« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月20日 (水)

第33回 氷瀑まつりの花火

層雲峡で花火を撮影してみました! 短い時間ですが楽しんで下さい。

| | コメント (0)

2008年2月17日 (日)

第33回 氷瀑まつり

札幌雪まつりが開催されていた2月10日、少しは人混みを避けられるかな?と予想し、層雲峡で毎年、開催されている氷瀑まつりを見に行く・・・・・
今回の目的は、夜のライトアップと花火だったので、午後から帯広を出発する。

写真撮影日 2008年2月10日(写真はクリックで拡大します)

途中、十勝三股にある三股山荘で一休みしようと車を止める。
そこからはピリベツ岳、西クマネシリ岳が良く見えるのだが、、、この時期にしては雪が少ない???

Img_

三股山荘のオーナーに話をすると、今年は昨年より寒く雪が少なくてまるで十勝の天気みたいなんですよ!!
朝の最低気温は-27度というから帯広よりはるかに寒い、、、
ちなみに三股山荘は標高650m以上あるので寒いそうだが、気象庁の温度計が近くにないので公表されていない様である。
暗くなる前に三股山荘付近の写真を撮り、層雲峡へ向かう。

三股山荘からは軍艦山が良く見える(ニペソツ山は頭しか見えない)

Img__2

三股山荘から音更山(左)、ユニ石狩岳(中央)が綺麗に見えていた

Img__3

途中、ニペソツや表大雪の山々が綺麗に見えたが、日が暮れてきたので写真を撮らずに層雲峡へ向かった!!
層雲峡に着いたのは午後6時過ぎだったが、駐車場は満車に近くて渋滞となる・・・・・
交通整理している人がこちらに来て、遠くの駐車場なら空いていますよと親切に教えてくれたが、自分は三番目に並んでいたので、もう少し待ちますと、言って待っていたが、、、待ち時間は30分以上で見る前に疲れてしまった(笑)

外はすでに暗くなり、会場のライトアップが綺麗に見えた!!
今回はデジイチを持ってきたのでレンズをどうするか考えたが、広い会場なので広角レンズ一本で撮影した。

   入口を入るとすぐに全体が見える

Img_2008

階段を下りていくとすぐに巨大かまくら(各スポンサーのロゴあり)があり、中を見るがどこも混んでいた。
そこを過ぎると大きな休憩小屋があり、そこからは全体の雪像が見渡せる。
札幌雪まつりの影響も少なく???予想以上の人達で賑わっていた!!

   巨大滑り台(車のタイヤで滑っていた)

Img_2008_2

   横から見た大雪像

Img_2008_3

   

↑上の二つの大雪像は中に入る事が出来、中は見事なツララがライトアップされている

   正面からの大雪像と中のツララ

Img_2008_4 Img_2008_5

   大雪像の上から見る展望も素晴らしい

Img_2008_6

   巨大雪だるまと気温は-9℃と冷え込む

Img_2008_7 Img_20089

氷瀑まつりは3月23日まで開催されていますが、最近になって寒さも弛んできたので、層雲峡も暖かくなっているかは???ですけど、この時期だと雪像も綺麗で良かった。
それにしても人混みは凄かったなぁ~~~

| | コメント (0)

2008年2月 7日 (木)

更別村 冬の霧氷

今年の寒さは昨年の暖冬とは違い、厳冬が続いていて、、、特に会社の周りは畑しかないので朝には-20℃を越える日もあり、とにかく寒い。

そんな環境の中で仕事してますが、休みもあまりなく出かけるのが難しい・・・・・
そう思っている内に1月が終わってしまい、気が付けば2月、、、
それでも忙しさは変わらないので、息抜きをするために近場を探していたら、、、霧氷という言葉が目に止まり、更に調べると・・・更別村では今時期が見頃という事でここに決定!!

2月3日(節分)の早朝に帯広を出発し更別村へ向かう。
ビューポイントみたいな所があるので、その付近に車を止める。
来たのが少し早かったので、誰も来ていなくて、本当にここで良いのか???と、思っていたら1台のRV車が来て、車を止め三脚とカメラをセットしていた・・・・・

その後、次から次へと車が来たので、ちょっと安心して自分も三脚とカメラを用意する。
しかし、ここの寒さは強烈で、帯広の寒さに馴れてはいるが、それ以上に寒く感じた!!
温度計を持っていなかったので気温は判らなかったが、、、体感温度では-20℃以下に感じた。
来た人達を見ていると、撮影場所は違う様で、車を移動しながら探していた!!
こちらは初めてだったので、とりあえず看板がある付近で見ていたが、、、霧が出ないので歩きながら場所を探す。
後から判った事だが、霧の発生は太陽が出る前後の時が良いようで、それまでは霧が出てはいるが目に付くほどではない。
前置きが長くなってしまいましたが、、、ここからは写真を楽しんで下さい!!(^_^;)

写真撮影日 2008年2月3日 更別村
         (写真はクリックで拡大します)

ビューポイントの入口は道の駅さらべつの手前から左折する。(帯広から来た場合)

Img_

   ビューポイント付近からの撮影

Img__2 Img__3 Img__4 Img__5 Img__6 Img__7 Img__8 Img__9

反対側には日高の山々が見えていたが、、、雲がかかっていてスッキリとは見えなかった!!
ここで霧氷とは何か???を説明すると・・・・・
霧氷(むひょう)は氷点下の環境で、空気中の水滴もしくは水蒸気が、樹木その他の地物に衝突して凍結もしくは昇華する事でできる氷層の総称である。

↑上の写真ではちょっと判りにくいかも知れませんが、、、樹木が凍っている様にも見えます。
日が完全に昇ると霧がすっと消え、まるで幻想を見た気分になった!!
すると消えたのは霧だけではなく、そこに居た人達も消えていた、、、(^^ゞ

その後はちょっと休むつもりで道の駅さらべつへ移動する。
時間はまだ早かったので営業はしてなかったが、トイレを利用させてもらう。
疲れたので毛布をかけ車の中で仮眠しようと思って寝たのはいいが、、、爆睡してしまい起きたのはとんでもない時間だった・・・・・
そこでハッキリと目が覚め、周りを見渡すと日高の山々が見事に晴れ上がっていた!!
朝には曇っていたのに、、、今頃晴れるんだな~~と思い車を走らせる。
日高の山々を横目に見ながら走っていたが、あまりに綺麗に見えたので車を止め撮影モードに入る。

更別村からペテガリ岳、ルベツネ山、ヤオロマップ岳、コイカクシュサツナイ岳

Img__10

更別村からヤオロマップ岳、コイカクシュサツナイ岳、1823峰、ピラミッド峰、カムイエクウチカウシ山

Img__11

更別村から1823峰、ピラミッド峰、カムイエクウチカウシ山、岩内岳、十勝幌尻岳

Img__12

更別村の霧氷はもう少し見れると思いますが、見に行かれる人はしっかりと防寒着をして行かれるようにして下さい。
自分はそれなりの格好はしていましたが、、、指先と手が冷たくなってしまい、何度か車にエスケイプしていました(笑)
それくらい寒いけど自然現象を見るためには必要条件です。

| | コメント (4)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »