« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月29日 (土)

清里町 神の子池

さくらの滝を見た後は「神の子池」へ向かう!!

「神の子池」に行くのは久しぶりだったが、この時期なら花も見れるかなという事で林道に入るとすれ違う車の多い事、、、
ここは、観光ガイドにも載っている場所なので観光客も多い。

駐車場に着くと、予想通り混雑していた。
混雑がなくなるまで神の子池周辺の花を見て歩く。
池の水深の浅い所にはオショロコマが泳いでいて、結構近くで見る事が出来る。

   神の子池の案内板

Dscf0622
   

   賑わっている池の周辺

Dscf0622_2

   水深の浅い所で泳ぐオショロコマ

Dscf06

花の方に目を向けると、マイヅルソウとズダヤクシュが咲いている。
池の周りにはマイヅルソウが多かった。

   ズ ダ ヤ ク シ ュ

Dscf

   マイヅルソウと神の子池

Dscf0

   神 の 子 池

Dscf0622_3

神の子池を一周しながら花も見る。
少ないながらも神の子池周辺には花は咲いていた!!
花を撮っていたのは山ちゃりだけだったが、、、(^-^;

   エゾノクサイチゴ

Dscf_2


   ツマトリソウ

Dscf_3

   シロバナミヤマスミレ

Dscf06_2

   タチツボスミレ

Dscf0_2

神の子池の後は「裏摩周展望台」へと向かう。
摩周湖はどんな天気かな???

次へ続く・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月27日 (木)

阿寒町~清里町への旅

久々の会社の連休となったが、天気が思わしくないので山登りは諦め阿寒湖まで走る。
それにこの日は別の予定が入っていて山登りは出来なかったが、急きょ予定が変わったので出かけた!!
阿寒湖に着くと空は晴れてきて雄阿寒岳も見えている。

これは無理すれば登れたか???とも思ったが、準備もしていないので少し後悔した、、、
元々の計画は道の駅を周る予定だったので、予定通り道の駅「摩周温泉」へと車を走らせる。

 途中の双岳台付近では雄阿寒岳と雌阿寒岳が見えていた

Dscf_2

道の駅「摩周温泉」は昔小さい道の駅だったがリニューアルされ立派になった!!
更に足湯も作られ入ろうかなと思ったが、観光客で賑わっていたので足湯はパスした、、、

   道の駅「摩周温泉」

Dscf0622
Dscf0

ここからだと美幌峠とさっつるの二箇所の道の駅に行けるが、まだ一度も行った事がない道の駅「パパスランドさっつる」へと向かう!!
みちのえき「パパスランドさっつる」へ到着すると目の前には斜里岳が聳え立っている。
頂上には雲がかかっているが山開きは7月7日のようなので、登っている人は少ないと思うが見た目には登れそうだ・・・・・

  道の駅「パパスランドさっつる」から斜里岳

Dscf0622_2
   道の駅「パパスランドさっつる」

Dscf_3

  入口へ行くとガラスに斜里岳が写っていた。

Dscf0_2

ここは温泉施設もあるためか観光バスが来て入口の扉は開いたり閉まったりして写真を撮るのにちょっと苦労した(゚ー゚;
温泉に入るか考えたが、時間の関係でパスした。
しかし、ここは工事中だったので完成したらもう一度来るかな・・・・

次は緑町へと向かう。
観光スポットとしては「神の子池」「裏摩周展望台」があるが、まずは神の子池まで、、、
運転している時に「さくらの滝」の標識が目に入る。
そういえば清里町の滝はまだ見た事が無かったので「さくらの滝」を観に行く。
行く途中すれ違う車も多いのでどんな滝なんだろうと帰ってから調べたら、サクラマス(ヤマベ)が上る滝だそうで、季節によっては観れるらしいがこの日は見れなかった。

   さくらの滝

Dscf0622_3
Dscf0622_4

この後、「神の子池」へと向かう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 9日 (日)

むかわ町 坊主山

今年初の山登り!!

今年は仕事が忙しく、山に行こうと思っていてもなかなか行けず、6月に入ってやっと時間が取れた。

しっかり運動不足?になってしまったので軽目の山にしようと計画するが、風邪をひいてしまって本調子じゃなかったので、、、手軽に登れるむかわ町(旧穂別町)にある坊主山に向かう。

この季節なら残雪の日高山脈が見れるので展望も期待できるはずという事で、帯広を出発!!

ところが清水はガスっていて視界が無く、日勝峠に入り登っている内に快晴へと変わる。
すると下は見事な雲海だった。

道の駅日高で一休みしてから坊主山へと向かう。

旧穂別町に入り坊主山登山道入口へと向かう。
前に行った時には坊主山の標識があったはずだが???今回行った時は無かった・・・

道を確認し入っていったら、そこが坊主山へいく林道のある道だった!!
林道に入ると道は少し荒れていたので慎重に走る。
登山道入口までは車で行けたが、到着すると誰も来ていなかった、、、

写真撮影日 2013.06.01 むかわ町(旧穂別町) 坊主山
          (写真はクリックで拡大します)

   

   坊主山登山道入口
                
            
Img_0601

念のため、熊すずとホィッスルを持って出発!!
気温は意外とあったので、薄手のシャツを着て登る。
花はスミレの他、何種類か咲いていた。

   ミヤマスミレ

Img_0601_2

   ネコノメソウ

Img_0601_3

   フイリミヤマスミレ

Img_0601_4

   フッキソウ

Img_0601_5

   ヒトリシズカ

Img_0601_6

   ミヤマエンレイソウ

Img_0601

   ヒメイチゲ

Img_0601_2

   コミヤマカタバミ

Img_0601_3

   コキンバイ

Img_0601_4

これらの花を見ながら登っている内に、山小屋坊主と頂上が見えてくる。
空は快晴なので展望も期待できそうだ!!

Img_0601
最初に見えたのは残雪の夕張岳で、穂別からも近いのでクッキリと見えた!!
夕張岳から右側奥には十勝連峰と石狩岳とニペソツ山も見える。
残雪期だから見えるものの、雪が無いとわからないかも知れない。

   十勝連峰と石狩岳とニペソツ山をズーム

Img_06

   更に石狩岳とニペソツ山をズーム

Img_0601_2

坊主山から十勝連峰や東大雪の山は遠いので天気が良くないと見えないが、この日は運よく見ることが出来て良かった。
そして山小屋坊主に到着!!

Img_0601_3

ここで山小屋をちょっと確認!!
鍵は掛かっていないようで、写真のようにドアの前に重い木が置かれていた。
ここは下山時に寄る事にして頂上を目指す。
やがて日高の山並みが見えてくる・・・・・

Img_0601_4

ひと際目につくのは日高の最高峰の幌尻岳(2053m)で、坊主山から見ると圧巻の大きさである。
更に奥にはカムイエクウチカウシ山やイドンナップ岳などもクッキリと見える。
過去の記録では苦労してカムイエクウチカウシ山の写真を撮っていたが、この日の天気なら問題なく写せそうだ。

展望に見とれていたが花も発見した!!
それはハクサンチドリとセンボンヤリで、登っている途中にはなく頂上付近でしか見れなかった。

   ハクサンチドリ

Img_0601_5

   センボンヤリ

Img_0601_6

お気楽な山登りで坊主山頂上へ到着!!
ちょっと風が強いが、キアゲハが飛んでいた。
アポイ岳でもそうだったがキアゲハは高い所が好みなのかな???

   坊 主 山 頂 上

Img_0601_7

頂上からは360度のパノラマだが、、、道央方面はガスっていて遠くの山は見えず・・・・・
本来なら羊蹄山も見えるはずだが全て雲の中、、、
良くみえたのは富良野方面と日高側だったが、展望としては良かった!!

   坊主山から幌尻岳周辺をズーム

Img_0601_8

  坊主山からカムイエクウチカウシ山付近をズーム

Img_0

   キ ア ゲ ハ

Img_0601_9

    ア オ ジ

Img_0601_10

頂上でゆっくり昼飯でも食べようかと思ったけど風が強くなってきたので、無理せず山小屋坊主で食べる事にして頂上には長居せず下山する。

それにしても夕張岳と十勝連峰の眺めは本当に良かった!!
やはり、ここは周りの山が残雪期の方がベストな山かも知れない。
ただ、その時は車がどこまで入れるかわからないので、お気軽登山にはならない。
今年は5月にも雪が降ったので心配だったが、問題なく来れてラッキーだった!!

   夕張岳と十勝連峰

Img_0601_11

山小屋坊主で昼飯を食べる。
そこにはノートがあり、登山者が色々とコメントを書いていた!!
山ちゃりも感謝の気持ちを込めて、コメントを書いてきた。
こんな展望の良い場所に山小屋があるのは嬉しい事であるし、利用する人達もマナーを守って綺麗にして欲しいと思う。

今年は山小屋のある所を登ろうかな( ̄▽ ̄)、、、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »