« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月14日 (木)

ちょっと遠くへ、、、

6月に入って最初の休み、、、久しぶりに遠出でもしようかと山登りの準備をして帯広を出発!!

狩勝峠を通り、芦別を通過し、奈井江方面へと車を走らせる。
道の駅ハウスヤルビ奈井江で一休みする。
ここに来るのは初めてなので地図を見ながら場所を確認する。

   道の駅 ハウスヤルビ奈井江

Dscf0602

   道の駅付近から見える樺戸山地の山々

Dscf

一休みしたら今回の目的地の美唄山を目指す。
美唄山に行く付近の道路は工事中で慎重に走る。
美唄山登山道に行く道が通行止になっているので車を降り確認していたら、工事関係者の人が秋まで工事中なので入れませんよ!!とダメ出しされた。
その人からびばい湖の方から、もしかしたら行けるかも知れないですよ!!と言われ、そうですか~~と聞いておく。
行く前に道路情報を確認していなかった自分も悪いのだが、確かびばい湖から行くには難しいはずだが、、、と考えながらもびばい湖へと向かう。

びばい湖の先は通行止になっていて、こちらも復旧作業をしている様子、、、
ここで美唄山は来年以降だなぁと諦め、びばい湖の駐車場で一休み。
びばい湖ではセミが鳴いていて、早くも夏気分???
鳴き声が近いと思って下を見たら、意外と近くに居た。
でも、このセミは短い時間を一生懸命鳴いていたのかな???

   び ば い 湖

Dscf0602_2

   びばい湖にいたセミ

Dscf0602_3

美唄山がだめだったので、この付近で登れそうな山は、、、と思ったが地図もガイドもないので諦める。
十勝連峰はまだ残雪が多いと思ったので今回はパス、、、
落合岳なら登るのにそんなに時間がかからないという事で、落合岳へ行く事にした。

12号線へ入り、走っている時に車に異常が・・・・・
ブレーキ周辺から異音がしていたので安全運転で走る。
芦別に着き、五重の塔や大仏像がある付近に車を停め、ブレーキを見る。
このまま異音が消えなければJAFを呼ぶしかないかな~というのも考えながら少し休む。
この辺からは芦別岳が綺麗に見えた!!

   芦別市の大仏像

Dscf0602_4

   芦別市から芦別岳と付近の山々

Img_0602

   芦別岳をズーム

Dscf06

芦別市から富良野へ向かうが、車のブレーキが危ない状態に・・・・・
ここで落合岳は諦めて、JAFに連絡し来てもらう。
JAFの人と相談した結果、スズキの車に詳しい整備工場があるという事で、JAFの車で整備工場まで運んでもらう。

整備工場で見てもらった結果、ブレーキを交換しないと帰れない、、、という最悪の状態となり、山はおろか帯広に何時にたどり着けるか判らない状態に・・・・・
部品は旭川にあったのだが、整備工場の人に取りに行ってもらってからの作業という事になるので、かなり遅くなるようだ。
それでも待つしかないので、ここは我慢するしかなかった。
外は快晴で山々もそこそこ見えている状況で山に登れないとは、、、

整備工場で代車を借りて富良野付近を見に行く。
遠くに行くとガソリンを入れないといけないので、近場で山が見える所を散策する。

   富良野駅付近から十勝連峰

Dscf

   富良野駅付近からトムラウシ山

Dscf_2

この他には旭岳や芦別岳が見えていたが、良いポイントが見つからなかったので写真はパス。
しかし、北海道の中心に近い富良野から見える山々は素晴らしい!!
ただ十勝連峰の雪渓が例年と比べると少なく、もう登れるのかな~~と思うくらい、雪渓が少なかったのには驚いた!!
今年は雪が少なかったのか???それとも暑いのか???

再び、整備工場に戻り、その周辺を写真に撮る。
そこからは芦別岳が堂々と聳えたっていて、貫禄さえ感じさせる。
遠くを見れば夕張岳も見えているが、こちらの方が雪渓が多い!!
旭岳もまだ雪渓があるが6月末には登山者が集まるんだろうなぁ、、、

   富良野から夕張岳~芦別岳

Dscf105706

   富良野から夕張岳をズーム

Dscf0

   富良野から旭岳方面

Dscf0602

時間があったので、整備工場の人と富良野や車について色々と話しをした。
やっぱり今年は暖かくて、山の雪解けが例年より早いようである。
そして車が直ったのは午後6時を過ぎていた・・・・・

整備工場の人にお礼を言って帯広へ帰る。
帰りは遅くなってしまったが、もし無理をして落合岳に行っていたら、車中泊だったかも知れない・・・・・
車も前日まではブレーキに異常が無かったのに、久しぶりの遠出で壊れたのか???ツキに見放された山ちゃりであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 7日 (木)

南日高を眺めながら・・・

平取町のすずらん群生地を観た後、海岸沿いを通って帯広へ帰る事にした。

845号線から国道237号線へ入る道があるが、国道へは入らず71号線(平取静内線)へ入り、南日高の山並みが見える所を走った。

平取町から新冠町へ入ると南日高の山が見えてきたが、見たい山は残念ながら雲の中・・・・・
本当は裏側から見るカムイエクウチカウシ山(カムエク)が見たかったのだが、この天気では無理だったか、、、

   新冠町からピウ岳とエチナンゲップ山

Dscf0526

71号線(平取静内線)をそのまま走ると、アンテナが建っている笹山が堂々と見えてくる。
この笹山は春に登れば展望が期待出来る山なのだが、実は未登の山なのでいつか登りたい山である。

   新冠町から笹山

Dscf0526_2

71号線(平取静内線)から1025号線(静内浦河線)へ入ると、今度はペラリ山が見えてくる。
この山もまだ未登の山で、この辺は遠い事もあるけど登ってない所も結構あるな~~と思いながら走る。

   新ひだか町静内からペラリ山

Dscf0526_3

1025号線(静内浦河線)は静内町から三石町に入った所では山沿いに入る!!
今回はそのまま1025号線(静内浦河線)を走ろうと思っていたが、そのまま一般道に入り走っている内に気がついたが、その時は後の祭り・・・・・
その内に南日高の山々が見えるポイントがあり、そこで一休みする。
そこは登った事のある横山中岳が見えるポイントで、やっと南日高の山が見れた!!

 三石町から神威岳、ソエマツ岳、ピリカヌプリ、トヨニ岳が見えた

Dscf

   三石町から神威岳とソエマツ岳をズーム

Dscf05_2

   三石町から左側より北横山、横山中岳、南横山

Dscf0526_4

この後、一般道を走ると再び1025号線(静内浦河線)に入り、浦河町へと入る。
三石町とは違った感じで見えるポイントがあり、そこで写真を撮る。

   浦河町からペテガリ岳~神威岳

Dscf05

上の写真でニシュオマナイ岳は地図上には名前の無い山であるが、夏山ガイドに載っていたので多分間違いないと思う、、、
ペテガリ岳と神威岳には登山道があるが、行くまでのアプローチが大変なので、なかなか近づけない山である。

   浦河町から神威岳~ピリカヌプリ

Dscf05_2

この後は天馬街道を走って帰るだけだが、運転で疲れたので天馬街道で一休みする。
仮眠して起きると上空は晴れているが、周りの山は良く見えない。

   天馬街道から野塚岳

Dscf0526

この先、長~~~い野塚トンネルを出たら、大雨が降っていて帯広までずっと雨だった・・・・・
南日高の山々は遠い事もあるが登っていないので、今年は何処かに登るかな、、、

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 4日 (月)

平取町すずらん群生地

5月の後半、会社も連休となったので天気予報を調べた所、土曜日は雨、、、そして日曜日は微妙な天気だが予定が色々とあって出かけるのは無理・・・・・
結局、出かけられるのは雨予報が出ている土曜日しかなかったので、山は諦めて花見を考える。

候補はいくつかあったが、行った事がない平取町のすずらん群生地に行く事にした。
すずらん群生地付近から日高山脈最高峰の幌尻岳へ行く道路があり、天気が良ければ残雪の幌尻岳が見れるかも???という期待を持って帯広を出発した!!

写真撮影日 2012.05.26  平取町すずらん群生地
            (写真はクリックで拡大します)

帯広から日勝峠を通り、日高町へ入る。
日高町から国道237号線に入り平取町へと向かう。
途中「幌尻岳入口」という案内標識のある所を左折し、638号線へと入る。
道幅が狭くなり桂峠を通過すると、すずらん群生地の標識が出てくる。

Dscf6380526

幌尻岳へ行く道は、この標識の少し前から左折し山へ向かっていく。
車を下りて幌尻岳方面を見てみたが日高の山並みは見事に雲の中・・・・・
ここまで来て見れないのは残念だったが、幌尻岳に行く道は確認出来た!!
ただ、山小屋を予約しないと行けないので、行けるのはいつになるやら・・・・・

標識にある通り右折すると、今度はしばらく下りとなる。
やがて道路は845号線へと変わり、道幅が広くなったと思ったら、すずらん群生地に到着した。

Dscf0

上の写真は車の中から撮影したのだが、すずらん群生地に着く前に雨が降り出した!!
とりあえず車を停めて様子をみる事にして、傘とコンデジを持ってすずらん群生地入口へ、、、
入口へ行ってみると5月18日~6月18日すずらん観賞と書かれており、観賞会は6月2日~6月10日となっていて、この記事を書いている今日は、観賞会の開催中である。

入口には鍵がかかっていて、当然だが中には入れない!!
柵の外側にもすずらんがあったので、見ていたが見頃はこれからという感じだった。
やがて一台の車が止まり夫婦が出てきて、入口が閉まっているのを確認してこちらと同じ柵の外側にあるすずらんを見てカメラに撮り、すぐ帰ってしまった・・・・・

雨もやまないので、とりあえず写真でもと思い写真を撮っていたら、、、すずらん群生地の管理人が入口の鍵を開けていたので中に入れるんですか???と聞いたら、お客様が一番ですよ!!と言われた。
そこで先に行った夫婦の話をしたら、そうですか~~そんなに早くから来てたのですかと言っていた。
鍵が開いたので中に入り、すずらんを堪能した。

   入口にあった案内板

Dscf0_2

Dscf0526

花には花言葉があるが、すずらんの花言葉は幸福を運ぶ花という事で、幸福が欲しい山ちゃりはワクワクしながらすずらんを観賞した。
音更町のすずらん公園にもすずらんがあるが規模は小さく、平取町の群生地を見ると規模の凄さを感じる。

   平取町のすずらん

Dscf0526_2

Dscf0526_3

すずらんを観ている内に雨が上がり、これもすずらんの効果なのか???と思える程、天気は回復していった!!

   群生地はこんな感じ

Dscf0526_4

Dscf0526_5

Dscf0526_6

通り道には柵(ロープ)があるのでスズランの群生地は守られているようだ。
他の花も探してみたが見つけたのは「オオアマドコロ」と「ユキザサ」だけだった。

   オオアマドコロとスズラン

Dscf

   ユキザサ

Dscf0526_7

すずらんを観た後は普通に帰っても面白くないので、海岸沿いに出て天馬街道経由で帰る事にした。
続きは後という事で・・・・・(;^ω^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »