« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月16日 (木)

鹿追町 然別湖付近の花とナキウサギ その2

その1からの続きです・・・・・

然別湖周辺は、山の稜線上みたいに陽射しがあたらないので、花はどうかな???と思ったが、この時期はイソツツジが見頃で良かったです。

写真撮影日 2009.07.04  花とナキウサギ
         (写真はクリックで拡大します)

然別湖は湖畔沿いに歩けるので不安はないが、多少のアップダウンはあるので、それなりに注意して歩いた方が良いコースである。
歩いていると、鳥が草木の中に隠れていて、こちらに気づくと急いで逃げるので、こちらも時々驚かされる。

然別湖付近で咲いていた花

   イソツツジ        オオタカネイバラ

Img_0907 Img_0

   ギンリョウソウ      ゴゼンタチバナ

Img_09 Img_09_2

                  

    コケモモ         ツバメオモト

Img_0907_2 Img_0907_5

                     

   ツマトリソウ        ヒオウギアヤメ

Img_0907_4 Img_09_3

                               

   マイヅルソウ       ミツバオウレン

Img_0907_6 Img_09_4

                 

 ミヤマハンショウヅル

Img_0_2 Img_0_3

   カラスシキミ       ズダヤクシュ

Img_0907_7 Img_0907_8

              

ナキウサギとの出会い


東雲湖(しののめ湖)に到着し、一休みしているとバッタが現れ、その1に載っている写真が撮れた!!
その後、軽食を取りながら周りを見ていると、あちこちからナキウサギの鳴き声が聞こえ、、、ちょっと期待をする。
食べ終えた後も鳴き声は聞こえるが、近くでは鳴かない・・・・・
そこで、鳴き声が良く聞こえる場所に近づき、様子をみていると、、、突然、ナキウサギが鳴きだし、イソツツジとコケモモが咲いている中を移動していた!!
カメラを構えるが、良い隠れ場所にいるので体の一部分しか見えない・・・・・
その内、巣穴に戻ってしまい、しばらく出てこなくなる。
もう少しで写真が撮れたのにと、悔やんでいると、、、少し離れた岩場の所から鳴き声が・・・・・
静かにその方面を見ると、岩場の上にナキウサギが、、、
これはチャンスと思い、遠かったが夢中で撮影する。
多少のピンボケがあったが、何とか撮る事ができた!!(≧∇≦)

 ナ キ ウ サ ギ

Img_0907_9 Img_0907_10 Img_0907_11 Img_0907_12 Img_0907_13

ナキウサギの食べる所は初めて見たので、とても良かった!!
自分が食べていたので、ナキウサギが遠くから見ていたのだろうか???
秋になると、忙しく動き回るので、見れる確率は高いが、この季節で見れたのはラッキーだったかも知れない。
ただ、条件的には東雲湖(しののめ湖)にはガスが、かかっていて、涼しいくらいだったのでナキウサギが出てきたかも知れないが、、、

今回の目的は果たす事ができたので、満足して駐車場へ戻ったが、、、少し、遅かったのか???戻ったら自分の車しかなかったので、最後は寂しかった。
なかなかハッピーエンドでは終わりませんね!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

鹿追町 然別湖と東雲湖 その1

7月に入ると、どの山でも花が多くなり、何処に行くか迷う時期だが、、、日曜日は用事があり出かけられないので、土曜日の天気予報を見ると、近場は良くない・・・・・
ちょっと考えた結果、展望は望めそうにないので、近場で花を見る事にした!
運が良ければ、違うものも見れるのだが・・・・・

写真撮影日 2009.07.04  然別湖と東雲湖
        (写真はクリックで拡大します)

帯広から車を走らせ鹿追町に向かうが、東大雪の山々は全く見えない・・・・・
これでは、展望は無理だなぁ~と思いながらも、然別湖へ到着する。
白雲山登山口に向かうと、駐車場はほとんど停める所がない!!
自分の車は小さいので、狭い所に車を止めて準備をする。
着いたのが11時頃だったので、遅いし、仕方ないかなと思い、登山名簿に記入すると、そんなに人が来ていない、、、???
そう!!この時期の然別湖は釣りが解禁されていて、ほとんどの車は釣りが目的で来ているようだった!!

   釣り受付場と登山道入口(右側奥)

Img_09

歩き出すと、すぐに白雲山に行く分岐があるが、、、ここは東雲湖(しののめ湖)へと向かう。

Img_0907

湖畔沿いを歩いて行くと、途中でホテル方面が見える場所があり、一休みする。
この日は花狙いだったので、カメラにはマクロレンズをつけていたので、花は綺麗に撮れるが、風景は大きく写ってしまうという問題があった・・・・・
レンズはザックの中だったので、ここはそのままマクロレンズで撮影した!!

湖畔沿いからホテル風水(ホテル福原は隠れてる)

Img_0

 ホテル風水裏から登れる山 南ペトウトル山

Img_

   然別湖で釣りを楽しむ人達

Img__2

登山道入口から、ゆっくりペースで40分で天望山分岐に到着!!
ここでも山には向かわず、東雲湖(しののめ湖)へと向かう。

Img_0907_2

東雲湖(しののめ湖)が近づいてくると、ナキウサギの鳴き声があちこちから聞こえてくる!!
ただ、遠くで鳴いているので、姿は無きウサギ???( ̄○ ̄;)!

1時間40分かかって東雲湖(しののめ湖)へ到着!!
湖はガスがかかっていて、まともに見えない状態、、、
前回、来た時には標識が壊れて倒れていたが、今回は新しい立派な標識が建てられていた!!

 東雲湖(しののめ湖)標識とイソツツジ

Img_0907_3

ここで休んでいると近くにバッタが・・・・・
マクロレンズを付けていたので、ちょっと撮ってみました!!

Img_0_2

軽い食事を取っていると、あちこちからナキウサギの鳴き声が聞こえ、ひょっとすると姿が見れるかも???と思い、望遠レンズに交換する。
警戒心が強い動物で近くには来ないので、、、こちらから泣き声のする方向に近づいてみましたが、結果はどうだったのか???
結果に関しては、後でアップします。

いつまでたっても東雲湖(しののめ湖)のガスは晴れないので、天望山も諦め、来た道をそのまま戻る。
然別湖もガスがかかっていて、帰りは湖も良く見えない状態!!
ホテルが見える位置まで戻ると、ホテルは見えているが、天望山方面はガスがかかっていた!!

   雲が湧き出る然別湖

Img_0907_4

帰りは1時間25分で、登山道入口へ到着する。
戻っている時にボートが見えたので安心して歩いていたが、駐車場に戻ると、あれだけ停まっていた車は無く、あったのは自分の車だけ・・・・・
多分、ガスがかかっていたので、白雲山や天望山に登っていた人達は、先に下山していたようである。
予想通り、展望は得られず涼しい山歩きだったが、東雲湖(しののめ湖)は北海道三大秘湖の一つなので、姿は見たかったのに残念、、、

その2へと続きます・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

雨竜町 南暑寒岳 その4

その3からの続きです・・・・・

南暑寒岳には頂上の手前に、三角点の様なものが建てられていて、最初、ここが頂上かと思ったが、、、どうやら、ここは雨竜沼湿原を見る絶好のポイントのようで、湿原の展望が素晴らしい!!

写真撮影日 2009.06.27  南暑寒岳の花
        (写真はクリックで拡大します)

   南暑寒岳からの雨竜沼湿原

Img_

南暑寒岳で咲いていた花

   エゾイチゲ

Img_0906

   オオカメノキImg_0906_2

   ゴゼンタチバナ

Img_0

   サンカヨウ

Img_0906_3

   白花のシラネアオイ

Img_09

   遅咲きのタカネザクラ

Img_0906_4

   ツバメオモト

Img_09_2

                     

   ミヤマキンバイ

Img_0906_5

雨竜沼湿原の方が、花が多かったが、南暑寒岳には湿原とは違う花があり、どちらも楽しめた山登りだった!!
花のピークはこれからが本番といった感じだが、混雑前のこの時期に、これだけ見れて満足でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 8日 (水)

雨竜町 南暑寒岳 その3

その2からの続きです・・・・・

雨竜沼湿原展望台で一休みした後、南暑寒岳へと向かう!!

写真撮影日 2009.06.27  南暑寒岳と付近の山々
         (写真はクリックで拡大します)

  湿原展望台から南暑寒岳まで3Kmある

Img_

   隣の暑寒別岳を見ながら登る

Img_0

   頂上までの長い登り

Img_0_2

登山道入口から、ガイドブックの参考タイム4時間を、30分程オーバーした4時間30分(休憩込み)で南暑寒岳頂上へ到着!!
暑寒別岳方面を見ると、何人か暑寒別岳へ向かっていた(今回は南暑寒岳で諦める・・・)
空には厚い雲がかかっているので、遠望は望めなかったが、、、利尻山は見る事が出来た。
利尻山が見えただけでも嬉しかったが、カメラに収めるのは厳しかった、、、

   南暑寒岳頂上

Img_0906

   南暑寒岳から徳富岳、ピンネシリ方面

Img_0_3

   ピンネシリ付近をズーム

Img_0_4

   雄冬山(左奥)と隣の暑寒別岳

Img_0906_2

   黄金山、奥徳富岳、群別岳

Img_0906_3

 ちょっと苦しいが、、、南暑寒岳から利尻山

Img_0906_4 Img_0906_5

この他は札幌方面がかすかに見えた程度で、残念ながら遠望は望めなかった、、、
隣の暑寒別岳は、違う機会に別ルートから登ろうと思うが、今年は無理かな???

帰りは花を見ながら、ゆっくりと下山する。

その4へと続きます・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

雨竜町 雨竜沼湿原 その2

その1からの続きです・・・・・

雨竜沼湿原は有名な湿原のため、7月から8月にかけて観光客と登山客で一杯になってしまうので、混雑を避けて花季には早い6月末に行ってきました!!
花はまだこれからだが、山ちゃりが見たのは14種類以上で、名前の判らない花は今回、載せませんでした!!
目を皿のようにすれば、まだあるかも知れませんが、、、こんな花々が咲いてました!!

写真撮影日 2009.06.27  雨竜沼湿原の花
         (写真はクリックで拡大します)

 ショウジョウバカマ   ゼンテイカ(エゾカンゾウ)

Img_ Img_0906

   イワイチョウ       エゾノリュウキンカ

Img_0906_2 Img_0906_3

               

 オオバタチツボスミレ   キバナノコマノツメ

Img_09 Img_0906_4

                              

   シナノキンバイ       シラネアオイ

Img_0906_5 Img_0906_6

                   

   チングルマ        ノウゴウイチゴ

Img_0906_7 Img_0906_8

             

   ハクサンチドリ      ヒメシャクナゲ

Img_09_2 Img_0906_9

                                 

   ミズバショウ       ミツバオウレン

Img_0906_10 Img_0906_11

                  これらの花々を、ゆっくり見る事が出来たので、とても良かったのだが、、、ブヨの攻撃は予想以上に凄く、腕に電池式のアースマットを着けていたのだが、効果はなく何箇所も刺された・・・・・
一番、効果のある物は普通の蚊取り線香で、ザックに付けている人達を何人か見た!!
ちなみにハッカスプレーは効果があるものの、時間が経てば効果がなく、これも失敗に終わった、、、
刺されやすい人はいると思うが、山ちゃりは刺されるタイプ???かも知れない。
今度は、蚊取り線香とハッカスプレーで試してみます。

次は、この先の南暑寒岳編です・・・・・                                        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

雨竜町 雨竜沼湿原 その1

6月は雨または曇りの天気が多くて、山登りから遠ざかっていたが、、、6月末には久しぶりの晴れ間も出てきたので、ちょっと足を伸ばして雨竜町にある雨竜沼湿原と南暑寒岳を目指して夜中に出発する。
途中、芦別の道の駅で仮眠してから雨竜町へ向かい、6時前くらいに雨竜沼湿原ゲートパークへ到着する。
車のドアを開けたら虫の大群が襲ってくるので、急いで準備をして、南暑寒荘で登山の手続きをする。
6時40分頃、雨竜沼湿原に向けて出発する!!

写真撮影日 2009.06.27  雨竜沼湿原
        (写真はクリックで拡大します)

  広い駐車場がある雨竜沼湿原ゲートパーク

Img_0906

   歩き出すと円山853mが目に入る

Img_

 林道を歩いて行くと一番目の吊り橋が見えてくる

Img_0906_2

吊り橋を渡ると案内板があり、ここからは登山道みたいな道になる

Img_500m0906

案内板から500mで白竜の滝へ到着する。
滝は反対側の群馬岳の方からも流れていた。

    白竜の滝        群馬岳からの滝

Img_0906_3 Img_09

白竜の滝を過ぎると、二番目の吊り橋が見えてくる!!
山ちゃりは吊り橋が苦手なので、一番目同様、下を見ないで、一休さんの名せりふにもあった橋の端を渡るのではなく、真ん中を渡った、、、( ̄Д ̄;;

Img_0906_4

その後は、左側に流れるペンケペタン川を見ながら進むと、雨竜沼湿原入口が見えてくる

Img_0906_5

ここから木道歩きが始まり、湿原の中を一周する事ができる。
花はまだ少々で、これからが良い感じになりそうだ!!

遠くに見える南暑寒岳(左)と暑寒別岳(右)中央付近に見えるのは展望台

Img_0906_6

木道は一方通行で左回りで歩く!!
色々な形の沼と花があるので、楽しめる。

Img_0906_7

標高が高い所にある湿原なので、チングルマなどの高山植物も咲いていて、なかなか先へは進まない、、、

   チングルマと綺麗な沼

Img_0906_8

南暑寒岳が近づいてくると、木道の分岐点に出る。
ここから南暑寒岳へ向かうので、左側に進む!!

Img_0906_9

ここからは登りになり、ペースもダウンする。
少し登ると展望台の標識がある。

Img_0906_10

ここの展望台まで来る人は多く、雨竜沼湿原がお目当ての人達は、ここで引き返す!!
現在、展望台は足場が崩れて使用できないので、その周りから湿原を見渡す!!

   展望台付近からの雨竜沼湿原

Img_0

   帰りは左回りで湿原を一周する

Img_0906_11

その2へと続く・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »