« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月27日 (日)

2008年帯広氷祭り その2

その1からの続きです・・・・・

氷祭りから話はちょっとそれますが、緑ヶ丘公園は昨年から景観のリニューアルを行っていて、子供たちの遊び場は大きく変わった!!
駐車場付近の目立つ木はライトアップされ、雰囲気も変わった。

では、個人及び団体さんの力作を紹介します。

写真撮影日 2008.01.26  第45回帯広氷祭り
         (写真はクリックで拡大します)

   今年からライトアップされた木と会場入口

Img_200 Img_

昨年には無かったドラキュラ城という建物があったが、そこに「どげんせんといかん」と書かれていて、、、帯広の人達も東国原知事の影響を受けているのかな???と思った。
最初はメインの雪像と氷像を見て、その後は雪像、氷像の順番で見ていった!!
昨年より規模はちょっと小さくなったが、力作もあり楽しめた。
ただ、最近の寒さは厳しく、手袋をしていても感覚がなくなる程寒いので、忍耐強くないと撮影は無理かも知れない、、、
しかし、そんな中似たような人も居て撮影していたので頑張ってみるが、限界が来て結局、撤退・・・・・(^_^;)
まぁ、そんな理由で見苦しい点もあるかも知れませんが、お許しください、、、

同じ日に山仲間で同僚のとしさんも取材に行って来た様なので、こちらも見て下さい。
   としさんのブログ↓
   
http://blog.goo.ne.jp/toshi-chappy/e/933abe85c2a745693cfddb27671a5128

   メイン右側にあるアイスミュージアム

Img__2

   メイン左側にはミッフィーが、、、

Img__3

昨年頑張った?日本ハムのキャラクターとねずみ年なのでピカチュウ???

Img_2008 Img_2008_2

昨年、好調だったタカ&トシのキャラクターといつも人気のミッキーマウス

Img_2008_3 Img__4

            

氷像は作者のイメージで作り上げるので、想像の世界を見る事が出来るが、細部まできめ細かいのには毎年、驚かされる。

   今年、気になった作品

Img__5 Img_2008_4 Img_2008_5

Img_2008_6

         

今年は昨年の暖冬とは違い、朝には-20℃に達する事もあり、さすがに寒い、、、
でも、こんなに寒くても雪像や氷像を作っている人達には脱帽です。
来年も多分行くと思いますが、寒さ対策を強化しなくては、、、

| | コメント (4)

2008年1月26日 (土)

2008年帯広氷祭り その1

毎年、恒例のイベントになっている帯広の氷祭りも第45回目となった!!
今週は仕事が土曜日まであったので昼間は見る事が出来ず、ライトアップされた雪像や氷像を寒い中頑張って見て来ました・・・・・
今回はメインとなった雪像を紹介します。
帯広氷祭りは1月25日~1月27日の3日間開催しています。

写真撮影日 2008.01.26  帯広氷祭り
         (写真はクリックで拡大します)

   2008年のメインの雪像と氷像

Img_2008 Img_2008_2 Img_2008_3 Img_2008_4 Img_2008_5

土曜日という事もあり賑わっていたが、出店が閉まると見物客も減り撮影しやすくなるが、、、最近の帯広は朝の冷え込みが厳しいため、長時間居ると指の感覚がなくなってきて写真どころではなくなり、全体を見て早めに撤退する。(^_^;)
次回はその他の雪像をアップします・・・・・

| | コメント (0)

2008年1月19日 (土)

鶴居村~コッタロ湿原 後編

前編からの続きです・・・・・

鶴居村の鶴見台で鶴を見た後、晴天が期待できそうだったのでコッタロ湿原(釧路湿原)へ向かう。
途中、音羽橋というタンチョウ鶴の寝ぐらとされている場所に寄ってみる。
そこには車が2台止まっていて、凄い望遠レンズとカメラを持った人達がタンチョウ鶴を待ち構えていた・・・
鶴見台とは違い、鶴の姿も見当たらなく、車に乗ろうかな~~と、思ったその時、、、遠くからタンチョウ鶴が飛んできた!!!
急いでカメラを構え撮影してみたが、結果は今一だった・・・

写真撮影日 2008年1月3日 鶴居村~コッタロ湿原
         (写真はクリックで拡大します)

   音羽橋で見たタンチョウ鶴

Img_13 Img_13_2

この時期としては気温が低く、特に厚着をしていなかったので待ちきれず、、、車に乗り込みコッタロ湿原へ向かう。
道路は雪もなく快適に走れたが、コッタロ湿原に近づくと、所々凍っていて冬道運転で走る。
夏だと川の蛇行も良く見えなかったコッタロ湿原だったが、冬だと蛇行している川も見える!!
コッタロ湿原には三箇所見るポイントがあるが、二箇所は道路側からと一箇所は山の展望台からである。
鶴居村方面から来ると第三展望台、第二展望台、第一展望台の順になる。

   道路側の展望台から見たコッタロ湿原

Img_

第一展望台に着くと車は一台しかなく、ちょっとした丘の展望台へ登る!!
失敗だったのは普通の靴だったので足元が滑った事と、カメラには望遠レンズが付いていたので近くが撮影出来なかった事である・・・・・(^_^;)

   第一展望台と展望台から見たコッタロ湿原

Img__2 Img__3

登っていると川の中にタンチョウが・・・・・
最大で撮ってみるが、距離があるため何とか確認出来る程度、、、

   コッタロ展望台からタンチョウ鶴を発見!!

Img__4 Img__5

展望台からは湿原が綺麗に見え、遠くの山々も見えるはずだが???高さが低くて隠れている山々もある・・・・・

   コッタロ展望台から見えた山々

Img__6 Img__7

ここまで来たらもう少し見たいなぁ~~と考えていると、上の方にもう少し登れそうなので、そこに行けば見れるか???と期待して登ってみる。
木々が邪魔していたが、山は何とか見る事が出来た!!
標高がもう少しあればハッキリ見えるけど、これで良しとした!!

   コッタロ展望台の更に上からの展望

Img__8 Img__9 Img__10 Img__11

↑ズームの一枚目は藻琴山周辺、二枚目は斜里岳周辺、三枚目は海別岳、四枚目は俣落岳~武佐岳の山々で、何度かコッタロ湿原に足を運んでいるが、これらの山々を見たのは初めてである。
きっと天候に恵まれたのもあるが、なかなか見れないので来てみて正解だった!!

しばらく見ていたかったが、日が短いので惜しみながらも車へ戻る。
帰りは来た道を戻り、コッタロ湿原を横目に見ながら走っていくと、阿寒の山々が綺麗に見えるスポットを見つけ、写真を撮る。
帯広側から見るのとは反対方向になり、違った雌阿寒岳を見る事が出来る。

 湿原近くから見た阿寒富士、雌阿寒岳、雄阿寒岳

Img__12

タンチョウ鶴を見る予定で鶴居村へ行ったのだが、思わぬ晴天に恵まれ、遠くの山々まで見れた事はとてもラッキーだった!!
今年の山登りもこんな天気だと良いのだが、はたしてどうなるか???

   

| | コメント (0)

2008年1月 9日 (水)

鶴居村鶴見台 前編

正月休みの最後の3日の日、道東方面は晴れ予想がでていたので、新聞にも載ったタンチョウ鶴を見に鶴居村のサンクチュアリへ車を走らせる。

帯広を早朝に出発したので、、、白糠の海からの日の出を見ながら、釧路湿原道路へと向かう。
釧路湿原道路入口付近には電光掲示板があり、良く見ると風速3m、気温-13℃とでており、釧路としては寒いなぁ~~と思いながら道路に入る。

Img_

この釧路湿原道路を走っていくと、途中で53号線と交わるので、ここで53号線に入り鶴居村へ向かう。
途中には釧路湿原展望台があるが、ここはパスしてその先の温根内にある駐車場に車を止め、一休みする。
ここからは釧路湿原が見渡せるが、川の蛇行している所は残念ながら見えない!!
湿原の反対側(道路側)からは阿寒富士、雌阿寒岳、雄阿寒岳が見えていてカメラを向ける。
釧路湿原の遥か遠くにも山々が見えていたが、どの山か判らなかったので写真だけを撮る。
後で調べた結果、斜里岳、俣落岳、尖峰、武佐岳などが見えていた!!
 (写真はクリックで拡大します)

   温根内駐車場から見た釧路湿原(1月3日)

Img__3

   釧路湿原の反対側には阿寒の山々

Img__4

   釧路湿原の奥に見えた山々

Img__5

これらの山々を見た後はノンストップで鶴居村のサンクチュアリへ向かう。
到着すると、すでに車が何台か止まっていて、凄いカメラを持っている人達が鶴を待ち構えていた!!
しかし、そこにいたのはタンチョウ鶴ではなくカラスの群れ・・・・・
せっかく、ここまで来たのにこんな状況とは、、、と、少し考え、あっさり諦める(^_^;)

ここは違う場所に行ってみようと、いう事で鶴見台へ向かう。
車は4台止まっていて、周りを見ていると、タンチョウ鶴は少ないが何羽か居た!!
カメラと三脚を用意して柵のある所まで行く。
そこで写真を撮っている人達のカメラ及びレンズは凄い良い物で、自分のカメラでは恥ずかしかったが、その人達の横で撮影する。
初めは少ないなぁ~~と思ってたら、次から次へと飛んで来て、目の前に凄い数のタンチョウ鶴が・・・・・
これはラッキーと思い写真を撮るが、望遠レンズを使用しても迫力ある写真が撮れなかった!!
でも、これは仕方ない!!と、開き直り撮ってみました。

   鶴見台でのタンチョウ鶴

Img__6 Img__7 Img__8 Img__9

   

しばらく見ていたが、観光バスが止まり多くの観光客がゾロゾロと降りてきたので、その人達の為にすみやかに撤退する・・・・・
鶴は見飽きたので、釧路湿原へと向かう!!
続きは後編にて、、、

| | コメント (0)

2008年1月 1日 (火)

2008年 元旦

新年あけましておめでとうございます

今年は昨年より活動範囲を広げ、皆様に楽しんでいただけるブログを目指そうと思いますので、どうぞ宜しくお願いします。

   2008年1月1日 AM8:08撮影

Img_2008

初日の出を見る計画は年末から考えていたのだが、29日に降った大雪のため、場所に悩む・・・・・
色々考えた結果、大樹町の晩成温泉付近から初日の出を見る事に決定!!
事前に天気予報も確認したが、晴れ予想という事で、年が明けてすぐ寝る。
朝、4時30分頃起き、5時には出発する。
途中、候補の中にあった忠類の丸山展望台を通り過ぎ、晩成温泉に向かう。
後から判った事だが、、、山仲間のパパチャリさんが独占?していたらしい。

パパチャリさんのブログはコチラ↓ 
 
http://blogs.yahoo.co.jp/taketaka47/52821366.html

忠類から晩成温泉へ向かうと、車が増えてきて、ついて行くと、、、予想は当たり、皆、晩成温泉へ向かっていく・・・・・
晩成温泉の駐車場はとても賑わっていて混雑していた、、、
目的は初日の出だったので、晩成温泉下の海岸沿いに下りて車を止める。
海岸沿いにも車は止まっていて、周りも少し明るくなりかけてた!!
良く見ると遠くまで人がいて、初日の出はいまか今かと待っている様子。
ここからは写真をまじえて紹介します・・・・・
写真はクリックで拡大します

   日の出前の晩成温泉

Img_2008_2

   周りには初日の出を待つ人達が、、、

Img_2008_3

周りが少しづつ明るくなり、もうすぐかな?と待ってみるが、、、海は波が高くてテトラポットに乗り上げ、車にかかりそうになり、車とカメラを下げる。
空には厚い雲がかかっていて、日の出時刻を過ぎても太陽は顔を出さない・・・・・
周りの人達も諦め、帰っていく始末、、、
ここにいても仕方ないので、近くのホロカヤントーへ向かう。
初日の出がダメなら南日高の山でも、、、と、思い行って見るが霞んで見える状態!!
南日高を見ているその時、、、空が明るくなってきた・・・・・
もしかしたら太陽が出るかな?と期待してみたが、雲が邪魔していて見えない

Img_2008_4

初日の出はおいといて南日高の山々を撮影する。
見渡すと海岸側から広尾岳、楽古岳、オムシャヌプリ、野塚岳、トヨニ岳、ピリカヌプリ、ソエマツ岳まで見えた!!

Img_2008_5

   トヨニ岳、ピリカヌプリ、ソエマツ岳をズーム

Img_2008_6

日が当たりだし、広尾岳、楽古岳、オムシャヌプリ、野塚岳が綺麗に見える

Img_2008_7

明るくなってきたのが7時35分頃だったが、太陽はしばらく顔を出さなかった・・・・・
ところが、南日高の山々を撮影しながら見ていたら、、、7時51分頃、太陽はついに顔を出してくれた!!
諦めかけていただけに見れた事は嬉しかった!!
さて、今年は天気に恵まれるのだろうか???

   7時51分頃、太陽が顔を出す

Img_2008_8

とりあえず、最初の目標は達成できた。
今年は道東以外の山も登ろうと思っているが、それはかなうか? それとも夢になるのか?

| | コメント (2)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »