« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月22日 (水)

赤岳~白雲岳往復 その3

その2からの続きです・・・・・

赤岳頂上で一休みするが、強風は治まらない、、、
これは強風に耐えて、行くしかない!!、、、と、いう事で白雲岳へ向かう!!

   赤岳から白雲岳へ、、、

Dscf0814

の写真で右奥に旭岳が見えているが、残っている雪渓が笑っている顔に見え、旭岳がおいでよ~~と言っているような感じだが、残念ながらそこまで行けないよ、、、ごめん旭岳m(_ _)m

  北海道標高ベスト3がここに集まっているのが凄い

Dscf0814_2

   トムラウシ山と十勝連峰が見えた

Img_08

途中で重要な分岐に出る。
右に行けば北海岳、左に行けば白雲岳避難小屋と忠別岳、そして真っ直ぐ進めば白雲岳へ行く。
今回は白雲岳なので真っ直ぐ進む!!

   分岐からはニペソツ山が見えていた

Img_0814

白雲岳に近づくとナキウサギの鳴き声が聞こえてくる・・・・・
意外と近い所で鳴き声が聞こえたと思ったら、、、

また、登山道にナキウサギが・・・・・

赤岳でも会ったのに、白雲岳の近くで会えるとは、、、
ただ、二回見ることは出来たが、三回目は無かった(^-^;

  左は普通に撮った写真 右側はトリミングした写真

Img_0 Img_0814_2

                                                                          

                                                                        

                                                                      

   右側を振り返れば桂月岳と黒岳が見えた

Img_0814_3

赤岳~白雲岳への稜線は花が少なかったが全く無いわけではなく、目立つ花を写真に収めた。
帰りは花に集中して帰ったが、、、

   リ ン ネ ソ ウ

Img_0814_4

   ミ ヤ マ リ ン ド ウ

Img_0814_5

   チングルマとアオノツガザクラ

Img_0814_6

   白 雲 岳 頂 上

Img_0814_7

白雲岳頂上も結構賑わっていた!!
近くに見える旭岳の頂上には20人以上の人達が見えた。
旭岳はロープウェイを使えば短時間で登れる山だが、この白雲岳は銀泉台から4時間かかった。
でも、第三位の標高でも展望は抜群で、雲が掛かりやすい旭岳より展望が良い気がする。

   白雲岳頂上から旭岳~北鎮岳のパノラマ

Dscf0

   白雲岳頂上からトムラウシ山と十勝連峰

Dscf

   白雲岳頂上から東大雪の山々

Dscf0_2

白雲岳の頂上が賑わってきたので下山を始める。
白雲岳で会った人達は山小屋に泊まって縦走する人ばかりだった!!
羨ましい環境にいる人達が結構居るんだなぁ、、、

  白雲岳付近から北大雪の山々と小泉岳と黒岳が見える

Dscf0

今回の目的の一つに、しばらく見ていないクモイリンドウを探す事だったが、白雲岳避難小屋まで行かなくても小泉岳を歩いていればありそうな気分がしたので、帰りは少ない花に集中しながら歩く・・・・・

小泉岳を歩いている時に予想通りクモイリンドウを発見!!
赤岳のコマクサ平でもクモイリンドウを見つけた。

   ク モ イ リ ン ド ウ

Dscf0814

Dscf0814_2

   エ ゾ ヒ メ ク ワ ガ タ

Dscf0814_3

白雲岳から赤岳までは行きも帰りも1時間くらいで戻る。
赤岳頂上には人も少なく風も強いので、休まずに下山する。

下山中シマリスを何匹か見る。
愛嬌のあるシマリスもいて、写真を撮らせてくれたシマリスもいた。
三回目の動物はナキウサギではなくシマリスだった。

Dscf0814_4

帰りはずっと天気が良くて北大雪と東大雪の山々が良く見えた!!
銀泉台の紅葉は来月という感じだったが、今年は残暑が続いているので、紅葉は予想通りなのかビジターセンターの情報をチェックしておかなくては・・・・・

   赤岳から東大雪の山々

Dscf08

もう少しで8月も終わり、、、
紅葉時期にも大雪山に来たい所だが、何処にするかは???
ただ混雑が凄いんだろうなぁ・・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年8月19日 (日)

赤岳~白雲岳往復 その2

 その1からの続きです・・・・・

奥の平も第一花園や第二花園に負けないくらい花が咲いている。
何処まで花のステージは続くのか・・・・  

   エ ゾ ウ サ ギ ギ ク

Img_0814_5

   エ ゾ ツ ツ ジ

Img_0814_6

   エゾノツガザクラとアオノツガザクラとチングルマ

Img_0814_7

   ナ ガ バ キ タ ア ザ ミ

Img_0814_8

  紅葉したウラシマツツジ

Img_0814_9

ウラシマツツジの紅葉は始まっていたが、銀泉台を観て紅葉は来月かな~~という感じ、、、
でも,この日は蒸し暑かったので山ちゃりは半袖で登っていたが、本州から来た人達はかなりの厚着をしていた!!

  やがてコマクサの多いコマクサ平へ到着

Img_0814

ここで一休みしている人達が居たので、自分も少し休憩する。
するとガスが流れ出し、赤岳の頂上が見え始めた!!
カメラはマクロレンズだったので花は綺麗に撮れるが、風景を撮るとなると望遠となってしまうので広く写せない・・・・・
ザックの中にコンデジが入っていたが、出すと2台になるので赤岳頂上に着いたら出すか、、、という事でそのままマクロレンズで撮影した。
やっぱり可変出来ないのは辛いが花のためなら仕方ないか(^-^;

  コマクサ平からは遠い赤岳頂上

Img_0814_2

   登山道の無い東岳

Img_0814_3

コマクサは咲いているものの、時期が遅いのでなかなか良いコマクサが見つからなかったが、少しだけ見頃のコマクサがあった。

Img_0814_4

この後も花は咲いていて、赤岳頂上まで花はあった!!
素晴らしい花の山だが、花には目もくれずピークハンターだけの人も居る。
まぁ人それぞれ目的が違うので何も言えないが、何人か忘れたけど追い越されていた。(u_u。)

   イ ワ ギ キ ョ ウ

Img_0814_5

   チ シ マ ツ ガ ザ ク ラ

Img_0814_6

   ミ ヤ マ ア キ ノ キ リ ン ソ ウ

Img_

   ミ ヤ マ サ ワ ア ザ ミ

Img_0814_7

   トカチフウロ(白花)とハイオトギリ

Img_0814_8

この辺で周りを見渡すと、北大雪の山々が見えていた!!
ニセイカウシュッペ山、平山、武利岳、今年登った武華山などが見える。
ここで天気予報を信じて良かった、、、と思った!!

   ニセイカウシュッペ、平山方面

Img__2

  武利岳と今年登った武華山

Img_0

   もう少しで赤岳頂上

Img_08

  頂上付近で咲いていたイワブクロ

Img_0814_9

出発から3時間で赤岳頂上へ到着!!
頂上は賑わっていて山頂標識の周りには人が沢山いたので、写真は撮っていなかった。
ここで一休みしてから白雲岳に向かう。

続きはその3で・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤岳~白雲岳往復 その1

お盆休みに入り13日でもでかけようと思ったが、道内は雨で十勝毎日新聞主催の花火大会は14日になってしまうという天気!!
それでも14日は晴れの予報が出ていたので、山登りは14日に決定!!
この日を逃せば山登りに行けなかったので良かった、、、

何処に行くかは前から決めていた赤岳!!
花のピークは過ぎているがクモイリンドウが見れれば良いという事で、13日の夜、帯広を出発!!
銀泉台の駐車場へ到着すると雨が降っていた・・・・・
車の中で寝るが雨の音がうるさいので、AMラジオを聴きながら寝る。
本当はFMが聞きたかったのだが、受信出来なかった、、、

朝、目が覚めて周りを見るが、、、誰も準備をしてないようだ。
その内、何台か来て登山の準備をしていたので、自分も準備をする。
外は小雨がずっと降っていたが、天気を信じて出発する。

 写真撮影日 2012.08.14  赤岳
            (写真はクリックで拡大します)

  新しく建てられた森林管理署の事務所で、記入をして出発!!

Img_0814

小雨が降っているので展望が期待できないから、ザックの中にコンデジを入れて、デジイチにはマクロレンズ60mmを取り付けて持ち歩く。
花を撮るには良いが、建物や風景を撮るには不向きだが、ここは仕方ない所。
なんせ明るいレンズはこれしか持っていないからね、、、

マクロレンズだから多少暗くても大丈夫だと思って花を撮影してみたが、始めに撮ったものは感度が低かったので見事に手ブレしていてNGだった、、、
途中で気がついて感度を上げたので失敗も減ったが、暗いとピンボケが多い。

   赤岳登山道入口

Img_0814_2

登山道にはアキノキリンソウ、ウメバチソウ、キクなどの花が咲いていて始めから花を楽しめる。
小雨が降っていたので赤トンボも動かずにじっとしていた。

Img_0814_3

銀泉台を登り始めると、あちこちからナキウサギの鳴き声が聞こえる!!
前に来た時も鳴き声は聞いたが姿は見なかったので、普通に登っていたら、、、

何と!! 登山道にナキウサギが!!

カメラはマクロレンズだったので、当然、大きく写せない・・・・・
2枚ほど撮った所でナキウサギに気づかれ居なくなった。

左側は普通の写真 右側はトリミングした写真のナキウサギ

Img_0814_5 Img_0814_6 

花のピークを過ぎていても、赤岳には花が多かった!!
第一花園、第二花園と呼ばれる所を通過するが何処を見ても花が咲いている。
写真を全て撮るとキリがないので、お気に入りの花だけ撮影する。

 赤岳で咲いていた花

   ミ ヤ マ ア キ ノ キ リ ン ソ ウ

Img_0

    シ ナ ノ キ ン バ イ

Img_0814_7

   ヨ ツ バ シ オ ガ マ

Img_0814_8

   ハ イ オ ト ギ リ

Img_0814_9

   チ シ マ ヒ ョ ウ タ ン ボ ク

Img_08

  エ ゾ マ ル バ シ モ ツ ケ

Img_0814_10

   タ カ ネ ト ウ ウ チ ソ ウ

Img_0814_11

   ミ ヤ マ サ ワ ア ザ ミ

Img_0814_12

   カ ラ フ ト イ チ ヤ ク ソ ウ

Img_08_2

  ア オ ノ ツ ガ ザ ク ラ

Img_0814_13

   エ ゾ コ ザ ク ラ

Img_0814_14

この後、登山道に雪渓が一箇所だけ残っていた!!
他の雪渓はもう融けたみたいで、残っているのはココだけだった、、、

Img_0

まだまだ花は続く・・・・・
久しぶりの赤岳だが、この時期でもこんなに花が多かったかな???

   メ ア カ ン キ ン バ イ

Img_0814

   ジ ム カ デ

Img_0814_2

   チ ン グ ル マ

Img_0814_3

   奥 の 平

Img_0814_4

まだまだ花は続く・・・・・
さすが花の山で、花のピークに来たら全然前に進まないだろうなぁ、、、

次はコマクサ平を目指す。

続きはその2で・・・・・

   

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 6日 (月)

2012年度戸蔦別林道の状況

最近は山に行く時間がないので山行記録が無いが、HYMLのganさんが戸蔦別林道の状況が知りたいというメールがあったので、自分も少し興味があったので行ってみた!!
残念ながらganさんが来るまでには間に合わなかったが・・・・・

 写真撮影日 2012.07.28  戸蔦別林道
            (写真はクリックで拡大します)

会社の帰りに行ったので午後からとなったが、林道ですれ違う車もあり、意外と釣り人が多いようだ。

  十勝幌尻岳まで10Kmの所が林道入口

Dscf1

最初は道幅が広い林道だが、やがて道幅は狭くなる。
その先、林道の崩壊があったらしく仮の橋が設置されていた!!
完全に直るまでには時間がかかりそうだ。

Dscf0728

やがて左側に「十勝幌尻岳に行くオピリネップ林道」がある。
ここは普通に行けるようだ。

Dscf0728_2

オピリネップ林道を通りすぎると左側に戸蔦別ヒュッテがあり、川を渡ると左側にピリカペタン沢林道があるが、ここはゲートが閉まっていた。
札内岳に行く人はここから入るか次の昭和の沢林道から行く事になる。

   ゲートが閉まったピリカペタン沢林道

Dscf0728_3

昭和の沢林道入口を通ると、林道調査中と書いてあり立ち入り禁止となっていた。
あまり人が入らない林道なのか?もしくは崩壊している場所があるのだろうか???

   昭和の沢林道

Dscf0728_4

 ここから奥に進むと「びれい橋」がある。(帰りに撮影)

Dscf0728_5

以前来た時からもう何年も経っているが、、、その時はエサオマントッタベツ川の所に分岐があり、そこに登山ポストが設置されていた。
山仲間の飲み会で聞いた話しだが、その時、エサオマントッタベツ川までには行けないようだという話を聞いていたが、確認したのは今回が初めてだった。

「びれい橋」を渡って少し進んだ先に車が何台か停っていた。
多分、ここが林道最終地点なのかなと思ったら、そうだった!!
場所は今年完成した第6号砂防ダムの所までで、閉じられたゲートの先で林道が崩落していた。

   車は第6号砂防ダムの所まで、、、

Dscf0728_6

   登山ポストもここに設置されていた。

Dscf0728_7

   2012年に完成した第6号砂防ダム

Dscf60728

ゲートの所からは妙敷山の稜線が見えるのだが、頂上の方は残念ながら見えない、、、
林道を歩いていけば妙敷山と伏美岳が見えるのだが・・・・・

Dscf07

この場所で写真を撮っていて気づいた事だが、蝶々が意外と多い!!
なかなか止まってくれないので写真は撮れなかったが、羽が傷ついて弱っていた珍しい「ミヤマカラスアゲハ」を見る事が出来た。

   羽を負傷したミヤマカラスアゲハ

Dscf0728_8

もう一つ気づいた事はフェンスがあったので第6号砂防ダムに関するものなのかと思ったら、、、何と!!サンショウウオの生息地でフェンスを張って保護していた。

Dscf07_2

サンショウウオは実は観た事がなかったので、本当に居るのか覗いてみると、どうやらそれらしいのが多くいたが、近くで見れないので何とも言えないが、大きなオタマジャクシが泳いでいるといった感じだが、色が黒色のものと白っぽい色のものが居たので、成長するとどういうふうに変わるのか興味があるが、そんなに行く事も出来ないのでネットで調べてみるかな、、、

   カメラをズームして撮影

Dscf

帰りは花でもと思ったが、、、林道付近ではそんなに花は無く、見たのはエゾアジサイ、クルマユリ、オオカメノキなどであった。

   エ ゾ ア ジ サ イ

Dscf12070728

Dscf0728

   ク ル マ ユ リ

Dscf0728_2

帰りも何台かとすれ違う。
釣り人なのかそれとも沢登りなのか判らないが、通る人は多い!!

普段はオピリネップ林道から十勝幌尻岳へ行ってしまうが、林道を走ってみるのも意外な発見があり面白かった。
国土地理院の過去の地図を見れば、林道は更に奥へとつながっているが、実際に歩いてみないと何処まで行けるか判らない。
山登りが出来ない日で時間があれば歩いてみたいが、往復すると山登りと時間は変わらないので気が向いたらチャレンジしてみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »