« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月20日 (金)

岩石山 その2

その1からの続きです・・・・・

ゴゼンタチバナやオオタカネイバラが咲いていた場所から先へ進むと、やっと岩石山の頂上が見えてきた。
頂上付近は岩だらけなので何処からも登れそうだ!!

 写真撮影日 2012.07.07  岩石山
            (写真はクリックで拡大します)

   見えてきた岩石山

Img_0707

   チ シ マ フ ウ ロ

Img_0707_2

 チシマフウロを見ていた時、空の雲が流れて隣の白雲山が見えた!!

Img_0707_3

もう、そろそろ岩石山の分岐点があるはずだがと歩いていたら、、、分岐点に到着!!
案内標識には岩石山ではなく名無山と書かれていた、、、

   岩石山への分岐点

Img_0707_4

分岐から上は岩だらけなので何処からも登れるが、岩が大きすぎて登りにくいので、周りを見たら右上に岩が小さめで登りやすいルートがあった!!
分岐点から見たらかなり右寄りだが歩いた後もあるので、このルートを歩く。
花は少ないがイワブクロとタカネニガナなどの花が咲いていた。

   イ ワ ブ ク ロ

Img_0707_5

   タ カ ネ ニ ガ ナ

Img_0707_6

   イワブクロとタカネニガナ

Img_

岩石山を登っていると、隣の白雲山から話し声が聞こえてきた!!
きっと頂上からこちらの方を見ていたかも知れないが、結構大きな声だった、、、

そんな人の声が聞こえる中、、、ナキウサギもあちこちで鳴いていて、姿は見えないが結構いるような感じがした。

雲も時々流れていたが西と東のヌプカウシヌプリは完全には見えず、こんな天気では無理か、、、と諦めがついた。

   東と西のヌプカウシヌプリ

Img_0707_7

出発から1時間30分くらいかかって岩石山頂上へ到着!!
岩石山のルートを早くみつければ、もう少し早かったかな???

   岩石山頂上と後ろの山は白雲山

Img_0707_8

岩石山頂上で一休みしてから白雲山へ行こうと思っていたが、、、この天気にテンションが上がらず、ここでしっかり休んで下山する事にした。
誰もいない岩石山頂上でおにぎりを食べていたら、、、少し離れた所にナキウサギが現れ、岩の上をチョロチョロと動き周って、しばらくの間姿を見せてくれた!!

おにぎりとパンを食べている途中に、、、何とエゾリスが近くまで来た!!
帯広緑ヶ丘公園で見ているエゾリスとは違い、野生を感じさせるエゾリスだった。
当然、こちらの気配を感じたらすぐ居なくなり、写真を撮る余裕がなかった・・・・・

ナキウサギも見たし、エゾリスも見れたのは良いが天気が回復しないので、晴れてほしい気持ちを表現するため「晴れる」という歌詞が入った歌を歌ってみる。
一瞬晴れたような気がしたが、想いは天には届かず、天気は下り坂になっていってしまった、、、

頂上付近にも花があって写真を撮ったが、花名が判らないので今回は載せなかった。
まだまだ判らない花もあり、勉強不足を痛感する。

岩石山下山中にも???の花があったが、葉っぱを見た感じではミネズオウに見えたが実際は何の花かな???

   ミネズオウ???

Img_0707_9

岩石山頂上で歌っていたので、当然、気配に敏感なナキウサギは姿を見せないと思ったが、、、意外な事に、あちこちで鳴き声がした。
その内、少し離れた岩場にナキウサギが姿を見せた!!
カメラは望遠レンズではなかったが、何とか撮影に成功した。

これを前向き?に考えると七夕の日だったので、ナキウサギも空を見たかった???
と、空想の世界が頭に浮かんだが、、、ナキウサギに七夕は関係ないか(^-^;

   岩石山でナキウサギ

Img_0707_10

Img_0707_11

ヌプカの里へ向かう途中、とうとう雨が本降りに降ってきてしまった。
もし無理して白雲山へ行ったら、ずぶ濡れになっていたかも、、、

何とか全身濡れる所までいかずに車へ戻る事が出来た。
ヌプカの里は道路建設が中止になった場所だが、ナキウサギが多く生息する岩石山が保護されて良かったと思った、、、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月19日 (木)

岩石山 その1

7月に入って七夕の日、天気はあまり良くないものの近くの白雲山にでも登ってこようかと出かける。
いつもは然別湖温泉付近の登山口から登るのだが、この日はヌプカの里側から登る事にした。

ヌプカの里に到着すると空はどんよりと曇っていて、今にも雨が降り出しそうな天気・・・・・
雨がひどかったら途中下山もありかな~~という状況で出発した。

 写真撮影日 2012.07.07  ヌプカの里~岩石山
            (写真はクリックで拡大します)

   ヌプカの里 登山道入口

Img_07

歩き始めてから少ないながらも花を見ながら登る。
天気が悪いので展望が期待できない時は花見といきたい所だが、低山なのでそんなに花は無かった、、、

   ダ イ コ ン ソ ウ

Img_0707

   ウ ツ ボ グ サ

Img_0707_2

  オ ク ク ル マ ム グ ラ

Img_0707_3

   ミ ソ ガ ワ ソ ウ

Img_0707_4

それにしても天気が悪い!!
ザックの中にレインウェアは入っているが暑いこの時期にあまり着たくはないので、雨が降らない様に願いながら登った。

自衛隊の演習の音が時々聞こえる中で、時々、笹が揺れたりして鳥なのか鹿なのか判らないが、結構ガサガサと揺れる。
一応、ザックに鈴は付けていたが、ホィッスルも吹いてみるも何も変わらないので安心して歩く。

  ヌプカの里周辺は雨が降り出しそうな天気

Img_0

  ヤ マ ブ キ シ ョ ウ マ

Img_0707_5

途中、案内標識があり、白雲山まで40分となっていた。
小降りの雨が降ってきたので、白雲山まで行けるか不安になる・・・・・

   途中にある案内標識

Img_400707

この先は岩場が多くなり、ナキウサギの生息地らしい景観が続く・・・・・
鳴き声も時々聞こえる様になり、見れるかな~~と思って登っていたら意外と近くにいた!!
カメラは出していたものの望遠レンズではなかったが、何とか撮影できた。

   ナ キ ウ サ ギ

Img_0707_6

Img_0707_7

ナキウサギが見れたので、気分も良くなり岩石山を目指す。
雨も一時上がり、時々、空が見える・・・・・
このまま晴れてくれればと願うが、、、雲の流れは早く、厚い雲は簡単には消えない。
咲いている花も少し変わってきた。

   ゴ ゼ ン タ チ バ ナ

Img_0707_8

海岸ではハマナスが咲く時期、山でもハマナスに似た花があり、同じバラ科である。
過去に東雲湖付近でも見た花だが、ハマナスに比べて花も小さくて綺麗である。

  オ オ タ カ ネ イ バ ラ

Img_0707_9

その2へと続きます・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月11日 (水)

武華山 花編

武華山で見つけた花です。

登山道は薄暗かったので残念ながらNGとなったものもありますが、ニセイカウシュッペ山や平山と比較すると少ないです・・・・・
さて、どんな花が見れたのかな

 写真撮影日 2012.06.30  武華山の花
            (写真はクリックで拡大します)

違う場所でも失敗したが、どうやら「ズダヤクシュ」を綺麗に撮るにはテクニックが必要なようだ、、、それとも腕が悪いのか???

   イ ソ ツ ツ ジ

Img_0630

   ウ コ ン ウ ツ ギ

Img_0630_2

  エ ゾ ノ リ ュ ウ キ ン カ

Img_0630_3

  オ オ バ ミ ゾ ホ オ ズ キ

Img_0630_4

  オ ク ク ル マ ム グ ラ

Img_0630_5

   カ ラ マ ツ ソ ウ

Img_0630_6

  キ バ ナ シ ャ ク ナ ゲ

Img_0630_7

  キ バ ナ ノ コ マ ノ ツ メ

Img_0630_8

   コ ガ ネ イ チ ゴ

Img_0630_9

     コ ケ モ モ

Img_0630_10

   ゴ ゼ ン タ チ バ ナ

Img_0630_11 Img_0630_12

                                                                  

                                                                  

                                                                  

                                                                    

  チ シ マ ヒ ョ ウ タ ン ボ ク

Img_0 Img_0_2

                                                                     

                                                                      

                                                                    

                                                                    

   ツ マ ト リ ソ ウ

Img_0630

   ナ ガ ハ シ ス ミ レ

Img_0630_2

     ヒ メ イ チ ゲ

Img_0630_3

  ホ ソ バ イ ワ ベ ン ケ イ

Img_06

   マ イ ヅ ル ソ ウ

Img_0630_4

   ミ ツ バ オ ウ レ ン

Img_0630_5

武華山登山道入口から花は咲いていて、「ズダヤクシュ」と「キバナノコマノツメ」という黄色のスミレの群落があり、始めから楽しめる。
分岐で東尾根コースへ入ると「ゴゼンタチバナ」の群落があり、稜線に出るまでは色々な花が少しづつ咲いている感じ、、、
稜線はハイマツが多く、「イソツツジ」や「コケモモ」の群落があった!!
「イソツツジ」は頂上付近にもあり、花が途切れる事がないのは大雪方面にある山の特徴だと思った。

残念なのは標高が1800m以下なので、表大雪の山々やニセイカウシュッペ山とは違う花ばかりだった。
違う季節に行くと違った花が見れるかも知れないが、また行ってみたい山の一つになった。
でも、距離的には表大雪の方が近いので、そこが悩む所だが、、、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月 8日 (日)

武華山 その2

その1からの続きです・・・・・

武華山の稜線上に出るとハイマツの樹海が広がるが、登山道はハイマツの樹海の中を通るので意外と見晴らしが良くない、、、
それでも前ムカ(武利岳への分岐点)へ来ると、視界も開けてくる。

 写真撮影日 2012.06.30  武華山
            (写真はクリックで拡大します)

   前ムカ分岐(武利岳へ行く分岐)

Img_0630

体力に余裕があれば武利岳までの縦走も出来るが、久々の山登りでは体力も落ちているので今回は確認だけして武利岳を眺める。
隣の山とはいえ距離も結構ありそうだが、、、

   前ムカから頂上まで残り1Km

Img_1km0630

   隣の武利岳

Img_0630_2

出発からのんびり歩きで2時間45分かかって武華山頂上へ到着!!
頂上には誰もおらず、頂上へは二人向かってきていた。

   武 華 山 頂 上

Img_0630_3

頂上で一休みしている内に、こちらへ向かってきた二人が到着したが、その二人は少し休んだらすぐ下山していった。
頂上からは360度見渡せるが、気温が高くてガスっているため展望が期待外れ・・・・・
一番期待していた表大雪の山々は全く見えず、ニセイカウシュッペ山や平山も霞んで見える状態、、、
展望を期待出来るのは秋以降なのかな、、、

   武華山から北大雪方面

Img_0

   ニセイカウシュッペ山をズーム

Img_0630_4

頂上で待っていてもガスは変わらないので下山する。
先に行った二人は全く見えず、単独で歩く。

   武利岳と武華山頂上を後にする

Img_0630_5

ここからいきなりアクシデント発生!!
急な下りにブレーキをかけて下山していたら、左足が攣りだす。

足が攣ったので、負担をかけないように、ゆっくり下山する。
ライオン岩の前にも岩場があるが、手前の岩場もライオンに見えそうだが、、、

   奥のライオン岩と手前の岩場

Img_06

この手前の岩場の上に登山道があり、視界は素晴らしい!!
ライオン岩の上に登山道はなく、登れる所を探してライオン岩に登る人も居るようだが、左足が攣っている状態では無理が出来なかった、、、

   ライオン岩をズーム

Img_0630_6

ライオン岩を超えたら下るだけだが、ここでライオン岩コースから来た人に会う。
下りはけっこう急で左足をかばいながら歩いていたら、ついに右足も攣りはじめる・・・・・
両足が攣ったら下山はカメさん状態になり、花の写真を撮る気力もなくなる。

 ライオン岩を少し下った所から見るとライオンっぽく見える???

Img_0630_7

下りは花も少なく、ひたすらカメさんペースで下山する。
ライオン岩分岐コース入口付近の沢で後ろから来た人に追いつかれるが、何とか無事に車まで到着した!!
攣った両足はしばらく治らず、車の中で休みたかったが、、、虫の攻撃が凄くてすぐ退散する。
足が攣るハプニングがあったが気軽に登れるのは良かった!!
自信がついたら武利岳の縦走も考えたい所だが、いつになるかな、、、

この次は花編と続きます・・・・・

       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 7日 (土)

武華山 その1

6月末、学校では運動会が終わったこの時期、久しぶりの山登りへ出かける。
今年は林道の崩壊が多くて登れる山も限られるが、まだ一度も登った事がなかった武華山(武華岳とも呼ばれている)へ向かった!!

2007年発行の夏山ガイド③によれば、国道脇の「つるつる温泉」看板から林道に入る。
と、記載されているが、6月末に行った時は「つるつる温泉」の看板は取り外されていたので、夏山ガイド③を見て行くと林道の入口を間違える可能性があるので、注意が必要です。

 写真撮影日 2012.06.30  武華山
            (写真はクリックで拡大します)

 「つるつる温泉」の看板が外された所が林道入口

Dscf0630

 林道途中に丁字路あり(武華岳と書いてある)

Dscft0630

 武華山登山道入口(表示は武華岳)

Img_0630

   登山道入口付近にある湧き水

Img_0630_2

   始めは沢沿いを歩く

Img_0630_3

沢沿いを歩いていくと分岐があり、「東尾根コース」と「ライオン岩コース」の2コースあるが、どちらを選んでも頂上には行ける。
今回は右側から左側というコースなので、「東尾根コース」へと進む。

Img_0630_4

登山道を歩いていくと花は少し咲いているものの、表大雪ほどの花は無く、花の山ではなく展望の山なのかな~~という印象。
ある程度登ると、左側に帰りに通る稜線が見えてくる。

Img_0630_5

始めに見える展望で霞むユニ石狩岳が見えたが、この後はガスがかかってユニ石狩岳はこの時しか見えなかった、、、

Img_06

更に登り続けると、武華山頂上が見えてきた。

Img_0630_6

ライオン岩の後ろには表大雪の山々が霞んでうっすらと見える程度だったが、稜線に出た時にはガスっていて完全に見えなくなった・・・・・

   ライオン岩の後ろに霞み表大雪の山々

Img_0630_7

   これから向かう武華山頂上とライオン岩

Img_0630_8

 その2へと続く・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 1日 (日)

雨のトイトッキ原生花園

少し前の話になるが、ブログ仲間の「Himagineさん」がトイトッキ原生花園に行った時に、昨年起きた東日本大震災の影響で大量のゴミが海岸に流れ着き、それを見てショックを受けた!!という事を聞いて、こちらも、あの素晴らしい原生花園がダメになってしまったのか???という不安から、落ち着かず自分の目で確認に行った!!

この日は雨が降っていたが、奥の方ではショベルカーが何かの作業をしていた!!
もしかしたらゴミの処分だったかも知れないが・・・・・
海岸の方へ目を向けるとゴミがひとまとめに置いてあったが、かなりの量のゴミがまとめられていた。
周りも見てみたが特に気になるゴミは散乱していなかった。
何日かかったか判らないが、清掃作業している人達に感謝をしないといけないなぁ。
さて、花の咲具合はどうだろうか???

今回は海の近くまで行かなかったが、花は例年と変わりなく咲いているようなのでホッとした。
今まで見た事がない花もあったので、行って損はなかった。

 トイトッキ(豊北原生花園)で観た花々
    (写真はクリックで拡大します。)

   ク ロ ユ リ

Img_0623

   コ ケ モ モ

Img_0623_2

   シ ロ ス ミ レ

Img_0623_3

   センダイハギとヒオウギアヤメ

Img_0623_4

   ツ マ ト リ ソ ウ

Img_0623_5

   ハ マ エ ン ド ウ

Img_0623_6

   ハ マ ハ タ ザ オ

Img_0623_7

   ヒ オ ウ ギ ア ヤ メ

Img_0623_8

   ヒ メ イ ズ イ

Img_0623_9

   マ イ ヅ ル ソ ウ

Img_0623_10

ハマエンドウの花の右下に黄色の花が咲いているが、、、花図鑑で調べても名前がはっきり判らなかったので、とりあえず宿題とさせて下さい。
多分、色々な角度から観ないと判らないかな、、、

トイトッキ原生花園には何故かコケモモとガンコウランの花がある。
高山でも見かける花だけに不思議である。
この後、天気は回復し、いきなり暑い1週間となった!!
もしかしたら花も変わったかも知れないが、山の花も咲いているかな、、、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »