« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月19日 (月)

表大雪の花編④

花編の続きです・・・・・

写真撮影日 2010.07.11 黒岳~北鎮岳に咲いていた花
           (写真はクリックで拡大します)

   エ ゾ ヒ メ ク ワ ガ タ

Img_0711

   ジ ム カ デ

Img_0711_2

   ヒメイワタデとエゾツツジ

Img_

   ミ ヤ マ キ ン バ イ

Img_0711_3

   ミ ヤ マ キ ン ポ ウ ゲ

Img_0711_4

   ミ ヤ マ タ ネ ツ ケ バ ナ

Img_0711_5

   ミ ヤ マ リ ン ド ウ

Img_0711_6

   メ ア カ ン キ ン バ イ

Img_0711_7

   ヨ ツ バ シ オ ガ マ

Img_0711_8

おまけ!! 黒岳ペアリフト終点付近で咲いていた花

   ウ ル ッ プ ソ ウ

Img_0711_9

   エ ゾ ル リ ソ ウ

Img_0711_10

黒岳~北鎮岳に向かう途中に見たギンザンマシコの雌

Img_0711_11

ペアリフト終点付近で、ウルップソウとエゾルリソウが見れたのはラッキーだった!!
小泉岳にはホソバウルップソウが咲くのだが、花はもう終わっているという情報があったので、ウルップソウが見れて良かった。
エゾルリソウは富良野岳に咲く花で有名だが、黒岳で見れるとは思わなかったので、嬉しかった。

チシマノキンバイソウに似ているミヤマキンポウゲ
花は似ているが、花の大きさが違うので、一応、見分ける事はできる。
ミヤマタネツケバナはあまり見た事がなく、調べるまで判らなかった花だが、良くみると特徴のある花である。

花編①から花編④までありましたが、名前が判った花はこれで全部です。
しかし、???な花もあるのと、写真が撮れなかった花もあるので、いかに大雪山は花が多いかというのが実感できた。

後、余談だが、、、黒岳石室で花の本を出している「梅沢 俊」ウメシュンのお兄さんに会った!!
梅沢 俊さんはいなかったが、お兄さんも色々と山を登られているようだ。

来月も表大雪に行くのだが、今度は花ではなく、展望がゲットできれば良いな!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

表大雪の花編③

花編の続きです・・・・・

写真撮影日 2010.07.11  黒岳~北鎮岳に咲いていた花
           (写真はクリックで拡大します)

   チ シ マ キ ン レ イ カ

Img_0711

   チ シ マ ツ ガ ザ ク ラ

Img_0711_2

   チ シ マ ノ キ ン バ イ ソ ウ

Img_0

Img_07

   チ シ マ ヒ ョ ウ タ ン ボ ク

Img_0_2

Img_

   チ ン グ ル マ

Img_0711_3

   ト カ チ フ ウ ロ

Img_0711_4

   ハ ク サ ン チ ド リ

Img_0711_5

   ホ ソ バ イ ワ ベ ン ケ イ

Img_0711_6

   ミ ツ バ オ ウ レ ン

Img_0711_7

   ミ ネ ズ オ ウ

Img_0711_8

チシマノキンバイソウは黒岳には群落があり、ウコンウツギと一緒に咲いていた。
他は見た事のある花だが、ホソバイワベンケイは初めて見たような気がする???
ハクサンチドリは花編①にも載っていたが、、、ウズラバハクサンチドリの違いは、葉っぱで見ると判る!!
ウズラバハクサンチドリは葉にウズラ模様がたくさんあり、普通のハクサンチドリには模様が無い!!
ミネズオウもあまり見た事がない花で、小さくて可愛い花である。

さて、ここで花編が終わりか???と、思っている人がいるかも知れないが、しつこく、まだ続きます(^-^;
それだけ、花が多かった。

花編④に続きます・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

表大雪の花編②

前回から始まった花編 今回は花編②です。

写真撮影日 2010.07.11  黒岳~北鎮岳に咲いていた花
            (写真はクリックで拡大します)

   エ ゾ ノ マ ル バ シ モ ツ ケ

Img_07

   キ バ ナ シ ャ ク ナ ゲ

Img_0711

Img_0711_2

   キ バ ナ ノ コ マ ノ ツ メ

Img_0711_3

   ク モ マ ユ キ ノ シ タ

Img_0711_4

   コ ケ モ モ

Img_0711_5

   コ マ ク サ

Img_0711_6

   シ ョ ウ ジ ョ ウ バ カ マ

Img_0711_7

   ジ ン ヨ ウ キ ス ミ レ

Img_0711_8

   ソ ウ ウ ン ナ ズ ナ

Img_0711_9

   チ シ マ ギ キ ョ ウ

Img_0711_10

キバナシャクナゲは色が黄色のものや赤色のものがあったので、両方載せました。
黄色のスミレは2種類乗っていますが、良く見ると葉っぱが全然違うので比べて見て下さいね。
コケモモは豊頃のトイトッキ原生花園にもある花で、大雪山では標高の高い稜線上に咲いていた。
この花が何故、トイトッキ原生花園に咲いているのか?不思議だ!!
ショウジョウバカマは雪が融けるとすぐ咲く花ですが、黒岳の登山道には残雪があったので見れた。
そしてソウウンナズナ(キタダケナズナ)ですが、モイワナズナの近似種で、層雲峡に咲く事からソウウンナズナと呼ばれているようです。

さて、花編ですが、まだ続きますよ・・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

表大雪の花編①

この前の黒岳~北鎮岳までに花をたくさん見ましたが、種類が多すぎるので、数回に分けてアップします。

写真はクリックで拡大します。

表大雪の花 No.1

   イ ソ ツ ツ ジ

Img_0711

   イ ワ ヒ ゲ

Img_0711_2

   イ ワ ブ ク ロ

Img_0711

   ウ コ ン ウ ツ ギ

Img_0711_2

   エ ゾ イ ワ ツ メ ク サ

Img_0711_3

   エ ゾ コ ザ ク ラ

Img_0711_4

   エ ゾ ツ ツ ジ

Img_0711_5

   エ ゾ ノ ツ ガ ザ ク ラ

Img_0711_6

Img_0711_7

   エ ゾ ノ ハ ク サ ン イ チ ゲ

Img_0

Img_0_2

   ウ ズ ラ バ ハ ク サ ン チ ド リ

Img_0_3

この中で黒岳頂上まで見れた花はイワヒゲ、ウコンウツギ、エゾノハクサンイチゲ,ウズラバハクサンチドリだけで、残りは黒岳から先に行かないと、見れない花が多かった!!

まだまだ、綺麗な花が続きますよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月14日 (水)

黒岳~北鎮岳往復

先週末は10日(土)の早朝から表大雪の山に行く予定だったが、10日は雨のため中止!!
次の11日には午前中天気が良くなるという予報!!
11日の早朝に帯広を出発して、黒岳に登り、そこから何処に行くか考えていた。

そして11日、予定通り起きたのだが、、、寝ている部屋が暑すぎて3時間も寝れなかった・・・・・
眠いながらも帯広を出発!!
5時過ぎには層雲峡へ到着!!
車の中で朝食を食べ、登山の準備をする。

黒岳ロープウェイは始発から混雑!!
ツアー客が多くて、一台、100人まで乗れるのだが、あっという間に満車!!
次ので行けばいいやと思って並んだら、2番目もあっという間に100人!!
え~~朝からこんなに人が居るの?と、ちょっとウンザリ、、、
そして乗れたのは3番目のロープウェイだった。

5合目に到着し、ペアリフト乗り場に行こうとしたその時、目眩と吐き気がした!!
何と、ちょっとしかロープウェイに乗っていないのに、完全に乗り物酔いをした様で、しばらく具合が悪く、5合目でしばらく休んでいた。

気分が少し良くなってきたので、ペアリフト乗り場へ向かう。
ペアリフトは待ち時間もなく、すぐ乗れた。
7合目に到着すると、一部の人は花を観ていて、結構、賑わっていた。

乗り物酔いだが、まだ残っている状態・・・・・
調子が悪いけど、頑張って黒岳に登り始める。
この日は団体さんが登っていたので、スローペースで登り始める。
スローペースで登っているのだが、調子が悪いので時々休む、、、
結局、黒岳頂上まで2時間30分もかかってしまった・・・・・

写真撮影日 2010.07.11  黒岳~北鎮岳
           (写真はクリックで拡大します)

   ガスのペアリフト乗り場

Img_0711

   7合目ではシマリスが出迎えてくれた

Img_0

登っていると時々晴れるが、すぐガスってきて視界不良となる。
こんな天気の時は花が楽しみなので、花を見ながら登る。
黒岳には群落が多く、見事なお花畑!!
9合目を過ぎるとマネキ岩が見えてくるが、その付近はウコンウツギの群生地だった。

Img_0_2

そして、いつもより遠く感じた黒岳頂上に到着!!
周りはガスっていて展望は利かないが、一瞬、ガスが流れて表大雪の山が見えると感動する。

   黒 岳 頂 上

Img_0711_2

ここで一休みして、黒岳石室に向かう!!
黒岳頂上からは、登りの時見た花とは違う花が咲いていて、写真を撮りながらのんびり歩く。

   黒岳頂上から下りてくると、黒岳石室が見える

Img_0711_3

黒岳石室で確認したい事があったので、黒岳石室付近から注意して周りを見ていたら、、、
芽室岳以来、会っていないユピーさんが、判りやすい所に立っていて、登山者と話をしていた!!

久しぶりなので、こちらから挨拶するが、ユピーさんも最初は判らず、話をしている内に思い出したようで、楽しい話が出来た。

   黒岳石室で仕事をされているユピーさん

Img_07

   久しぶりの対面

Img_07_2

ユピーさんから、これからどの山に行くんですか?
ここからなら、北鎮岳なんか良いですよ!!
ユピーさんから北鎮岳を勧められたので、調子は相変わらず良くなかったが、北鎮岳を目指す。

   まず、お鉢平を目指す

Img_0711

黒岳石室から雲の平と歩くと、お鉢平が近くなってくる。

Img_0711_2

   お鉢平展望台

Img_0711_3

お鉢平展望台から来た方向を振り返ると、凌雲岳、桂月岳、黒岳が見えた。

Img_0711_4

お鉢平から見た北鎮岳には雲が流れていた!!
展望は無理かな~~と思いながらも、北鎮岳に向かう。

   お鉢平から見た北鎮岳

Img_0711_5

上の写真にもある急な雪渓が登山道に残っている。
慎重に歩けば問題ないようなので、先を歩く人達を見ながら、雪渓に近づく。

Img_0711_6

雪渓は登りでは怖くないが、下りだと怖さが増した雪渓だった!!
雪渓を越えると分岐点があり、ここからお鉢平一周コースもある。

Img_0711_7

ここから北鎮岳頂上を目指す!!
傾斜はかなり急で、簡単には頂上へは着けない!!
時間はかかったが北鎮岳(2244m)へ到着!!

Img_071

北鎮岳は旭岳の次に高い山で、2番目である。
3番目は白雲岳なので、一位~三位までは表大雪にある。
だから訪れる人も多いのだが、花の多さも表大雪が凄い!!

北鎮岳から愛別岳方面を見るが、ガスの中・・・・・
見えたのは霞む鋸岳、、、

Img_0711_8

お鉢平を見ると、雲が流れて時々白雲岳が見えるが、完全な姿は見れなかった・・・・・

Img_0711_9

北鎮岳を下山すると小雨が降ってきた・・・・・
ずぶぬれになる雨ではないが、ちょっと急いで黒岳石室へと向かう。

黒岳石室に着くと、ユピーさんは売店にいて、泊まる登山者と話をしていた!!
ユピーさんが落ち着いた所で、話をする。
しかし、下山しないといけないので、ユピーさんに今度一緒にチャッピー隊のメンバーが来るので宜しく!!と、伝言をしてきた。

帰りはずっと小雨・・・・・
カメラも濡れると故障するので、花の写真も撮れず、目に焼き付けてきた!!
黒岳頂上も見事に真っ白であった、、、

Img_0711_10

下りも調子は良くなく、普通の時間で下山したが、体調不良の原因は寝不足にあったのでは???と思った!!
どう考えても3時間も寝ていなかったので、無謀だったのか???
帰りは大雪湖付近で仮眠し、それから帰帯した。

次回は大雪山の花編です・・・・・

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

花とナキウサギ

  会社が珍しく金曜日に休みが取れたので、近場の然別湖に行く。
せっかくの休みでも、家の用事があるため、時間は限られていた・・・・・
白雲山に登れるくらいの時間はあったが、登山道具を用意していなかったので、ナキウサギ見学に切り替える。

ナキウサギが見れるという某場所の入口に行くと、車が一台も無い!!
これは、期待大かな?、、、と、某場所へ花を撮影しながら歩く。

金曜日でも車通りは意外と少なく、某場所は静かであった。
しかし、居る気配が全く感じられず、鳴き声も聞こえない・・・・・
2時間近く待っても、鳴き声は近くでは聞こえず、遠くで少しだけ聞こえた。
さすがに、これだけ待っても居ないのだから、今日はダメだな、、、と車の方へ戻る。

途中でナキウサギの居そうな所を良く見るが、やっぱり居ない・・・・・
このまま車に戻ろうかなぁ~~と考えていると、もしかして違う所にいるかも知れないと、車には戻らず、その周辺を探していた。

するとある場所で何か動くものが・・・・・、静かに見るとそれは「ナキウサギ」だった。
そのナキウサギは、こちらに気がついていないのか? 岩場でじっとしていた。
写真を撮ると、シャッター音に気がついたのか動き出す、、、
でも、すぐ巣穴には入らず、食事をしている。
こんなにも愛嬌のあるナキウサギは初めてであった!!

食事が終わると、すぐ巣穴に戻ってしまった・・・・・
少し待つが出てこないので、一度、その場から離れ車へ戻る。
荷物の片付けをして、先ほどナキウサギがいた場所に行ってみると・・・・・

また同じ場所にナキウサギがいた、、、
様子をみてると、まだ食事中のようで、草や葉っぱを食べている。
今度は先ほどとは違い、のんびりしている。
ビデオがあれば撮影出来たのに、肝心なビデオがなく残念、、、
思っていたより写真が撮れたので、このナキウサギに会えて良かった。

前置きが長くなりましたが、ここからは写真です。

写真撮影日 2010.07.09  花とナキウサギ
            (写真はクリックで拡大します)

   ゴ ゼ ン タ チ バ ナ

Img_0709 Img_0709_2

   ズ ダ ヤ ク シ ュ

Img_0709_3

   マ イ ヅ ル ソ ウ

Img_0709_4

   リ ン ネ ソ ウ

Img_0709_5

   ナ キ ウ サ ギ

Img_0709_6Img_0709_7 Img_0709_8 Img_0709_9

                                                                                                   

                                                                          

                                                                           

                                                                       

                                                                         

                                                                              

                                                                          

                                                                                                                                                    

Img_0709_14 Img_0709_15 Img_0709_17 Img_0709_16

                                                

                                               

                                                 

ナキウサギは非常に敏感な生き物で、車のエンジン音がすると、警戒しているのが判った。
ただ、至近距離にいるのに、山ちゃりを恐れないのか? 見えていないのか?は定かではないが、ナキウサギくん ありがとう!!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

豊北原生花園(トイトッキ浜) 

7月になると海岸沿いの原生花園では、ハマナスが咲き、花も見頃となる。
天気もあまり良くなかったので、豊北原生花園に行ってみました。

写真撮影日 2010.07.03  豊北原生花園
           (写真はクリックで拡大します)

現地に着くと、雨がかなり降っていたので、雨が止むまで車の中で休む。
ちょっと仮眠したが、目が覚めたら雨が止んでいた!!
花目的だったので、カメラにはマクロレンズをつけた。
久々に花のアップを撮ったりして遊んだ。
レンズに手ぶれ機構はないので、手がぶれると写真はボツ・・・・・
失敗しないように撮ってみたが、、、かなり失敗した(^-^;

何と次の日だったが、山仲間のMemuro512さんも来ていたようで、早くもアップされている。
ただ、花の名前が一致しないものもあったので、一部、訂正しました。
ネットでも確認したので、合っていると思うが、、、

豊北原生花園に咲いていた花

   エ ゾ チ ド リ

Img_0703 Img_0703_2

   エ ゾ フ ウ ロ

Img_0703_3 Img_0703_4

   コ ケ モ モ

Img_0703_5

   セ ン ダ イ ハ ギ

Img_0703_6

   ハ マ エ ン ド ウ

Img_0703_7

   ハ マ ナ ス

Img_0703_8

   ヒ オ ウ ギ ア ヤ メ

Img_0703_9 Img_0703_10

写真を撮っていたその時、カメラマニアみたいな人がこちらに来て、ニコンのデジカメの色調整をするにはどうすれば良いんでしょうか?、、、と、高度な質問!!
山ちゃりはキャノンだが、基本は同じなので、その人にはカメラにR・G・Bを細かく設定できる機能があるので、色が気に入らない場合は、そこを少しづつ調整するしかないですねとアドバイスした。
メーカーによって色の違いもあるので、ニコンは黄色が強く出るのかな?と思った。
自分もたまにホワイトバランスなんかいじるけど、写真はやっぱり芸術ですね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

晴天のクマネシリ

オロフレ山の記事があったので、少し前の話になりますが、ONちゃんとリップさんと藻琴山に登り、芝桜公園を見て、解散してそれぞれの帰路についたのだが、、、

美幌町から国道240号を走り、津別町を過ぎたら51号(津別陸別線)に入る予定だったのだが、、、間違って津別町から27号(北見津別線)を走ってしまう。
このまま行けば、間違いなく北見へ向かう!!
車を停めて地図を見て、どういうルートで帰るか検討する。
北見市には入らず、訓子府町に入り、置戸を通り、足寄を抜けて帯広へ帰るルートにした。

訓子府町に入ると、遠くに見覚えのある山が見えた!!
あ、あれはとしさんとパパチャリさんとつん♪さんが登っていたクマネシリ連峰ではないか!!

   訓子府町から見えたクマネシリ連峰

Img_

置戸町に入ると、鹿の子ダム(おけと湖)がある。
ここは行った事がなかったし、どんな所なのか見に行く。

   鹿の子ダム(おけと湖)

Img_201006

   鹿の子ダム展望台から見たおけと湖

Img_201006_2

後は88号線(本別留辺蘂線)を走っていけば、足寄町に出るので、道迷いはもうない!!
やがて88号線(本別留辺蘂線)のピークを走り過ぎたころ、遠くに巨大な山が見えた!!

こ、これは、もしかして・・・・・と、車でピーク地点まで戻り、そこに車を停めて歩き出す。
見えた山は、思ったとおりクマネシリ山本体で、道路から見たのは初めてだった。

   88号線からクマネシリの頭が見える

Img_201

 更に進むと、クマネシリの別名:テーブル状の尾根とも言われる長い稜線が見えてきた。

Img_201006_3

 もう少しで全体が見えるはずだと期待していたら、遂にその姿を見る事が出来た!!

   88号線から見えたクマネシリ全体と長い稜線

Img_201006_4

 そこから近いポン美里別林道入口からも、クマネシリが見えた。

Img_0

帰りに寄り道をしたおかげで、明るいうちに帯広へたどり着けなかった・・・・・
たまに遠出をすると道を間違えるので、今度はカーナビが必要かな(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月 2日 (金)

オロフレ山 花編

オロフレ山の花の咲き方は、松前の大千軒岳と似ていて、最初から花が見れる。

一番、最初に見た花がヨツバシオガマだったので、ちょっと驚いた!!

写真撮影日 2010.06.26  オロフレ山の花
           (写真はクリックで拡大します)

オロフレ山で見た花は20種類以上あり、見事な花の山であった。

   アカモノ          イワカガミ

Img_ Img__2

                                                                    

                                                                 

                                                                  

                                                                 

    ウスバスミレ        エゾシモツケ

Img__3 Img__4

                                                                    

                                                                   

                                                                    

                                                                        

 オオバナノエンレイソウ     カラマツソウ

Img__5 Img__6

                                                                  

                                                                    

                                                                  

                                                                  

   ゴゼンタチバナ        シラネアオイ

Img__7 Img__8

                                                              

                                                              

                                                                

                                                               

   ズダヤクシュ        ゼンテイカ

Img__9 Img__10

                                                                   

                                                                   

                                                                  

                                                                     

 チシマノキンバイソウ     チシマフウロ

Img__11 Img__12

                                                                 

                                                                     

                                                                       

                                                                   

   チングルマ          ツバメオモト

Img__13 Img__14

                                                                   

                                                                  

                                                                    

                                                                  

   ノウゴウイチゴ        ハクサンチドリ

Img__15 Img__16

                                                                  

                                                                

  ベニバナイチヤクソウ      マイヅルソウ

Img__17 Img__18

                                                                   

                                                                    

                                                                    

                                                                  

   ミヤマスミレ        ヨツバシオガマ

Img__19 Img__20

オロフレ山は予想よりも花が見れたので、行って良かった、、、
展望と花の贅沢を味わえるなら、たとえ遠くでも???

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »