« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月22日 (水)

雄阿寒岳 その3

   その2からの続きです・・・・・

強風吹き荒れる雄阿寒岳頂上からは、斜里岳がはっきり見えていたので、知床方面の山々も見えているか期待して写真を撮ったが・・・・・
斜里岳の横に見えていた山塊は標津町の山々であり、、、斜里岳の後ろの海別岳からは見えていなかった・・・・・
上空には雲がかかっていたので、これだけ見えていれば良い方かな?と、諦めもつく。
カシミールで調べてみると、快晴状態なら知床方面は見えそうである。
まぁ、この課題は来年以降ですね・・・・・( ̄○ ̄;)

写真撮影日 2008.10.12  雄阿寒岳~阿寒湖半
               (写真はクリックで拡大します)

   雄阿寒岳から藻琴山~斜里岳

Img_10

   雄阿寒岳から標津町の山々と摩周岳

Img_10_2

   雄阿寒岳から斜里岳~西別岳のパノラマ

Img_10_3

   

   雄阿寒岳から阿寒富士、雌阿寒岳、フップシ岳

Img_

悲しいことに、下山している内に天気が良くなってくる・・・・・
帰りは阿寒湖と温泉街がクッキリと見えたし、風もそんなに強くなかった!!
太陽の陽射しをあびた紅葉を見ながら、楽しく下山する。
次郎湖に降りるか迷ったが、今回はパスした。
阿寒湖半に戻って来ると、観光遊覧船が次から次へとやって来る!!
色々な遊覧船と紅葉を見ながら、車の所へ到着する。

   駐車場付近から観光遊覧船と紅葉を見る

Img_10_4 Img_10_5 Img_10_6

駐車場は帰りも多く停まっていて、更に国道まで停まっていた!!
紅葉の時期だから早めに出たのが正解だった。
遅かったら、国道淵だったかも???

| | コメント (0)

2008年10月19日 (日)

雄阿寒岳 その2

その1からの続きです・・・・・

5合目からは真っ白だったが、風があり雲が流れていたので、ちょっと期待しながら登る。
天気予報は晴れだったが、寒気が入ったせいで上空には常に雲が、、、
6合目に着いた頃には時々展望が見え、阿寒湖と雌阿寒岳、阿寒富士などが見える。

   雄阿寒岳の6合目

Img_10

高度を上げていくと阿寒湖全体が見えてくる

   雄阿寒岳からの阿寒湖

Img_10_2

相変わらず登山道にはガスがかかり、不安ながらも先へ急ぐ・・・・・
8合目付近に来るとやっと頂上が見えてきて、先に出発した人達が休んでいた!!

   8合目付近から頂上を望む

Img_

登山道入口から休憩込みで約3時間30分で雄阿寒岳頂上へ到着する。
頂上には強風が吹き荒れ、雪が降りそうなくらい冷たい風だった!!
急いで、ザックの中から手袋、帽子、ネックウォーマーを出し、着込む。
体が冷えてきたのでお湯を沸かしてラーメンを作ったが、ラーメンはすぐ冷めてぬるくなる始末、、、
写真を撮るにも、寒くて手がブレる。
それでも何枚か撮るが、上空の雲が邪魔で綺麗に撮れない、、、
遠くは知床連邦まで見えていたが、標準レンズだったので、怪しい写真になる。
大雪方面は霞んで見えたが雪山状態だった!!

この山のメインは阿寒湖全体が見えるのは当たり前だが、パンケトー、ペンケトーが見れる唯一の山で、寒い中、二つの湖を堪能する。
ただ、雲がずっとかかっていて、快晴の状態で見れなかったのが残念だが、見れただけでも良かった!!

   雄 阿 寒 岳 頂 上

Img_10_3

   雄阿寒岳頂上からパンケトー

Img_10_4

   雄阿寒岳頂上から赤の紅葉   

Img_10_5

写真を撮っている間にも登山客は登ってくるが、誰もが、ここ寒い!!
風の当たらない所、何処!!・・・・・と、同じ言葉を言っていた。
寒さには自信がある山ちゃりだが想定外???の寒さの為、風をさけていた(笑)

   そ の 3 へ と 続 く・・・・・

| | コメント (0)

2008年10月17日 (金)

雄阿寒岳 その1

10月の第二週目、世間では三連休の所もあるが、自分の休みは12日だけ、、、
天気予報を見ると、寒気が入っているので冷え込みが厳しいという情報があったが、寒さに強い山ちゃりは、ザックに帽子、手袋、ネックウォーマーなどを入れ、紅葉が身頃になっている雄阿寒岳に向かった!!

写真撮影日 2008.10.12  雄阿寒岳
               (写真はクリックで拡大します)

 登山道入口は阿寒湖温泉街を越えた所にある

Img_10

ここに到着するまでノンストップで来たので、車の中で少し仮眠する。
しかし、次から次へと車が入り、騒がしくなってきて寝ている場合ではなく、仕方なく準備する。
着いた時点では日が昇る前だったが、用意をしている内に明るくなる。
準備が終わった頃には、他の人達は先に行ったようで、自分は遅れて出発する。

朝日が昇ってくると、紅葉も一段と綺麗に見え、阿寒湖と一緒に写真を撮る。

   朝日にあたった鮮やかな紅葉

Img_10_2

阿寒湖を通り過ぎると、まず最初に太郎湖が現れる。
阿寒湖の水は、この太郎湖を通り阿寒川へと流れている。
紅葉も見頃で、良い時期に出会えて良かった、、、

   太 郎 湖

Img_10_3

   太郎湖とその周辺の紅葉

Img_10_4 Img_10_5

太郎湖を過ぎると、次郎湖が左側に見えてきて、次郎湖畔に下りて行く事も出来るが、今回はパスした。

   次郎湖と紅葉

Img_10_6

次郎湖を過ぎ1合目~3合目までは、紅葉を見ながら進む。
3合目を過ぎると上りになってきて、4合目から5合目までの間の傾斜が、一番きつく感じた!!
5合目に到着すると上の方はガスがかかっていて、ここで一休みする。

  雄阿寒岳5合目(ロープ先は登山道ではない)

Img_10_7

   5合目から先はガスが・・・・・

Img_10_8

ここまで来ると雌阿寒岳と阿寒富士が見えてくるが、上の方は雲がかかっていた!!
この様子では展望はどうなのかな?と、不安になりながら6合目に向かった。

   そ の 2 へ 続 く・・・・・

| | コメント (0)

2008年10月15日 (水)

秋の札幌

10月5日は晴天に恵まれ、山登りには絶好の日だったが、、、
この日は、私用が前から決まっていたので仕方ないが、良い天気だった!!

早朝に帯広を出発しようとしたが、日勝峠も最近、冷え込みが厳しいので車は遠慮してJRを利用する。
山登りの代わりに、札幌市内を久々に歩く。

写真撮影日 2008.10.05  札幌市内
                (写真はクリックで拡大します)

   帯広駅からとかち2号で札幌へ

Img_20081005

   札幌では北大植物園へ花を見に行く

Img_1005

特殊な環境を作り、外国産の花なども見れる建物がある。
室内ではヤナギトウワタ、オオベニウチワの花を見ることが出来た

Img_1005_2 Img_1005_3

外では少しだが花もあった

   ピレオギク          ヒダカミセバヤ

Img_1005_8 Img_1005_9

 

   コ ハ マ ギ ク

Img_1005_10

  植物園内の紅葉         ハナトラノオ

Img_1005_11 Img_1005_12

北大植物園を見た後は大通り公園へ・・・・・
今回は札幌市資料館の中に入り、今度、新しく変わる裁判制度についての項目を見る。
自分が裁判委員に選ばれる可能性は低い?と思われるが、、、選ばれたら緊張するだろうな???

   大通り公園の端にある市資料館

Img_1005_13

午後からは私用があり、終わった後、再び大通り公園へ向かう。
この日、大通り公園ではオータムフェスティバル2008を開催していて、ちょっとだけ見に行く。

   大通り西12丁目からテレビ塔方面

Img_

会場では日曜日とあって物凄い人の数・・・・・
内容的には、道内で食べられる各地方の名産品を宣伝していた!!
ラーメンコーナーもあったりして、北海道のラーメンを宣伝していた。
さすがに人混みを写真に撮る気持ちにはならず、公園内には各企業から花が提供されていて、気にいった花だけ写真に撮る。

   大通り公園の花

Img_1005_14

   大通りの紅葉と花

Img_1005_15 Img_1005_16

大通りを歩いた後は札幌駅へ向かう。
駅に着いた時に帰りの特急まで少し時間があったので、急いでヨドバシカメラへ向かう。
帯広でも大型電気店はあるが、品数はこちらの方が圧倒的に多いので、最新機器などをチェックする。

特急の時間が迫ってきたので、札幌駅北口に戻って来たら周りは暗くなっていた!!
駅前が綺麗だったので、写真を撮る。

   札幌駅北口とJRタワー

Img_1005_17 Img_1005_18

帰りは車じゃないので気楽だったが、景色も暗くて見えないので、半分以上寝ていた・・・・・
ただ、特急とはいえ場所によっては揺れがあり、レールが劣化している所も多いのかな?なんて思いながら帯広駅に到着した。
昨年、東京駅から宇都宮まで新幹線に乗ったが、あの静寂性は凄かった!!
北海道の新幹線はまだまだ先の話だが、乗る時が来るのかな???

| | コメント (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »