« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月22日 (木)

新ひだか町 ピセナイ山

今年は山の雪解けも早いようなので、残雪の日高山脈を見るためピセナイ山へと向かう。
帯広を出発したのは4時頃だが、静内湖に着いたのは8時近くだった。
車が4台止まっていたので、その近くに車を停める。
車を降り、周りを見ると見慣れた人が・・・・・
行く前に話は聞いていたが、としさんが登る準備をしていた!!
としさんはMTBで林道を走るという事で、先に出発した。
自分も準備して出発するが、、、ここで問題発生!!!

ゲートがあったので、くぐって入っていったが、、、間違いだった!!
途中で気が付き地図を確認していると、としさんも間違いに気づき戻ってきた。
ここで余計なロスタイムをしてしまい、急いでキャンプ場近くのゲート前に行きスタートする。
今回はゲートと団体さんがいたので、見事に間違えてしまったのが大失敗であった!!
気を取り直して、長い林道を歩いていく。

同じ日に登ったとしさんのブログはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/toshi-chappy/e/e5ab7b85afd708459d3522ac5cb7fbfb

写真撮影日 2008.05.18  ピセナイ山
               (写真はクリックで拡大します)

  ピセナイ山へ行く林道のゲート(車はここまで)

Img_

  静内湖を見ながら林道を歩く

Img_0518

花も咲いていたので、見ながら歩いていると後ろからジープが・・・・・
ジープは横に止まり、ピセナイ山登山道入口まで行くとの事、、、ありがたく乗せてもらい登山道入口まで行き、一言お礼を言う。
その人は山岳会の人のようで、ピセナイ山へ登っていった!!
途中でとしさんを追い越したが、足の速いとしさんだから、頂上に着く前には追いつくだろうと予測し、先に出発する。

登山道入口からは急登になり、高度を上げていく。
途中で休憩をとり、振り返ると遠くにイドンナップ岳が見えていた!!

Img_0518_2

  6合目まで来ると頂上も見えてくる

Img_0518_3

花を観ながら登っていたが、8合目を過ぎたあたりで、としさんが追いついてきた!!
予想よりも早いタイムだったので、これには驚いたが、自分はマイペースで行きたかったので、先に行ってもらう。
としさんより遅れて頂上に着くが、期待した展望は雲が覆っていてよく見えない、、、

何枚か写真を撮ってみるが、厚い雲はなかなか動かず、残念な結果となってしまった・・・・・

  ピセナイ山頂上からの展望

Img__2

標準レンズだと山が判らないので、ズームレンズで撮影する。
しかし、雲に隠れて見えない山が多かった・・・・・

  カムエク方面(カムエクは雲の中)

Img_182305

  コイカクシュサツナイ岳~シビチャリ山

Img_05

展望には恵まれなかったが、ウグイスが鳴いていて、近くまで来たのでウグイスを撮る。

Img__3

山岳会の人達は先に下山したが、としさんの後をついて下山している内に追いつき、更に追い越して林道へ到着する。
としさんはMTBだったので挨拶をし、先に出発した!!
自分は林道を歩いていったが、、、途中で山岳会の車が追いつき、帰りも乗せて貰うというハッピーな出来事があった。
ゲートの所まで乗せてもらい何度もお礼を言った。
ある意味、ラッキーな1日だったかも知れない、、、

  林道及びピセナイ山で見た花

  エゾオオサクラソウ       エゾキケマン

Img__4 Img__5

                                          

     カタクリ          ソラチコザクラ

Img__6 Img__7

                    

                     

     ツボスミレ           ニリンソウ

Img__8 Img__9

                                  

     ヒメイチゲ            フッキソウ

Img__10 Img__11

                      

花はこの他にミヤマキンバイ、フデリンドウネコノメソウなどが咲いていた。
展望は良くなかったが、花が観れたし、楽も出来たし、良い山行だった。

| | コメント (2)

2008年5月11日 (日)

花咲くアポイ岳

今年は桜の開花も早かったので、5月の連休に夏山登山を考える。
登りたい山はいくつかあったが、情報を調べていると、、、アポイ岳の花の開花も例年より早く、ヒダカソウが咲いているという情報を得る。
この時点で夏山スタートはアポイ岳に決定!!

行ける日は5月4日だけだったので、早朝に帯広を出発する!!
天馬街道を走り、野塚トンネルを越え一休みする。
その先から様似市外へ抜ける道に入り走っていると、、、途中で道路工事をしていたが、この日は作業していなかった!!
しかし、ここで珍しい動物を見る・・・・・
道路工事している場所の中央に何とタヌキがひかれたようで、可愛そうに死んでいた。
初めはキツネ???かと思ったが、良くみるとタヌキだった!!
こんな形で見たくなかったが、タヌキも棲息しているようだ。

その付近からはピンネシリ方面に行く林道があったが、そのまま海へ出てアポイ岳ビジターセンターの前の駐車場に車を停める。
奥の駐車場は止める所がなく、ビジターセンターの前に停めて準備をしていると、、、次から次へと車が入ってきて賑やかになる。
ゴールデンウィークとはいえ、予想通りの人混み、、、
さて、アポイ岳の花はどうなっているのかな???

写真撮影日 2008.05.04  アポイ岳(写真はクリックで拡大します)

   駐車場付近は桜が見頃だった

Img_2008

登山道の始めに川があるが、そこからすでに花が咲いていて、花を観ながらの登山となる。
フイリミヤマスミレ、エゾオオサクラソウ、ヒメイチゲが群落で咲いていて、展望がなくても花だけで楽しめた!!
5合目の山小屋付近からはサマニユキワリが見れ、山小屋で一休み・・・・・

5合目から登りも辛くなるが、観れる花も変わってくる!!
サマニユキワリ、アポイアズマギク、キジムシロなどが観れ、馬の背で一休みする。
この馬の背で休憩する人は多い!!
展望的にも良い場所なのだが、上空は晴れているものの、ピンネシリまでしか見えず、また海もガスがかかっていて良く見えない。
ここでパトロールをしている人に誰かがヒダカソウの話をしていたので耳を傾けると、、、
「ヒダカソウは一輪しか観ておらず、もしかしたら閉じているかも知れませんね~~~」
と、いう不安な情報を聞く???
自分も見た事がないので、この機会にと思っていたが、、、幌満コースでゆっくり探してみるか!!と考える・・・・・

   馬の背付近から吉田岳(左)、アポイ岳(右)

Img_0504    馬の背付近からピンネシリ(左)と吉田岳(右)

Img_0504_2

馬の背を出発して花を撮っていると、笹がガサガサと揺れ、、、何かいるのか???と、思ったら、1匹のワンちゃんが現れ、自分を追い越していく・・・・・
飼い主は見当たらないようだが、どんどん登っていく。
すると遠くから笛の音が聞こえ、上に行ったワンちゃんが急いで下りて来た!!
どうも飼い主は下にいるらしく、先に行ってしまったワンちゃんの行動が面白かった!!

頂上が近くなると、分岐があり、普通はアポイ岳頂上方面に向かうのだが、今回は幌満コースへ向かう。
ヒダカソウが観たくて、右も左も見ながら歩いていくが、日当たりが少ないせいか???意外と花が少ない、、、
途中、アポイ岳頂上から来た人達と何人もすれ違う。
やがて、監視カメラが設置してある稜線が見えたあたりから花も増えだし、アポイキンバイ、アポイアズマギク、そして意外にもチングルマの花が開こうとしていた。
この辺でヒダカソウを探してみるが、見ている場所が悪いのか???発見する事は出来なかった・・・・・
情報だと一輪しか咲いてないと聞いていたので、見過ごしたかな~~と諦める。
ここからのアポイ岳頂上へは辛い登りが続く・・・・・
途中、見回りしている人に出会い、ここから登るときついですよ!!と、言われ、悔いを残しながらも頂上へ向かう。
途中にはセンボンヤリを見るが、ハイマツが多いので意外と苦労する。
2時間30分以上かかってしまったが、無事にアポイ岳頂上に到着する!!

頂上に着くと、あのワンちゃんがいて、すっかり人気者になっていた!!
中にはワンちゃんと一緒に写真を撮る人もいて、賑わっていた。
ここで軽く食事をして、下山しようと思ったらキアゲハが飛んできたのでカメラに収める。

   アポイ岳頂上で人気者のワンちゃん

Img_0504_3

                                                                   アポイ岳頂上で見たキアゲハ

Img_0504_4

下山する時に展望を期待したが、、、どうも遠望が利かなく、花を観ながら下りていく。
エゾキスミレ、アポイキンバイ、ヒダカイワザクラなどを観ながら、分岐点に到着する。
行く時も気になっていたエゾムラサキツツジが咲く岩をカメラに収める。

   エゾムラサキツツジが咲く岩
   (動物の顔の様に見える???)

Img_0504_5

分岐点からは同じコースなので、足早に下山するが、途中で足が痛くなりペースダウン・・・・・
ゆっくりペースで無事に車の所へ到着する。
時間は予想よりかかったが、久しぶりの山登りだったから往復4時間30分ほどかかった。

   アポイ岳で咲いていた花

   フイリミヤマスミレ     エゾオオサクラソウ

Img_0504_6 Img_0504_7

                    ヒメイチゲ         サマニユキワリ

Img_0504_8 Img_0504_9

                  

   アポイアズマギク        チングルマ

Img_0504_10 Img_0504_11

                                      

                    センボンヤリ        エゾキスミレ

Img_0504_12 Img_0504_13

   

   アポイ岳 花の掲示板

Img_0504_14

  

山登りの後は、近くにあるアポイ山荘で温泉に入る。
露天風呂から山々を見てると晴れてきそうだが、遠望は利かず、、、
帰る前に写真を撮り、帯広へ帰った。

 アポイ山荘付近からピンネシリ、吉田岳、アポイ岳 

Img_05

| | コメント (4)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »