« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月23日 (木)

旭岳~中岳分岐~裾合平 後編

前編からの続きです・・・・・
無事に登山道に戻り、安心したので花を観ながら歩く。
分岐点に行くまでにも楽しめた(景色以外は・・・)!!

   エゾウサギギク        ホソバイワベンケイ

Img_200708 Img_2007

                                    

   

ユキバタカネキタアザミ       エゾイワツメクサ

Img_2 Img_200708_2

                        

これらの花を観ながら分岐点に到着!!
今回は中岳分岐に行くので北鎮岳方面に向かう。
やがて、どこが頂上か判らない間宮岳に到着する。

Img_200708 Img_200708_3

                                          

間宮岳周辺はクモマユキノシタが目立った。
道は歩きやすく中岳分岐に到着する。
ここで裾合平方面に向かう!!

Img_200708_4 Img_200708_5

                         

ここからはずっと下りで高度を下げていく。
花はチシマギキョウ、ゴゼンタチバナ、エゾノマルバシモツケが咲いていて、これらを観ながら中岳温泉に到着する。

Img_200708_6 Img_200708_7

                        

ゆっくり温泉につかりたいところだが、最初の北鎮岳分岐に向かう所から誰にも合わず、温泉にも人がいないので、自分以外は誰もいないし、熊が付近に来たら危ないので、足風呂ではなく、手首だけ温泉で暖める・・・・・
ここまで来れば裾合平は近いので、不思議と元気が出る。
中岳温泉からは沢沿いを歩くが、沢沿いにはエゾノリュウキンカが見事に咲いていて、それを観ながら裾合平へ出る。
裾合平には花が咲き乱れ、観ながら進む。
途中、愛山溪温泉から来る分岐に合流し、旭岳方面に向かう。
この辺から所々に木道があり、歩いていると前に三人歩いていたので、緊張の糸がほぐれ、急にゆっくりペースとなる。
ガスがかかった状態で一人しか居ない時の緊張感は何ともいえないが、熊に合わなかっただけでも良かった~~と思った!!
緊張のためか?花の写真も失敗したが、色々な花が観れた。

  エゾノリュウキンカ        ヨツバシオガマ

Img_2007 Img_200708

   

                                       

   エゾコザクラ        ミヤマアキノキリンソウ

Img_200708_2 Img_2

   

                                           

   ミヤマサワアザミ       エゾオヤマリンドウ

Img_200708_3 Img_2007_2

                          この他にはミヤマリンドウ、イソツツジ、チングルマ(一部分のみ)、ウコンウツギ、ジムカデなどが咲いていた!!
天気が悪かったので花狙いだったが、他の人達は黒岳石室か白雲岳非難小屋に向かったようで、、、あの広い場所を独り占め出来たのは良いが、さすがに怖くなって鈴とラジオを鳴らしながらの長い旅でした。
裾合平で出会った三人は登山道を管理している方だったので、結局、登山者とは分岐以降、誰とも会わなかった珍しい山行となった・・・・・

| | コメント (2)

2007年8月21日 (火)

旭岳~中岳分岐~裾合平 前編

今年のお盆休みは4日あったが、用事が色々とあり、山に行けるのは12日しかなかったので朝早く出発する。
最初の予定は十勝連邦であったが、富良野に着いてみると山の上の方は厚い雲がかかっていた!!
芦別岳、西富良野岳も雲の中・・・・・
天気予報では晴れるはずなのだが、十勝連邦は諦め、表大雪方面に向かう。
天人峡付近に来ても上は雲がかかっていて、旭岳ロープウェイに乗るまでには晴れなかった!!
姿見の池まで来てもガスで真っ白だった!!

写真撮影日 2007.08.12 旭岳~中岳分岐~裾合平
               (写真はクリックで拡大)

   ガスの中を標識を見ながら登る

Img_ Img__2

                          ガスと強風が吹く中、無事に頂上へ到着!!
頂上には20人近くの人達が休んでいた。
ここで軽食をとり少し休む。

旭岳の頂上(三人が立っている所)と北海道No.1を記載した地点

Img__3 Img__4

   

                    風が強いので落ち着かず、旭岳から間宮岳へ向かう。
頂上付近にはメアカンキンバイが咲いていて、トンボが強風のためじっとしていた!!

Img_8 Img__5

                         相変わらず視界はないので、花を観ながら進む。
途中に分岐(表示なしで左に入る)があるが、ここは直進する。

   イワブクロ            チシマギキョウ

Img_200708 Img_200708_2

 

                     

   チシマクモマグサ        チシマツガザクラ

Img_200708_3 Img_200708_4

  

                                    

一瞬だけガスが消え、周りを見ると上の方で休んでいる人達が見えた!!
でも、すぐにガスがかかり、また真っ白の世界になる・・・・・
旭岳を下って登りにさしかかり、休憩している人達に追いつく。
二人の人達はすぐ行ってしまったが、縦走装備で弁当を食べている人に道を聞かれたので色々とアドバイスをしながら話を聞くと、その人は埼玉から来たらしく黒岳石室まで行くと言うので地図を見ながら説明した。
その人に挨拶して出発したのだが、、、ここで事件、発生!!!

話に夢中になった為か?勘違いして左に進んでしまった!!!
踏み跡があったので、何の違和感もなく歩いていると岩の山が・・・・・
ここで間違いに気づき、地図を見ようとするが、強風の為、風の当たらない場所に回りこみ地図を確認した!!!
すると、どうも熊ヶ岳に登っているらしく(登山道はなし)、ガスで周りは良く見えないが落ち込んでいるのが見えたので、GPSで場所を確認する。
そこにはナキウサギも鳴いていたが、遠くて良く見えず・・・・・
エゾノツガザクラとアオノツガザクラが一面に咲いていたので写真だけ撮り、GPSを見ながら間違えた場所に戻った。
参考になるとは思いませんが(笑)、GPSのトラックログを載せます。

Img_200708_5

   アオノツガザクラ       エゾノツガザクラ

Img_200708_6 Img_200708_7

                                         後編へと続く・・・・・

| | コメント (2)

2007年8月14日 (火)

富良野の旅

7月といえば、富良野では毎年恒例のラベンダーが咲く時期であるが、観光客も凄いので、、、ラベンダーのちょっとした穴場???を紹介します。

写真撮影日 2007.07.29 ラベンダー咲く富良野
              (写真はクリックで拡大します)

この日、富良野は晴れていたので山登りも考えていたのだが、十勝連邦は雲の中・・・・・
山仲間でこの日、登った人がいるが、快晴ではなかったらしい、、、

帯広から狩勝峠を越え、落合、幾寅と行くと道の駅:南ふらのがある。
国道38号をそのまま走ると山部へ向かうが、道の駅:南ふらのから、すぐ左側にかなやま湖に行く道があり、今回はこの465号線に入り、かなやま湖に向かう!!

この日、かなやま湖ではお祭りを開催していたので、人ごみも気にはなったがラベンダーの咲いているスポットに向かう!!
ラベンダースポットに着くと、すぐ近くでお祭りが、、、
しかし、混み合っているのは会場だけであり、ラベンダーは普通に見る事が出来た(^^♪

   かなやま湖付近のラベンダー

Img_ Img__2

                         ラベンダー畑を後にして、かなやまダム展望台へ向かう!!
入口は判りにくいため、訪れる人が少なく、出会ったのはバイクで来た人だけ、、、
そこから、かなやまダム全体を見渡す!!

Img__3 Img__4

                          そこからトンネルを抜けると、もう一つの入口があり、上の写真の幅狭のダム通路を車で走って行くと駐車スペースがあり、ここに車を止めてダム管理所に入る。
見学できる場所は限られているが、展示品などを見ながら見晴らしの良い屋上部にでる。
そこからは、かなやま湖と先に見てきた展望台が見る事ができる!!

   ダム管理所から見た展望台と、かなやま湖

Img__5 Img__6

                                             

   ダムにはこんな動物が・・・・・???

Img__7

                                  かなやまダムから国道237号線に入り、中富良野へ向かう。
天気が良ければ、左側に夕張岳や芦別岳が見えるのだが、雲の中、、、
中富良野から705号線に入り、晴れていれば十勝連邦が見える羊ケ丘ラベンダー園へ向かう。
ここはキャンプもOKという事もあり、テン泊している人達もいた。

   羊ケ丘ラベンダー園のラベンダー

Img__8Img__9

                          まだまだ見たかったが、明るい内に帯広へ向かう。
帰りは253号線、国道38号線というルートを走る。
253号線からは少しだけ十勝連邦を見る事ができた!!

Img_20070729

この時期は観光客が多く、道路も混雑しているのだが、取り締まりもしっかりやっているので、安全運転で走りましょう!!!

| | コメント (2)

2007年8月 1日 (水)

ユニ石狩岳②

もう8月ですが、、、(^_^;)

7月15日にユニ石狩岳へ行って来ました!!
ここは2回目だったので迷うことはなかったが、天気には見放され展望はわずかしか無かった、、、
それでも花に関しては予想以上に見れたので、展望無しでも両手に花??があったので、外れではなかったが展望が見たかった・・・・・

写真撮影日 2007.07.15 ユニ石狩岳
        (写真はクリックで拡大します)

登山道入口から見た時は晴れていたが・・・・・

Img_200707

ユニ石狩岳で観れた花々

   ゴゼンタチバナ            ツマトリソウ

Img_200707_2 Img_200707_3

                                                      

                                                  キバナノコマノツメ        ミヤマタネツケバナ

Img_2007 Img_2007_2

                                     

                   チシマヒョウタンボク         イワブクロ

Img_200 Img_200707

   

                         

                            

   エゾツツジ           コマクサ

Img_200707_2 Img_200707_3

   

                        

花の他に、ここはナキウサギが見れる場所???と、いう事で探してみるが、、、泣き声は少ししか聞こえず、ユニ石狩岳頂上まで会えなかった・・・
頂上で休んでいた1組の夫婦の人達に聞いたら、ナキウサギを見ましたよと、言った!!
話がはずんで約1時間頂上で待っていたが、、、ガスは晴れない・・・
その内、何人か登って来たので、挨拶を交わしその夫婦の人達と一緒に下山する。
夫婦の人達は、帰り花の写真を撮っていくので、、、と、言うので先へ行かせてもらう。
帰りはナキウサギの居そうな所を見ながら下山するが、姿が見当たらない・・・
今日はダメかな???と、思いながらも岩場を見ていたら、、、あっ!居た!
岩場の上に鳴かずにじっと何処かを見ていた・・・・・
急いでカメラのシャッターを切り、捉える事は出来たが、こちらに気がつき隠れてしまった、、、
それ以降は出てこないので諦めて下山する。

何とか撮れたナキウサギと拡大したナキウサギ

Img_200707_4 Img_200707_5

                          ナキウサギも観れたので、後は展望だったが、上はガスっていたのでダメだったが、降りると晴れていて、北大雪と表大雪の山々は何とか見れた!!

   残っている雪渓と北大雪の山々

Img_

   表大雪の山々(左:白雲岳から右:黒岳)

Img_2007_3

今回は展望は一部のみであったが、、、花が十分観れたので良かった!!
次回、来るときは花と展望とナキウサギのセットで観てみたいものである。

| | コメント (4)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »