926_4
 
上↑の案内板に赤石川の紅葉滝までは700mある。
カツラの木を見れば半分以上来た事になるのでテンションも上がってくる。
赤石川が見えてくる場所で団体様に出会ったので道を譲り、赤石川をゆっくりと眺める。
この赤石川は御鉢平から有毒温泉として流れて川となり、黒岳頂上からも見える川でもある。
 
   赤 石 川
Img_0926_5
 
層雲峡といえば柱上節理だが、コース途中で見る事が出来る。
案内板があるのも層雲峡ならでは、、、
 
Img_0926_6
 
700m歩き紅葉滝へ到着!!
さすがにこの先へは装備がないと行けそうもない程、見事な滝だった。
紅葉は満点では無かったが、紅葉滝が見れたので良かった。
 
   紅 葉 滝
Img_0926_7                             
Img_0926_8
ここは初めてきたが700mくらいしか歩かないので、手軽に歩ける良い場所だった。
元気だったら間違いなく黒岳に登るが、疲れていたらこういうコースも良いかも、、、(^。^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 1日 (木)

層雲峡で紅葉見物 その1

大雪の山々が紅葉したシルバーウィーク中は仕事だったので行けなかったが、相変わらず休みがないので何処にも行けない状態だった!!

しかし、無謀なスケジュールだが夜勤明けの時間なら行く事が可能だったので、層雲峡へ出かける。

仕事帰りに層雲峡へ向かうが少し寝ないと無理なので、途中、道の駅で少し寝る。
眠気が来ない内に三国峠頂上へ着く。
三国峠には多くの車と観光バスが停まっていて賑わっていた。
紅葉は曇り空のせいか?もう少しといった所で、10月初めが良いのかも知れない。

 写真撮影日 2015.09.26 三国峠と層雲峡
            (写真はクリックで拡大します)

 三国峠頂上のレストハウス裏にはシマリスが遊びに来る

Img_0926

   三国峠頂上からの紅葉

Img_0926_2

とても休める状況ではなかったので、トンネルを抜けて三国山へ登る時に車を停める場所で一休みする。
元気があれば三国山に登りたかったが、夜勤明けの寝不足では体力が持たないしテンションも上がらず少し仮眠した。
目が覚めたら車が数台停まっていたので三国山に登った人達もいたようだ。

高原温泉はシャトルバス規制がかかっていたが、銀泉台は車で行く事が出来た。
今回はパスして層雲峡の銀河の滝と流星の滝へ到着!!
駐車場は一杯で観光バスも多かった。

二つの滝は前に見ているけど、上にある双爆台展望台には行った事がなかったので、双爆台へと向かう。

   流 星 の 滝

Img_0926_3

   銀 河 の 滝

Img_0926_4

   双爆台展望台から二つの滝

Img_0926_5

天気が良ければ黒岳も見えるようだが曇っていたので上は全く見えず、、、

   双爆台展望台に行く途中にある展望台

Img_0

二つの滝だけを観るなら中間にある展望台の方が良く見える。
双爆台展望台は黒岳と二つの滝を観る展望台のようだ。

   朝陽山付近の紅葉も後少しで見頃か?

Img_0_2

   その2へ続く・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »