« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月29日 (水)

帯広市内のイルミネーション

クリスマスが近くなると帯広市内のあちこちでライトアップされ、冬の楽しみの一つでもある。
先週末、帯広駅の南口と北口のライトアップと自衛隊入口前のライトアップを見て来ました!!
昨年と基本的には変わってませんが、一部だけは変わっている所もありました。
写真でもある程度楽しめると思うので、雰囲気だけでも味わってみて下さいね。(^^ゞ
  写真はクリックで拡大します。

帯広駅北口前のライトアップ

Img_1125no2 Img_1125no1

                        北口にある平原のルキア

Img_1125

                             

                

                         

                                         帯広駅南口前

Img_1125_1

                                                                                                     

                                                                                                          今年、開館した帯広図書館

Img_1125_2

ここで帯広駅付近から自衛隊入口前に移動する。
この場所では昨年もライトアップされていたが、昨年とは少し違っていた!!

   自衛隊入口前

Img_1125_3

   左側をズーム          右側をズーム

Img_1126no1 Img_1125no2_1

                                                      

他の場所でも探せば良いスポットがあるかもしれませんが、、、
今回は大まかな感じで紹介させていただきました(^_^;)
この他に素晴らしいのが見つかったら改めて紹介したいと思います。

| | コメント (0)

2006年11月26日 (日)

カシミールの地図にない道 後編

前編からの続き・・・(写真はクリックで拡大します)

Photo

地図が前編と重なってますが続きです・・・(^_^;)

幕別ダムの標識を見ながら上って行くと、今回の一番高い標高約170mに着きます。
そこを少し先に行くと日高山脈から東大雪まで見渡せるポイントがあります。(地図に明記)
ここで一休みして山々が晴れるのを待ちましたが、予報どおりにはいかず雲がかかっていた・・・

標高170mをGPSで確認

Img_170m

                                                   

幕別町、豊岡でMTBと記念撮影^_^;

Img_mtb1119

                                                   

この時、晴れていたのは芽室岳周辺だけ・・・

Img__326

                               

幕別町、豊岡に出来た新しい道路(左折)

Img__327

Img_no350000_1 Img_no325000 

幕別町、豊岡からの新しい道路は丘に沿って緩やかな道を走っていくが、その先は上の地図に書いてあるように低山の中を下っていく。

下りていくと503号線へ分岐する。
ここを直進する。

Img_11_1

  

ここを直進するとまた交差点があるがここも直進する。

Img__328

                                     坂を上がると明野が丘公園入口の標識が見えてくる(左折)

Img__329

                               

   明野が丘公園入口

Img_1119_3

                             

                               

                                                      MTBとピラ・リ                冬はスキー場Img_1119_4 Img__330

                        

   明野が丘公園のモニュメントのピラ・リ

Img_1119_5

   ピラ・リから十勝連峰をズーム

Img_11_2

明野が丘公園からは十勝連峰よりも日高山脈の方が良く見えるはずだが、この日は山の上には雲がかかっていて日高の山々は雲の中でおまけに日が当たっていてよく見えない・・・
それに比べ真っ白に雪化粧した十勝連峰は逆に良く見えた??
いつか山が晴天の時に来て見たいが、多分スキー場に変身しているので無理かな・・・^_^;
景色を堪能した後は、来た道をMTBで帰りました!!
来年でも元気のある人は走ってみて下さい。

| | コメント (0)

2006年11月23日 (木)

カシミールの地図に載っていない道 前編

山登りをする人が愛用しているカシミール3Dは、初版が2002年4月発売なので、もう4年以上経過しているため新しい道路は当然載っていない・・・・・
北海道の地区それぞれの地図も販売されているが、十勝地方専門の地図(2005年版)にも新しい道路が載っていないので、新しい道路を自転車で走って見て来ました。
この道路は山には関係ないですが、、、役に立てば良いかな~~と、いう事で近くに来られた時は参考にしてみて下さい。

写真撮影日 2006.11.19 帯広市~幕別町(写真はクリックで拡大)

Img__324 Img__325

道路は上り坂になっている

Img_1119no1

                                                 

坂道を上がると直線道路が続く

Img_1119no2

                               

左側を見ると幕別温泉、緑館が見える

Img_1119no2_1

                              

                                      

上ってきた道を振り返ると日高山脈が見えるが、この日は雲が多くて良く見えなかった。
幕別温泉、緑館方向からは白鳥が群れで飛んできた!!

Img_1119

N Photo_2

新しい道路は畑を見ながらの直線道路になっている。
途中の畑では白鳥が集まっていて、餌を探しているように見えたが、十勝川ではまだ人が少ないので餌が足りず、ここに来ているのか???

Img_1119_1

                              4枚目の地図に書いてありますが、しばらく直進すると下り坂があります。
MTBでは恐いくらいスピードが出る場所ですが、自動車でも冬道は滑りやすく危険なので注意が必要な所です!!

橋の手前でGPSの確認をして少し休憩・・・

Img_gps1119no1

                    

T字路で右(帯広空港方面)に行く

Img_t1119

                                                 

右折してすぐに幕別ダム入口がある

Img_1119_2

                             

                                 

この後、後編へ続く・・・・・

| | コメント (2)

2006年11月17日 (金)

帯広も初雪

11月16日、帯広にも初雪が降った!!
しかし、朝早く降り止んだので午前中に融けてしまった!!
この日は夜勤の帰りだったので、久しぶりの雪道運転でした。

写真撮影日 2006.11.16 帯広の初雪

   帯広百年記念館の駐車場で撮影

Img_1115no1_2 Img_1116no2 Img_1116no3

これから長~~い冬がやって来るが、子供の様に雪が楽しめればいいが、除雪作業という仕事が待っている・・・・・現実は厳しい!!(;一_一)

| | コメント (0)

2006年11月16日 (木)

朝の緑ヶ丘公園

先週末から帯広は天気が悪くて何処にも行けなかったが、15日久しぶりに晴れ間が見えたので仕事帰りに日高の山々を見ていく。
山は見えているのだが、上空に雲が架かっていて、すっきりとは晴れていなかったが写真を何枚か撮る。
十勝連峰と東大雪はぼんやりとしか見えないので見るだけ~~の状態!!
この時間だとエゾリスが見れるかな~~と、いう事で緑ヶ丘公園に向かう。
朝だと設置してあるエサ箱の所に、エゾリスがいる可能性が高いので、そこに向かう。
予想通りエゾリスはいたのだが、、、動きが早く、なかなか撮らえる事ができない、、、
何枚か追いかけながら撮ってみた!!

写真撮影日 2006.11.15 緑ヶ丘公園のエゾリス(クリックで拡大)

   雪化粧した日高の山々

Img_18mm1115 Img_18mm1115no2

                                       エゾリス

Img_1115no4 Img_1115no3

                        

                               

エゾリスを追いながら撮影していると、何やら見慣れない動物が・・・
良く見ると何故かキタキツネが近くにいた!!
こんな住宅街の近くで、まさか動物園から脱走・・・・・
そんなわけはなく、エサが無いのでここまで来たのかな??
と、近づいてみると警戒している様に見えた!!
とりあえず証拠写真を・・・と、1枚撮るとキタキツネは意外なポーズをとり、その後、何も無かったように歩いていった、、、

   偶然に見たキタキツネ

Img_1115no1 Img_1115no2

                                     

キタキツネがいなくなったので、再びエゾリスを追いかける!!
小鳥も多いが、少しの間しか止まらないし写真は無理(ピンボケ状態・・・)
しかし、この時期のエゾリスは動く、動く、とにかく動く、、、(;一_一)
それでも何枚か撮り、帰って良く見たら半分ぐらいボケてました・・・(^_^;)
なかなか前を向いてくれないエゾリスもいて、前を見ようとちょっと移動したら逃げられてしまいました・・・・・

   エゾリス

Img_1115no6 Img_1115no5 Img_1115no7 Img_1115no1_1 Img_1115no2_1

                                      

帯広もしっかり冬の気候になってきたが、エゾリスは真冬でも元気なのでちょっと羨ましかった・・・
しかし、手袋をしないとシャッターを押すのが辛いとは・・・
これからはカイロ??が必要かな!!

| | コメント (0)

2006年11月10日 (金)

東大雪の道

三国峠は晴れていたが、雲海に入って糠平湖に到着するまで曇っていた・・・
更に近くの山にも雲がかかっていて山の展望は付近の山だけ・・・・・
ここは気分を変えて道を楽しもう???と、出発地点の鉄道資料館へ到着
出発準備をして片道8Km、往復16Kmのコースへ出発する。

ここで長距離歩道とは何なのか???・・・と、いう人の為に簡単に説明します。
北海道自然歩道の予定ルートは全部で23ルートあるそうです。
その中で途中まで出来ているコースは5コースあります。
現在、出来ているコースは丘の道(南富良野町だが狩勝峠)、火山回道(長万部町)
維新の道(函館市)、松前街道(大野町)そして東大雪の道(現在は糠平湖周辺)です。

出発地点の鉄道資料館は冬の間、閉館になっていますが、駐車場は開放されているのでここに車を止める。
どんな道か判らないので、登山靴に履き替え少しの食べ物と飲み物を持って出発する。

写真撮影日 2006.11.05 東大雪の道(クリックで拡大)

   鉄道資料館

Img_115_2 Img_115no2_2

   

                          東大雪の道 スタート地点と旧国鉄時代のレール

Img_115no3_1 Img_115no4

                         最初はレール付近を歩いて行くと、やがてレールはなくなる。
右側に建物が見えるが道には関係ない!!
少し先には一般道路があり、行く時は間違って道路を歩いてゆき湖畔沿いに出て間違いに気づきました・・・(^_^;)
湖畔沿いから戻ると右手にキャンプ場が見えてきて枝道も見えるので、ここかな・・・と、入ってみたが糠平湖に下りていく道はあるが、見えているアーチ橋には行けない!!
ここで、また間違いか~~と、二度間違える始末・・・(>_<)
ここで冷静に考え正規ルートを確認したが戻らないといけないので、踏み跡を探してアーチ橋へと出た!!
最初からいきなり間違えるし、二度ある事は三度あるのか??と、少し不安になりながらも進んでいく。
正しいコースは、レール沿いに歩いていくとレールは終了しますが、そのまま真っ直ぐ歩くと一般道路に出ます。
そこを横切って進むと最初のアーチ橋の所へ出ます。

   最初のアーチ橋 糠平川橋梁(1955年建設 長さ 63m)

Img_115_3

この橋を渡ると登山道みたいな道となり多少のアップダウンが続く・・・
トンネルが4箇所(第7糠平トンネル~第10糠平トンネル)の中には入れないので、トンネルを迂回するように道が作られているので4回以上のアップダウンがあった!!
途中には湖畔に降りれる所もあるので更にアップダウンは増える・・・
この日は曇りだったので湖畔沿いからの山は良く見えなかったが、晴れていればウペペサンケ山や石狩連峰が見えるのだが・・・
途中、旧国道に入り、そこからまた登山道みたいな道に入り進んで行くと三の沢橋梁へ出る。
アップダウンの道はここまででスタート地点から3Kmくらいである。
登山靴だから良かったが、スニーカーだと危険な箇所があったので、しっかりとした靴をお勧めします。

途中、傾斜がある所にはImg_115_5木の階段とお助けロープがあった!!Img_115_4

                                                 鉄道資料館から1.1Kmほど歩くと標識があり、そこから湖畔に下りれる。

Img__320 Img_11kmno2

           

             

 鉄道資料館から1.5Km程進むと、旧国道へと出る!!
旧国道をしばらく歩くと途中で右に入る。
また登山道みたいな道になるが、途中からはレール跡の所に入り進んでいく。
レール跡の道を歩いていくと、鉄道資料館から2.9Kmの所に標識があり、湖畔沿いに下りれるので湖畔に下りる。
来た道を戻り200m近く進むとアーチ橋(三の沢橋梁)へ出る。
この橋の手前から湖畔沿いに下りれるので、下りて三の沢橋梁を見上げる。
ここは駐車場に近い事もあり、釣りで来ている人達もいた。
魚はいたが、小さすぎて何の魚か判らず・・・(^_^;)
来た道を戻り三の沢橋梁を渡ると広い駐車場がある。
道はここで駐車場を横切って進む!!

鉄道資料館から1.5Km過ぎると旧国道に出る。 2.1Km付近には掲示板があった。

Img_115_6 Img_115_7

                                              

鉄道資料館から2.9Kmの所にある標識と下りて見た糠平湖

Img_11 Img_29kmno1 Img_29_1

鉄道資料館から3.1Kmの所にある標識とアーチ橋の説明掲示板

Img_no_2 Img_no2_7

                                                   三の沢橋梁付近にいた魚(見やすいように画像編集)と糠平湖

Img_115_8 Img__321

            

           三の沢橋梁(ここを渡ると駐車場)

Img_115_9

駐車場を横切ると、トロッコと書かれた看板があり、自然歩道の道の中にトロッコ専用のレールが引かれている。
この日はトロッコの営業をしていたので、写真撮っても良いですか?・・・と、聞くと良いですよ・・・と、いう事で2枚ほど撮らしてもらう。
道はどうなっているんですか?・・・と、尋ねるとレール沿いに行けば先に行けますよ!!
と、教えてもらい安心して先へ進む。
やがてレールは終了し旧線路跡を進んで行く。

三の沢橋梁付近の駐車場とトロッコの看板

Img_1_1 Img__322
                                                

トロッコ(自転車との組み合わせ)と方向転換するための分岐

Img_115no1_1 Img_115no2_3                           トロッコのレールが終わった後は、旧国鉄線路跡をひたすら歩く。 メトセップが近くなると標識があった。

Img_1_2 Img_05km115

                        歩いていて小さな沢が多いな~~と、思ってたら、熊出没注意!!!なる掲示板が・・・・・
その辺から熊の糞があちこちで見られ、山よりもはるかに多く、、、ちょっと大丈夫か~~~と、不安になったのでラジオを鳴らし、たまに笛を吹いた!!
場所は国道の近くなのだが、夜中や早朝には居るかもしれない・・・・・
そんな事を考えている内、時間があまり経っていない熊の糞を発見!!!
その場で笛を数回吹いたら、遠くでガサガサと音がした!!!
しかし、その後何も無かったので一安心。
昼間は大丈夫かもしれないが、ちょっと危ないかな??

危険な箇所と思ったのは五の沢橋梁付近から2Kmくらいの所です。(三の沢橋梁付近の駐車場から2Km~4Km間)
しかし、国道の近くで熊がウロウロしてるとは・・・意外な発見でした!!

メトセップまで1Kmの所に車が入れる場所があり、そこを通ると2台の車が止まっていて、最後の1Kmは安心して歩けた。
そして、鉄道資料館からスタートして3時間でメトセップ終了地点まで歩いた!!
距離にして片道8Kmという距離であった。

Img_115_10 Img_115no1_2

                         今回、晴れてくれたのは最終地点だけだった・・・・・

    Img_115no2_4

予定では東大雪の道はタウシュベツ橋までいくようであるが、まだまだ先の話である。
帰りは同じ道を歩くしか方法がないので、ラジオと笛を持って来た道を戻る。
1Kmほど行くと2台の車がまだ止まっていた!!
良く見ると2台共、同じ車でナンバーの数字まで同じ!!
違うのは数字の前のひらがなのみ・・・
珍しいのでついつい見てしまいました~~^_^;
そこから先は小さい沢が多く、熊の糞が多かった所
ラジオを鳴らしていたので行きよりも恐くなかったが、熊の好きそうな雰囲気の場所だった!!

Img_115no1_3 Img_115no2_5

                         この辺を歩く早さは自然に早くなり、気がつけばトロッコのレールが見えてほっとする。

Img_115_11

残りは三の沢橋梁から3.1Km、ここは普通のペースで歩く。
旧国道から見える国道(道は国道手前で左折します)

Img_115_12  

                                    高い所からは
 温泉街が見える

                 Img__323                            

行くときに間違えた道
ここを真っ直ぐに進む。

Img_115_13
                             

ゴール地点に到着

Img_1_3                                 

                

                  帰りは2時間10分くらいで戻ってきた。
紅葉シーズンなら見れる場所はあると思うが、この日は落ち葉を見ただけであった・・・
その後は日帰り温泉に入り、体が温まってから帯広へ帰った。

ここから参考資料を見れます。
http://www.pref.hokkaido.jp/kseikatu/ks-kskky/shizenhodo/guidemap/c7-4%20guide.pdf

| | コメント (0)

2006年11月 6日 (月)

三国峠の朝

世間は三連休だが、、、自分は日曜日しか休めないので身近の山に登ろうかな~~と考えてみたが、道東は曇りの予報・・・
山が無理なら、糠平湖周辺に出来た東大雪の道(長距離自然歩道)に行ってみるかな、、、と、いう事で糠平湖に決定!!

日曜日の朝、予定より早く目が覚めたので早く出発する。
糠平湖に着いた時はまだ暗かった・・・・・
寝て待っていようか・・・なんて考えたが、時間が勿体ないので三国峠まで車を走らせる。
三国峠に着いた時、空が明るくなってきたので日の出の写真を撮る。
空はまだ晴れ間が見えたので、トンネルを抜けて表大雪の山々を見にいったが、早朝という事もあり観る事ができた。
明るくなってきたので糠平湖へ向かった!!

写真撮影日 2006.11.05 三国峠(クリックで拡大)

   三国峠にて、クマネシリ連峰から昇る日の出を見る(三枚続いてます)

Img_115no1 Img_115no2 Img_115no3

   三国峠からウペペサンケ(左)とニペソツ(右)

Img_115

   トンネルを抜けた所から見えた真っ白な表大雪

Img_115_1

 

   糠平湖に向かう時に見たウペペサンケ山とニペソツ山

Img_115no2_1   

高い所は晴れているようだが、風が強く更に寒い!!
雲海の中に入りたくないが、糠平湖の天気はどうなのか??

| | コメント (0)

2006年11月 1日 (水)

帯広 緑ヶ丘公園の紅葉

帯広市内の紅葉もピークを過ぎていたが、まだ見れそうだったので見に行く。
この近くにある帯広野草園が10月31日で閉まるので、ここも見ていく。
帯広野草園では枯れ葉の清掃をしている人達がいた!!
閉めるまで作業が続くようでご苦労様である。
この時期になると花はほとんど無く、紅葉でも・・・と、思ったがかなり散っていて寂しい感じだった。
山もみじが綺麗だったので写真を撮り、野草園の管理の人に挨拶をして公園へ向かう。
公園の方は意外と人が多く、紅葉を楽しんでいた。
エゾリスはちょっとだけ見たが、枯れ葉を集めてすぐ去っていった。
紅葉は昨年に比べるとちょっと物足りないが、綺麗な所を写真に撮りながら紅葉を満喫した!!

写真撮影日 2006.10.28 緑ヶ丘公園(写真はクリックで拡大します)   

   野草園の山もみじ

Img__316

                                               

   緑ヶ丘公園の紅葉

Img_1028_1 Img_1028_2 Img__317

   緑ヶ丘公園内にある池

Img__318 Img_1028_4 Img__319

三脚を使わないで写真を撮ったので多少ボケてますが、一応見れそうなので載せました(^_^;)
桜もそうですが三脚を使わないと、うまくいかないものです。
今回は自分がボケて三脚を忘れてしまいました・・・・・
ピークは過ぎていましたが、紅葉は見れて満足でした。

| | コメント (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »