« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月30日 (火)

紅葉のオンネトー

最近、忙しくて更新が遅れてました・・・・・

オンネトー付近のキャンプ場は意外とひっそりとしていたので、紅葉の良い場所を探す!!
この辺にはカメラを持った人も多く、風の影響を受けにくい場所もあるので、紅葉スポットとしては良い場所である。
しかし、雌阿寒岳の頂上には強風が吹いていたので、オンネトーの湖面も揺れていてなかなか良い写真が撮れない・・・・・
それでもポイントを探して何枚か撮ってみるが、曇っていたので鮮やかな色にはならなかった、、、

写真撮影日 2007.10.14  オンネトー

   オンネトーの紅葉

Img_1014 Img_1014_2 Img_1014_3

ここからは湖畔沿いの道路を歩いて野中温泉へと向かう・・・・・
しかし、予想どおり混雑していて、車に注意しながら歩く。
湖畔沿いを見てると、写真を撮っている人、優雅に絵を描いている人、家族、恋人で来ている人達など様々である。
雌阿寒岳、阿寒富士は見えているものの、曇りの天気がちょっと残念、、、
湖面は風があるので、静かな湖面を撮るのは諦め、紅葉を撮る。

Img_1014_4

やがて、オンネトーの中心付近のスポットに到着して通り過ぎようとした時???
いきなり、山ちゃりさ~~んとHNで呼ばれてビックリし、ふと見ると、、、何と、山仲間のパパチャリさんが家族で来ていて、偶然に出会った!!
家族の人達にも挨拶し、再び野中温泉へと向かう。

パパチャリさんのオンネトーはこちらです↓

http://blogs.yahoo.co.jp/taketaka47/51581278.html

Img_1014_5

オンネトーを過ぎると坂道が続くのだが、疲れが出てきて思うようにはペースが上がらない、、、
途中、錦沼で一休みして無事、野中温泉付近に止めた車に戻る。
温泉は目の前だったので、軽く食事をしてから野中温泉に向かう、、、
パパチャリさんも来ると言っていたが、先に入っていて、こちらの方が遅かったみたいだった・・・・・
しかし、あの混雑の中で偶然に会うとは凄い事であったが、次の日、会社でその話をしていたら、同じ日にオンネトーに行っていた人がいて、時間がちょっとズレたため合わなかったという事らしい、、、
皆、考える事は同じなのかな???と思った旅でした・・・・・

| | コメント (4)

2007年10月20日 (土)

阿寒富士~オンネトー

強風の雌阿寒岳から阿寒富士へ向かう。
阿寒富士には団体さんが登っていたらしく下山しているのが見える。
阿寒富士は前回来た時には曇っていたので諦めたが、今回は風以外問題はなさそうなので期待して行く・・・・・

写真撮影日 2007.10.14  阿寒富士~オンネトー下山コース
                (写真はクリックで拡大します)

   雌阿寒岳からは阿寒富士の全容が見える

Img_200710

雌阿寒岳から中間のコルに着いた時には団体さんが休憩していて、挨拶をしながら阿寒富士へ登る。
写真を見ての通り勾配がきつい山なので、近い割には時間がかかった!!
約1時間10分で雌阿寒岳から阿寒富士頂上へ到着!!
雌阿寒岳ほど風も強くないので、ここでやっと一休みする・・・・・

Img_200710_2

頂上からは雌阿寒岳、雄阿寒岳、フレベツ岳などの山が見えるが、オンネトーは頂上から少し歩いた所から見る事ができた。

阿寒富士頂上付近から見たフレベツ岳(左側の山)

Img_

頂上付近を見渡すと何やら無線をしている人が・・・・・
その人の近くでパンとバナナを食べて休憩する。
やがて無線機を片付け下山準備をしていたので一声かけて話をすると、大阪からはるばる北海道へ来たらしく、11月の初め頃まで道内を旅すると言っていた。
更に話を聞いていると沢登りもするらしく、日高の山も登られているという凄腕の人でもあった。

阿寒富士頂上から雌阿寒岳と遠くに雄阿寒岳

Img_200

下山は大阪の人より少し先に下りる。
先程出会った団体さんは雌阿寒岳に登っている様で、こちらが分岐に到着した時には頂上付近を歩いていた、、、
帰りはオンネトーコースを通るので、雌阿寒岳には登らずにここから下りていく。

Img_200710_3

途中からはオンネトーが見えた!!
その付近で休憩する人達も多く、ここで何人か追い越す。

Img__2

5合目から下は森林の中に入り、紅葉を見ながら楽しみたい気分だが、登山道からはなかなか良い紅葉が見れず、3合目付近でちょっと見れた程度だった、、、
帰りの心配も少しあったので快調に下山し、阿寒富士から1時間35分で登山道入口へ出る。

3合目付近の紅葉と登山道入口(オンネトーコース)

Img_200710_4 Img_200710_5

ここはキャンプ場という事もあり賑わっていた!!
しかし、ここからオンネトー周辺道路を歩くか?またはオンネトー周辺を歩くか?迷ったが山と紅葉が見れる周辺道路に進む・・・・・

オンネトーの紅葉はどうなっているのか???

| | コメント (0)

2007年10月19日 (金)

秋の雌阿寒岳

10月に入ると紅葉前線は下の方まで下がってきて、道東方面では見頃の時期だが、昨年、紅葉は見たが登らなかった雌阿寒岳と阿寒富士に行く事にし、早朝、帯広を出発する。

足寄町に入ると雌阿寒岳が良く見えるのだが、、、雌阿寒岳周辺は何故か曇っていて、ちょっと不安ながらもオンネトーに向かう!
途中、オンネトーに直接向かう道路があるが、前に走っていた車はオンネトーに向かって行った・・・・・
それを見て混雑しているんだろうなぁ~~と思いながら国道を走り、途中から右折し野中温泉へ向かう。
野中温泉には8:00頃到着したら駐車場にはテントがあり、一泊した人がいる様だった。
他にも車があったが、中にはいなかったので出発したようで自分も準備をする。
自分が準備していると続々と登山者がやってきて、山の人気ぶりが伺える。
軽く食事を済ませ登山道入口に着いたのは8:40頃で団体さんが登山届けを記入している所だった。
自分はその団体さんの後からスタートする。
その時、上は曇っていたが、、、期待して出発した!!

写真撮影日 2007.10.14  登山道入口~雌阿寒岳
               (写真はクリックで拡大します)

野中温泉側登山道入口  フップシ岳を見ながら登る

Img_200710 Img_200710_2

3合目を過ぎると視界も開けてきて4合目あたりからオンネトーも見えてくる。
五合目あたりからは風が冷たく、長袖を着て登っていく。

雌阿寒岳からオンネトー  雌阿寒岳から見える紅葉

Img_2 Img_2007

風は強いのだが頂上付近の雲は動かず、晴れてくれ~~と願うが、時々晴れて見える活火山の山肌には凄いものを感じる。

Img_200710_3

8合目付近からは強風になり、噴火口から出ている煙がこちらに流れてきて頂上は良く見えない!!
地面には霜柱が立っていて、まるで冬の寒さである、、、
上から女の人が急いで降りてきてさっさと降りていった・・・・・
突風の中を低空姿勢で気をつけて登り、2時間05分で頂上に到着する。

霜がついてるハイマツ       雌阿寒岳頂上

Img_200710_4 Img_200710_5

突風のため頂上には居れず、足早に阿寒富士へと向かう!
風がなければ阿寒湖と雄阿寒岳が綺麗に見えるのだが、こんな天気では無理かなと思いながらも何枚か阿寒湖を撮る。
何とか撮影できたのがコレです↓

Img_2007_2

雌阿寒岳には青沼と赤沼という二つの沼があり、火口付近にあるので頂上まで登らないと見えない!!
赤沼はシミみたいに見えるが、青沼は綺麗に見えた。

Img_

阿寒富士を見てると、、、どうやら団体さんが登っていたようで、下山して来るのが見えた。
雌阿寒岳頂上付近は足が滑りやすく、慎重に降りて行く、、、
阿寒富士をバックに青沼と赤沼を撮る。

Img_200710_6

この後は阿寒富士へ・・・・・

| | コメント (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »