« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月30日 (日)

秋の芽室岳

今回、登るきっかけを作ってくれたのは、昔、帯広に住んでいたコンブさん(現在は屋久島在住)夫婦が2週間、北海道旅行している合間に、皆に会うために山登りを計画してくれ、これに参加させて頂く事にした・・・・・

芽室岳は一度、行っているが、秋では無かったので紅葉を楽しみに家を出発する。
待ち合わせは7:00であったが、早く目が覚めたので、、、6:25分頃登山道入口へ着いた!
何台か車が止まっていたが、知っている人は居なかったので車で休んでいた!
その後、すぐに同じ帯広のABOさんが来たので、挨拶し話をしていた。
7:00頃にはぞくぞくと車が入ってきて、コンブさん夫婦(ダンナは初対面)に出会った!
するとコンブさんからU-CANさんとKanaさんが来てるよ!!と、言ったので周りを見るが姿が見えないので聞くと、早朝から沢登りで出発したそうであった。
すると、、、いつも同行している登山犬の海(カイ)君は???と、聞くと、何と車の中から海(カイ)君が出てきた!!
芽室岳頂上でU-CANさんとKanaさんに合流するという事で、集まったメンバーは何と12人+登山犬カイ君という豪華な山登りとなった。

写真撮影日 2007.09.23  芽室岳(写真はクリックで拡大します)

皆が準備をしている時、静かに待っていた???海(カイ)君

Img_

                                       

                          先頭は女性人達だがペースが速く、自分は途中でバテる、、、(ーー;)
どうしても追いつけないので、マイペースで登らしてもらう。
団体行動なので時々休憩も取ってくれたので、何とか頑張る!
稜線上を登っていると木々の隙間からは、紅葉した西峰が見えた!!

Img_200

更に登っていくと芽室岳の方も紅葉していて写真を撮る。

Img_2007

やがて西峰か本峰に向かう分岐に到着するが、西峰には寄らない、、、と、いう事で本峰へ向かう!!
この辺まで来ると展望も素晴らしく、十勝連邦、表大雪、東大雪の山々が見れた!!

Img_2007_2

芽室岳の頂上が近くなると西峰の素晴らしい紅葉が見えた!!

Img_200709

約3時間で芽室岳頂上に到着する。
先に出発したU-CANさんとKanaさんはまだ来てないみたいなので、鍋係のパパチャリさんが石狩鍋の準備をする。
他の人達は軽食を取ったり、話で盛り上がったりで二人が到着するまで山頂でゆっくりしていた。
海(カイ)君も頂上に着いた時は周りを見渡していたが、、、飼い主が見あたらないのでハイマツの中に隠れて寝ていた・・・・・
人間の年に換算すると70歳くらいだというので、静かに休ませていた。

十勝連邦、表大雪、東大雪の山々を見ている???海(カイ)君

Img_

この日の天気は快晴に近く、遠くには夕張岳、芦別岳、雌阿寒岳、阿寒富士などが見えた!!
これも皆さんの晴れパワーのせいなのか判らないが、360度のパノラマ状態だった。

西峰の奥の方には夕張岳、芦別岳が見えていた

Img__2

もちろん日高の山々も見えていて、遠くの方では多少雲がかかっていたが、これだけ見えれば贅沢は言えない程の展望だった!!

   芽室岳から日高の山々

Img_200

   ピパイロ岳、1967峰付近をズーム

Img_19672

休んでいる時、コンブさんの携帯にメールが入る。
すると寝ている海(カイ)君が起きだし吠えた!!
犬の鼻は遠い所からでもニオイが判るのは知っていたが、隣の西峰に近づいただけで判るとは、、、さすが登山犬???
石狩鍋も無事に完成し皆でおいしく頂いた。
やがて、U-CANさんとKanaさんが到着し、一番喜んでいたのは、、、もちろん海(カイ)君だった!!
二人とも石狩鍋を食べて全て完食した。 その後は皆で記念撮影をした!!
皆のカメラで撮ったので、ちょっとした撮影会?の様だった。

   皆で記念撮影

Img__3

頂上に3時間近くいたが、全員揃ったので下山開始する。
下りは遅れる事も少なく、順調に登山道入口へ到着!!
その後、現地で解散し、パパチャリさん、トシさんと一緒に芽室の温泉に行き、汗を流して帰宅した。

今回、同行させていただいた人達のブログです。

トシさん http://blog.goo.ne.jp/toshi-chappy/e/fed0b062a12f037b63b3a72618b3510a

パパチャリさん  http://blogs.yahoo.co.jp/taketaka47/51248368.html

コンブさん http://blog.goo.ne.jp/ya-yan-konbu/e/2f7ea7a548e349a76127e8abeee6d691

U-CANさん http://43zu5.blog95.fc2.com/blog-entry-70.html

Kanaさん(カイ君ブログ) http://ka1kun.blog113.fc2.com/blog-entry-39.html

| | コメント (8)

2007年9月27日 (木)

銀泉台~赤岳~白雲岳非難小屋 後編

前編からの続きです・・・・・

赤岳頂上で休んでいる人は結構いたが、、、白雲岳方面に向かう人はいなかった・・・・・
とりあえず、ここで軽く食事をし、写真を何枚か撮って、それから白雲岳方面に向かった!!

赤岳からは標高NO.1~No.3までの山々が見える!!
左から白雲岳(2229m)、旭岳(2290m、中央の高い山)、北鎮岳(2244m、右側)

Img_2007

   白雲岳方面に向かうと旭岳も大きく見えてくる

Img_2

旭岳をちょっとズームで、、、(左:後旭岳 中央:旭岳 右:熊ヶ岳)

Img_200

   小泉岳付近から桂月岳と黒岳

Img_200709

   白雲岳付近から緑岳方面

Img_200709_2

白雲岳には寄らずに白雲岳非難小屋へ向かう。
トムラウシ、十勝連邦には残念ながら雲がかかっていたが、他の山々は見る事が出来た!!

Img_200709_3

白雲岳非難小屋付近ではクモイリンドウがまだ咲いていて見る事が出来た!
管理人とも話をしたが、誰もいなかったので色々と情報を聞く。
管理人に挨拶し下って行くとキタキツネが食事中(餌はバッタ?)で、近づいても黙々と食べていた、、、

クモイリンドウ(左)とキタキツネ(右) クリックで拡大します

Img_200709_4 Img_200709_5

白雲岳非難小屋から下って大きな雪渓を渡るのだが、雪渓は小さくなっていて最短路は沢になっているので、ちょっと遠回りする。
緑岳側の分岐に上がり、小さくなった白雲岳非難小屋を見渡す・・・・・

遠くに後旭岳と旭岳、目の前には白雲岳と小さく見える白雲岳非難小屋

Img_200709_6

分岐から小泉岳頂上→分岐→赤岳に戻るが、合った人は二人だけだった、、、
ゆっくりしてたので、赤岳付近に到着したのは午後三時近く、、、
どうりで人に合わないわけだ!・・・と、思い急いで下山する。

   下山前、赤岳周辺を撮る

Img_200709_7

下りは辛い所がないので順調に下っていくが、見るのは鳥とシマリスのみ、、、
銀泉台付近に来たら駐車場が見えてきて、林道を車が2台走って行くのが見えた!
このまま、駐車場まで誰とも合わないのかなぁ~~~と、思って歩いていると、、、銀泉台の写真を撮っている人に会い、ちょっとホッとした!
その人に挨拶し、銀泉台の展望が良い場所付近ではナキウサギの鳴き声が聞こえたが、姿は見る事が出来なかった、、、
少し暗くなり始めた頃に駐車場に到着!
止まっているのは自分の車のみ、、、(^_^;)
あれ、さっきすれ違った人の車は???って探してみたら、登山届けする場所の奥に一台止まっていた!
どうやら関係者らしいのだが、自分の車が止まっていたので心配して待っててくれたのか???は別として、秋を感じさせる花と紅葉の山登りだった。

| | コメント (0)

2007年9月24日 (月)

銀泉台~赤岳~白雲岳非難小屋 前編

今年は残暑もあり、紅葉はまだ早いかな?、、、と、思い西クマネシリを目指して出発しましたが、、、三国に到着してみるとガスがかかり真っ白・・・・・

そこで三国峠の頂上まで行き周りの山々を確認するが、、、西クマネシリは頭だけしか見えない!、、、次に、ニペソツ山を見るが頂上は見えているが、雲がかかっていて不安になる。

ここで、紅葉は早いが銀泉台から赤岳に登り、表大雪からの展望を見よう!に変更し銀泉台へ向かう!!
銀泉台は見事な快晴で、展望が期待できそうだった・・・・・

写真撮影日 2007.09.02 銀泉台~赤岳頂上
               (写真はクリックで拡大します)

   銀泉台入口と赤岳登山道入口

Img_200709_3 Img_200709_4

   9月2日の銀泉台

Img_0902_2

銀泉台付近からは北大雪(ニセイカウシュッペ山、比麻良山、平山、屏風岳、武利岳、武華山)の山々などが見えた

Img_2007

銀泉台から赤岳の間は花も観れ、紅葉と花を観ながらの登山となる。

   チシマノキンバイソウ     ヨツバシオガマ

Img_200 Img_200709_5

                                     

                                     

   エゾウメバチソウ      ミヤマリンドウ

Img_200709_6 Img_200709_7

  

                      

                   

                        

   エゾウサギギク       チシマアザミ 

Img_200709_8 Img_200709_9

                     

この他にはハイオトギリ、タカネトウウチソウ、ミヤマサワアザミ、アキノキリンソウが咲いていた。
コマクサ平を過ぎてから、ある夫婦がずっと花を観ていたので、何の花かな?と、思ったらクモイリンドウが咲いていて少ないながらも見る事ができた!!

赤岳頂上が近づくとウラシマツツジの紅葉が見れた!!

Img_200_2

途中、登りでバテたが、銀泉台から2時間30分で赤岳に到着する。

   赤岳頂上

Img_200709_10 Img_200709_11

   

                                            後編へと続く・・・・・ 

| | コメント (2)

2007年9月 8日 (土)

阿寒&釧路の旅

お盆休みに友人と久々に会い、自分は行った事があるが、友人は行った事がない、、、と、いう事で阿寒、釧路を旅してきました!!
人気のあるスポットばかりなので、人は多かったが天気には恵まれ、素晴らしい展望を見る事が出来た。

写真撮影日 2007.08.15(写真はクリックで拡大します)

帯広を出発し足寄町を通り、雌阿寒岳、阿寒富士を見ながら阿寒湖を通過する。
やがて道は分かれるので摩周湖方面へ進む。
上り坂を登っている途中に双湖台という展望台があり、ここで一休みする、、、
ここからはペンケトゥとパンケトゥの湖が見渡せるが、パンケトゥはごく一部しか見えず、ペンケトゥに関しては見る事が出来る。
ここから更に登って行くと双岳台という場所があり、雄阿寒岳が良く見えるのだが、そこから少し下がった所からは雌阿寒岳、阿寒富士も見れるスポットがある。
ただし、道路は狭いので車に注意して見る必要はあるが、、、(^_^;)

   阿寒富士、雌阿寒岳と雄阿寒岳

Img_200708

弟子屈町に入ると摩周湖第一展望台への標識があるが、こちらに向かわず国道243号線に入る。
しばらく国道243号線を走ると、左側に885号線が見えてくるのでここを左折する。
885号線を走っていると、左側に牛の文字を描いた山があり、養老牛に着いたら150号線に左折して入る。
どうやら牛の文字を描いている山は養老牛という場所を示しているみたいで北海道らしいのかは???

やがて、裏摩周展望台へ到着するが、ここを直進して1115号線へと入る。
やがて左側に神の子池入口の林道があり、ここに入る。
何年か前に来た時はそんなに混んでなかったのだが、旺文社から出ているツーリングマップルに載ったせいなのか判らないが、出入りが多かった・・・・・
尚、この林道は狭いのですれ違うのも大変なので、ゆっくりと走る。
神の子池をゆっくりと見ていたが、人も多くて落ち着かなかった。

   神の子池の標識と池付近で泳ぐオショロコマ

Img_ Img__2

                                        

        神の子池

Img_200708_2

   

ここからは来た道を戻る・・・・・
裏摩周展望台に寄り摩周湖を見るが、木々が邪魔していてすっきりとは見えないが、天気には恵まれ、霧がかかる事は無かった!!

裏摩周展望台から見た雲の中の斜里岳(左)と摩周岳と摩周湖(右)

Img_2 Img_200708

                          来た道を戻り、150号線→885号線→国道243号線へ入る。
帰りは釧路湿原を通るという事で、1040号線へ左折して入る。
磯分内で国道391号線に入るが左折して釧路湿原へ向かう。
しばらく国道391号線を走り、塘路湖を通り過ぎ、細岡展望台入口で右折し、細岡展望台で釧路湿原と阿寒の山々のセットを見る!!
釧路湿原は何回か来ているが、阿寒の山を見れたのは初めてで、しばらく見ていたかったが、人が多いので足早に去る、、、

   細岡展望台にある標識

Img_

   釧路湿原と阿寒の山々

Img__2

帰りは遠矢付近から入る湿原道路に入り、釧路の町の中を通らずに大楽毛に出る。
後は、国道38号線に入り帯広へ帰った。
山は登らなかったが、長距離運転で疲れてしまった山ちゃりであった・・・・・

| | コメント (2)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »