« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月30日 (火)

国見山へバードウォッチング

最近、行ってきた国見山だが、ここのお勧めは展望ではなく、バードウォッチングだという話を聞いて、鳥狙いで行ってきました!!
この日は晴れていたが、日高の山にも東大雪の山にも雲がかかっていて、おまけに時間が午前中だけという制限もあり、バードウォッチングに切り替えた、、、

写真撮影日 2010.03.28  国見山の鳥
           (写真はクリックで拡大します)

 今回は鳥が目的なので、展望台コースから登る

Img_0328

展望台付近には鳥がいたが、ちょっと少ないかなぁ~~と周りを見渡すが、鳴き声もあまり聞こえないし、期待していただけに、ちょっと残念・・・・・

それでも、周りを見渡して、4種類の鳥達が見れた!!
ただ、餌を持っていなかったので、近くまで来ても、すぐ居なくなってしまった、、、
今回は300mmの望遠レンズで撮影したが、もうちょっと望遠が欲しいが、レンズが重たくて高価なので手が出ず、しばらくは我慢かなぁ・・・・・

   ア カ ゲ ラ

Img_0328_2

   ゴ ジ ュ ウ カ ラ

Img_0328_3

   シ ジ ュ ウ カ ラ

Img_0328_4

   ヒ ガ ラ

Img_0328_5

鳥を探しながら歩いていたら、前回見なかった物が・・・・・
良く見ると、そこから先は私有地で立ち入り禁止となっていた!!
そんな事など知らず、踏み後をたどっていただけなのに、、、
ここまで来る人は何人かいるようで、ここから戻るのかな???

Img_0328_6

結局、探検コースに戻り、そこから下山する。
前回、歩いた道なので、お気楽に歩く、、、
途中で、倒れている松の木があり、最近の強風で倒れたのかも知れないが、自然の猛威には怖さを感じる事がある。

Img_0328_7

今回もGPSでログをとったので、参考にされる方は、間違っても私有地には入らないで下さいね!!
踏み後だけしか見ていなかったので、こういう所に出るのかな???
まぁ、その土地を持っている人に会わなかったのが1つの救いですが、、、

   国見山のGPSログ

Img_03

午後から山仲間のMemuro512さんが、同じ目的で来たそうだが、残念ながらあまり鳥は見れなかったようだ、、、
ベストな季節はいつ頃なのかな???

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月27日 (土)

平日は晴れ!

3月の3連休は嵐の様な天気だったけど、その後の24日には、風があったものの、なかなか無い晴れだった!!

こんな日は山に行きたいが、そんな時間はない・・・・・
少しの時間で、景色を楽しめる場所は何処かな、、、
と、いう事で幕別町まで行って来ました!!

写真撮影日 2010.03.24  幕別町
           (写真はクリックで拡大します)

山ちゃりがお気に入りの展望台は幕別町にあり、天気が良い日は何度か訪れている場所である。
日高山脈のパノラマが見える場所で、快晴ならば、十勝連峰、トムラウシ山、東大雪の山々、阿寒の山などが見える。

この日は風が強かったせいもあり、十勝連峰とトムラウシ山、ニペソツ山、ウペペサンケ山は見えず、、、
日高側も一部の山は雲の中に隠れていて、残念ながら見えなかった。

   北日高の展望(日勝峠側)

Img_201

   日高山脈の核心部

Img_201003

   帯広から目立つ十勝幌尻岳周辺の山々

Img_18232010

   南日高の山々

Img_1823201003

この場所からは東大雪の山々が一部分だけ見えるが、ニペソツ山、ウペペサンケ山はずっと雲がかかっていて見えなかった。

   東大雪の山々

Img_201003_2

この後、阿寒の山が見えるポイントに移動・・・・・
普通に見ると遠いので望遠レンズで撮影する。

   雌阿寒岳、阿寒富士をズーム

Img_201003_3

今度はクマネシリ連峰が見える位置に移動する・・・・・
ぼんやりとしか見えなかったが、クマネシリ連峰とテーブル上の尾根が見える。

   クマネシリ連峰とテーブル上の尾根

Img_201003_4

360度全ての山々が見える日はそうないけど、これだけ見えていれば、贅沢かな、、、
5月には桜が開花するだろうが、山の雪解けはいつ頃になるのかな???

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月23日 (火)

道の駅 足寄湖と白鳥

3月の3連休は春の嵐となり、天気は大荒れ・・・・・
天気が崩れる前の20日、少しだけ自由な時間があったので、ちょっとだけドライブを楽しんで来ました!!

写真撮影日 2010.03.20  道の駅足寄湖と白鳥
           (写真はクリックで拡大します)

 冬は休業中のレストラン(手前)とチーズ工場(奥側)

Img__2

チーズ工場の中に入ると地下と1階はチーズ工場、2階は売店とレストランがあり、お昼が近い事もあり、このレストランお勧めのチーズカレーを注文する。
味はチーズが入っているので、とてもマイルドな感じで美味しかった。

 レストランのベランダ(左)とチーズカレー(右)

Img__3 Img__4

この後、足寄湖を見るため、道の駅付近から車で登っていく。
周りには木々が多いので、足寄湖の完全な姿は見れないが、冬ならではの景色が見れた。

Img_201

   正面には幌安山が見える

Img_201_2

晴れていれば遠くの山々が見れそうだが、この日は霞んでいて、遠くはうっすらとしか見えなかった。
時計を見ると、自由な時間も後少しだけ・・・・・

そういえば屈斜路湖で人馴れしすぎた白鳥を見たが、十勝川温泉の白鳥も今年はまだ見ていなかったので、ちょっとだけ白鳥を観に行く。
行ってみると白鳥は少なくなり、いるのは親子の白鳥とカルガモなどの鳥達!!
何人か餌をあげている人がいたが、白鳥はその人達を追いかけていた、、、
山ちゃりはカメラを構えていたが、こちらには見向きもせず、餌の方へと移動していた。(^-^;
とりあえず何枚か写真を撮る。

Img_201003 Img_201003_2

毎年見ている白鳥達だが、近いうちにいなくなるんだろうなぁ、、、
これからは鳥ではなく、花かな???

   

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

国見山の散策 後編

前編からの続きです・・・・・

Img_0314

上の地図を見ると、展望台から駐車場への距離は短い!!
そのまま下りていけばゴールなのだが、まだ、東大雪方面の景色を見ていない・・・・・
このままでは芸がないので、来た道を戻る事にした!!
ただし、一部は違うコースを通って下山した。

展望台から少し離れた場所に踏み後があり、行ってみると、どうやら東大雪方面が見えそうだが、木々の隙間からしか見えないので、展望的には厳しい。

 何とか見えた東大雪の山々(写真はクリックで拡大)

Img_0314_3

写真を撮っていると、周りにたくさんの鳥達が居る事に気づく、、、
Memuro512さんからの情報によれば、国見山の鳥は餌付けされていて、鳥を見れるスポットという事を知らなかったので、次回、行く時は望遠レンズ持参でバードウォッチングでもしようかな???
今回、見れた鳥はこんな鳥達だった・・・・・

   キ バ シ リ

Img_kibasiri0314

   ゴ ジ ュ ウ カ ラ

Img_goziyukara0314

   シ ジ ュ ウ カ ラ

Img_0314_4

帰りはどのコースから下りるか考えていたら、リスの名前のコースが二つあるが、今回はエゾリスコースを選択する。
理由はエゾリスが本当に居るのか確認するためです。(笑)

   エゾリスコースはここから左折する

Img_0

エゾリスコースを歩き出すと、けっこう急な下り坂になる。
スパイク長靴を履いていたので怖くはなかったが、慎重に下りていく。

   急な下り坂

Img_0314_5

そして下まで降りていくと、丁字路が・・・・・
ピンクテープがあったので道間違いではないと思い、何気なく右側の道へ、、、
少し進むと、道は奥のほうへと続いている・・・・・
この道は間違いか???と周りを見ると、道の途中から下の方へ踏み跡がついている。
ここをたどれば大丈夫かと行ってみたが、この踏み後は整備された道ではなかった、、、
ちなみに、地図には謎の丁字路と書いてあります。

   間違えた丁字路

Img_0314_6

踏み後をたどっていったら、隣のシマリスコース入口の所へ出た!!
残雪期は何処を通っても、出られるので不安にはならないが、間違いは良くない。
こういう時こそ、地図読みが大事だが、ザックの奥の方に地図を入れてしまったので、確認しなかった!!
次回はちゃんと地図を見よう・・・・・

   間違ってシマリスコース入口の所へ出る

Img_0314_7

シマリスコースから駐車場へ向かって歩いて行くと、本来、出るべき所だったエゾリスコース入口が見えてくる。

Img_0314_8

そして歩いていて気づいた事だが、下の広い道からの方が展望が良いという事だった、、、
快晴なら日高の山々が見えるはずなのだが、こんな強風が吹く日は山も荒れているので、遠くは見えない。
この日、見えていたのは帯広岳と剣山の二山だけだった・・・・・

Img_0_2

この山は外国からの木も植えられていて、木々の勉強をするには良い場所なのかも知れない。
山ちゃりは花の名前はある程度覚えたが、木々の名前はまだまだ判っていないので、勉強しないと、、、

ところで肝心のエゾリスだが、残念な事に1匹も見る事が出来なかった・・・・・
下の案内板で写真は見たけど、、、
次回は、バードウォッチングで鳥の研究でもするかな???

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

国見山の散策 前編

3月14日(日曜日)の天気はマークだったが、強風注意報が出ていたので、山仲間は山登りをしていたが、今回は気が乗らず不参加となった・・・・・

更に家の用事が色々あり、時間が取れるのは午前中のみ、、、
当然、山登りは無理?で近場で探すしかない。

そういえば少し前だが、山仲間が教えてくれた手ごろな山があった!!
それは、音更町と芽室町の境目にある国見山で、散策コースも整備されている。
ただ、今は残雪期だが、雪は少なく、スノーシューは必要無かった、、、
今回はGPS持参で、データを取りながら歩いた!!

写真撮影日 2010.03.14  国見山散策コース
           (写真はクリックで拡大します)

   駐車場には立派な案内板がある。

Img_0314

   今回、歩いたGPSのトラックログ

Img_0314_2

赤い線は登りのコースで、青い線は下りのコースである。
全て踏み後があったので、迷う事は全く無かった!!
仮に間違っても、簡単に下山出来るので、子供でもお年寄りでも歩けそうな山です。

国見山には色々なコースがあるが、せっかくだから一番距離の長い探検コースを歩く事にした!!
スタート地点は、展望台以外のコースは全て同じで、分岐があちこちにある。

 展望台以コース以外は、ここからスタートとなる

Img_0314_3

探検コースは一番奥にあるコースで、行ってみたら意外な標識があった、、、

Img_0314_4

読んでみると、探検コースは整備を行っておりませんと書いてあるが、踏み後はしっかりついていて、不安は全く無い。
ただ、外国の森コースと分岐点が同じなので、間違えやすいかも知れないが・・・・・

Img_0314_5

なだらかな道を歩くと、何箇所かピンクテープがあり、それを目印に歩く。
今回はトレースもしっかりあったので問題なかったが、夏道を歩いた事がないので、ピンクテープは見落とさない方が良いかも、、、

   トレースの後を歩く

Img_0314_8

風は吹いているが、森林が多いこの山は、あまり強い風は吹かない。
ただ、上を見上げると、木はかなり揺れているが、、、
スタートしてから45分で、最初の分岐点に到着

Img_0314_9

この付近からは東大雪方面が見えるのだが、木々が多いので意外と見えない・・・・・
展望がないなぁ~~って思いながら歩いていると、次の分岐点が、、、

Img_0314_10

この分岐点を過ぎたあたりから、風が強くなり、上を見たらかなり木が揺れている。
標高が低い低山でも揺れているのだから、標高が高い山なんかだと、かなり強いんだろうな~~と想像しながら歩く。
その時、遠くに白い山が見えた!!
あの山は???と、カメラをズームにしてみたら、、、何とスキー場の嵐山だった( ̄Д ̄;;
スキー場だから、当然、雪が多いよな、、、

   嵐山をズーム

Img_0

 そしてまた分岐点があり、展望台と書かれていた

Img_0314_11

スタートしてから1時間35分で展望台へ到着する。
日高山脈は見えそうだが、山は吹雪いている様で、ほとんど見えない・・・・・
しかも、ここの展望台の周りに木がないため、風も強風!!

   国見山展望台

Img_0314_12

   展望台には位置が判る石像がある

Img_

下りは後編で・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

2010十勝大平原クロカンレースの応援!

3月7日 十勝大平原クロカンスキーレースが帯広で開催されましたが、このレースに知人が出るという事で、応援場所として、岩内仙峡の吊り橋付近に集合した!!

待ち合わせ時間より早めに来たのだが、すでに「若葉さん親子」が来ていたので、挨拶をする。
その後、クロカンレースの係りの人に、応援のベストポジションを教えてもらい、徐々にテンションが上がってくる。

更に「としさん」が着き、応援の打ち合わせをする。
コースは18Km・45Km・65Kmの三コースがあり、知人は18Kmと65Kmに出走する。

18Kmの選手は吊り橋を2回渡るが、45kmと65Kmの選手は違うコースを進んでいく。
最初に来るのは、一番、距離の長い65Kmの選手達・・・・・
その65Kmに参加しているのは、函館在住で今は北海道以外の山々にも登り、更に山と渓谷に記事を書かれている「sakagさん」が出るという事で、カメラで待ち構えていた!!

65Kmの人達は、スピードもあり、あっという間に通り過ぎて行く・・・・・
そして「sakagさん」が集団の中に入ってきたのだが、気づいて写真を撮ったが、あっという間に通り過ぎてしまった、、、
成功写真はなかったが、何とか「sakagさん」の写真を撮る事が出来た!!

   快速で通り過ぎて行くsakagさん

Img_sakag0307

   Sakagさんをしっかりと撮影した小若ちゃん

Img_sakag0307_2

見事に失敗してしまったが、幸いにも反対側から戻ってくる!!
とりあえず、他の人達も出ているので、同じ場所で待っていた・・・・・
しかし、なかなか姿を現してはくれない、、、

その時、早くも65Kmの先頭集団が戻ってきてしまった!!
他の人達には申し訳ないが、「sakagさん」優先で来るのを待っていた。
最初に通り過ぎた時に、どんな服装をしていたのか覚えていなかったので、レースゼッケンに集中して見ていた!!

その時に、想定外のハプニングが、、、
「sakagさん」のレースゼッケンが隠れていて、気がついたのは目の前を通った時・・・・・
あわてて、カメラのシャッターを押したが、撮れたのは後ろ姿のみ、、、
でも、この時、少し離れていた「若葉さん親子」がしっかりと撮影していた!!
今回は「若葉さん親子」に随分助けられました。

   Sakagさんの後ろ姿

Img_sakag0307_3 Img_sakag0307_4

この後、18Kmに出ていたMasumiさんと「パパチャリさん」を待っていたが、なかなか現れない、、、
二人とも、順位がどうのというわけでもなく、スキーを楽しんでいた!!

   Masumiさんとパパチャリさん

Img_masumi0307 Img_0307

この先に選手の休憩場があるのだが、「パパチャリさん」はここで一休み、、、
そこに小若ちゃんが来て、記念写真を撮る。

Img_0

この後、「としさん」「若葉さん親子」がスキー場に行って滑るという事で、応援は解散!!
スキーに行く3人を見送り、こちらも帰る準備をする。

車を走らせると、日高山脈が綺麗に見えていた!!
岩内仙峡から少し離れた場所に、カムエクや十勝幌尻岳が見えるポイントがあるので、そこに向かう。
最近の日曜日は天気が悪かったが、3月7日は晴れ渡っていた!!

 カムエク~十勝幌尻岳と吊り橋の後ろにある金竜山

Img_

   カムイエクウチカウシ山(カムエク)をズーム

Img_0307_2

この後は飲み会が控えていたので、自宅に戻った。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »