« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月26日 (日)

然別湖を歩く

少し前の事ですが凍結している然別湖へ行って来ました!

毎年恒例の然別コタンが始まる直前、人混みを避けたかったので、その時期を選んだ!!
当然、コタンの雪像造りは作業中で、皆さん忙しそうに作業していた。

スノーシューをザックに縛り付けて作業現場付近を歩いていたら現場監督みたいな人に、、、東雲湖へ行くんですか???と聞かれたので、東雲湖へ行ってその後、弁天島へ行く予定なんですよと答えると、今、湖の上は足跡が無い状態なので正確に東雲湖の方へ行って下さい!!
弁天島へは湖の端を通って、変な踏み跡を付けない様にお願いします、、、と念をおされたので、なるべく正確に天望山へと向かった。

   白雲山とスノーモービル

Dscf0

出発したのは午後からだったので、東雲湖だけ行くのか?それとも弁天島に行くのか悩みながら天望山横にある東雲湖への入口へと向かう。
途中で後ろを振り返るとホテルと南ペトウトル山が見えた!!

Dscf0_2

更に進むとウペペサンケ山が良く見えるポイントがある。
そこで立ち止まり、ウペペサンケ山を眺める。

Dscf0_3

再び東雲湖へ向かって歩き出すと、、、湖上を歩くキタキツネを発見!!
写真を撮りたい所だが、距離がありすぎて、まともには撮れない、、、
少しづつ近づいてみるが、キタキツネもこちらを見ながら距離を離して行く。
それも東雲湖へ向かっていたので、こちらもやむを得ず追いかける形となる。

やっと東雲湖の入口が見えたのだが、キタキツネもそこに行きこちらを見ている。
日も傾き始め、東雲湖方面には日があたっていない、、、
キツネに騙されたわけではないが、東雲湖の方へ向かったキタキツネが気になったので、東雲湖には行かず弁天島に行く事にした。

   東雲湖への入口

Dscf0121

ここから湖の端の方を通って弁天島へと向かうと、あちこちにキタキツネの足跡があり、湖の上をよく歩いているのがわかる。

Dscf0121_2

湖の端は意外と雪が多く、スノーシューを履いて歩いていたが、けっこう沈みながら歩く。
キタキツネなら軽いが、山ちゃりは軽くはないので、、、どうしても沈みながら進んで行く。
ナイタイ山の裾部分を歩いていくのだが、誰かが付けたピンクテープがあり、多分、そこからナイタイ山に登ったのかは???だが、二箇所でピンクテープの印があった。
時間があったとしても多分ナイタイ山には登らないだろうなぁ・・・・・

弁天島に向かっていくと遠くに西ヌプカウシヌプリが見えてきた。

Dscf_2

湖畔沿いに歩くと意外と距離があるので弁天島になかなか近づかない、、、
でも再びウペペサンケ山や北ペトウトル山、遠望山などが見えれば弁天島は近い。

Dscf_3

弁天島が見えてきたので、ルートを湖畔沿いから弁天島に向かって歩く。
周りにはキタキツネの足跡があったのでトレース替わりとして足跡に沿って歩く。

ところが途中でハプニングが起きる!!
歩いた箇所でミシミシと氷の割れる音が聞こえ、水が浮かび上がってきた、、、
これは危ないと判断し、氷の安定した場所まで戻りルート変更する。
この季節なら大丈夫だろうと思ったが、凍っていない場所があるとはね、、、

ルートを変えながら無事に弁天島へ到着する。
風はそんなに強くないが気温はかなり低いので顔が痛い(+。+)、、、

   弁天島と遠くにウペペサンケ山

Dscf0457

弁天島に上陸し、ここまで無事にこれた事と帰りが無事で帰れるように祈願して、弁天島を一周する。

   正面からの弁天島

Dscf0121_3

   弁天島から天望山(左)と白雲山(右)

Dscf_4

弁天島にくるまで約2時間かかったので帰りも2時間かかると計算すると、コタン会場に着く頃には日没になってしまうので、ここは冬通行止になっている湖畔沿いの道路を歩くルートに切り替える。
道路沿いなら二時間もかからないし、暗くなっても大丈夫なので、弁天島から道路へと向かう。

   弁天島を離れナイタイ山を見る。

Dscf_5

帰りは道路を歩いたので1時間で車の所まで戻った。
時間があれば来た道をそのまま戻りたかったが日没となるとアウトなので、この判断は結果オーライだった!!
そもそも午後からの出発が間違っているか、、、

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日)

第49回帯広氷まつり 後編

前編からの続きです・・・・・

雪像や氷の像を見た後はメイン会場へ、、、
例年なら2体の巨大雪像があり今年も2体には変わらないが、両方にすべり台があり、今年はすべり台が特に目立った・・・・・

自衛隊の作品は幸福駅とすべり台のコラボした雪像で、小さな子供たちは喜んでいた!!

   幸 福 駅 と す べ り 台

Img_0129

Img_0129_2

もう一つはすべり台と迷路とちょっとしたアトラクションがあり、どちらも小さい子供が楽しめる感じのものだった!!
今後はこういうパターンになっていくのか?そこは???である。

   ピピッとスノーアドベンチャー

Img_

隣にあるステージではNHKで放送されているアニメ「忍たま乱太郎」の実写版ステージが公演されていて、話のストーリーの中に地デジの話が出てくる所がNHKと思わせる所だが、、、一応、アニメ通り?のストーリーになっていたと思われる、、、

   忍 た ま 乱 太 郎 の ス テ ー ジ

Dscf0129

Dscf0129_2

最後にグリーンパークでも開催されていたものがあるので、グリーンパークへ移動!!
そこでは遠くで雪合戦と、近くではスノーモービルでエアーボートを引っ張って走るアトラクションやお客さんを乗せたソリを引っ張るばん馬ミルキー号がグリーンパーク内で行われていた。

 スノーモービルとエアーボードと遠くには雪合戦の準備をしていた。

Dscf0

   ばん馬ミルキー号が引っ張る巨大なソリ

Dscf0129_3

Dscf0129_4

昼間に氷まつりを見たのは数年ぶりなので昔はどうだったが覚えてないが、昼間は子供たちが楽しめ、夜にはライトアップされた静かな氷まつりという二面の顔があるように見えた!!

来年は静かなライトアップかな、、、

   入口付近にあったばん馬の氷像

Img_0129_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »