トップページ | 2006年4月 »

2006年3月26日 (日)

富士五湖巡り

9日に陣馬山に登って富士山を堪能してきたが、会社の仲間がぜひ富士五胡を見てみたい!!・・・と、いう話から富士五胡に行く事にした。

交通は電車で富士吉田駅まで行き、ここからレンタカーを借りて車で移動した。
風はあったが晴天に恵まれ、綺麗な富士山を見ることができた。(^_^)v

  撮影日 2006年02月11日

最初は忍野八海へ行き、富士山の湧き水を見に行く。
水の色は綺麗で、鯉が元気そうに泳いでいた!!
      富士山の雪解け水

Img__29

   富士山の湧き水で泳ぐ鯉

Img__31 

   忍野八海と富士山

Img__32

   忍野八海を後にして、五湖を周る。
   山中湖からの富士山

Img__33

   河口湖からの富士山

Img__30

   河口湖から見える破風山と御坂黒岳

Img__34

   西湖からは逆さ富士が少しだけ見えた!!(クリックで拡大)

Img__54

         精進湖からの富士山

Img__55

   本栖湖からの富士山

Img__56

短い時間でしたが、駆け足で富士五湖を周りました~~。
天候にも恵まれましたが、風がなかったら逆さ富士がもっと見れたかな??
と、ちょっとだけ後悔した旅行でした。

| | コメント (0)

2006年3月24日 (金)

神奈川県 陣馬山

2月9日は平日でしたが、うれしい事に会社が休みでしかも天気は晴れ!!
これは出かけなければ~~と、思い富士山が見える山で手頃な山は??探してみると・・・
茨城県からは少し遠いけれど、神奈川の陣馬山に行く事に決めて早く寝た!!

朝一番の電車に乗ったのだが、埼玉の大宮で電車を乗りかえた時はすでに混雑(-_-;)
そのまま~~降りる藤野駅まで座れず、行くだけでちょっと疲れました。(^_^;)
藤野駅を降りたら、ここから陣馬山入口までバスで移動し、ここからスタートです。

  撮影日 2006.02.09   陣馬山855m
  
   
参考タイム バス停陣馬山入口~陣馬山頂上 1時間50分
         
陣馬山頂上~奈良子峠分岐 35分
                     
奈良子峠分岐~姫谷温泉  45分

        ※この後、一時登山道から外れて歩きました!!
          私道みたいなので時間だけ表示します。
          姫谷温泉~私道を登り登山道593m付近
          へ出る。 25分

       593m付近~栃谷(陣谷温泉から200m) 45分
                   
栃谷~スタート地点に戻る。 20分
バス停陣馬山入口~頂上~奈良子峠~栃谷~バス停 
         合計時間 4時間40分

上りも下りも通った~バス停陣馬山入口

Img__35

バス停から上り始めて1時間くらいで富士山が
ちょっと見えてきた!!

Img__36     

この辺は、ちょっと残雪があった!!

img_0

陣馬山頂上から南方向~富士山(クリックすると拡大)

Img__37   

陣馬山頂上から富士山~西方向(クリックすると拡大)

Img__38

南アルプスの赤石岳と荒川岳(悪沢岳)をズーム(クリックで拡大)

Img__39

陣馬山頂上から西北方向の山々(クリックすると拡大)

Img__40

陣馬山の頂上では多くの登山者に出会ったし、場所も広く桜の木もあるので人気があるようです。
縦走コースもあるので健脚の人にもお勧めです。
  賑やかだった陣馬山の広い頂上

Img__41

姫谷温泉からは一般道路でしたが・・・時間に余裕があったので、裏道を登ったのですが~
非常にきつい登りがあるので、このコースはお勧めしません。^^;
姫谷温泉に出たら一般道路を歩いて下さい。
その道を行くともう一つの陣屋温泉もあるので良いですよ。

Img__42

| | コメント (0)

2006年3月19日 (日)

お台場 フジテレビ見学

私事で恐縮ですが、昔関東に仕事で住んでいて東京、横浜、埼玉は電車で色々と周りましたが、お台場はまだ行ってなかったのでフジテレビをちょっと見に行きました。

お台場は、埋立地なので大地震が来たら恐いな・・・と、思いながらゆりかもめに乗ってみたら開発が進んでいる様で、まだまだ景色が変わりそうです。

この日、お台場だけではもったいないので、茨城県結城市から途中で寄り道しました。

寄り道先は、山登りもされているKuroさんの仕事場におじゃました。

その時は色々とお世話になり、ありがとうございました。

近くへ行かれた方は、ぜひ寄ってみて下さいね。

Kuroさんのお店のH.Pです。

http://www.ne.jp/asahi/kuruminoki/at/

  撮影日 2006.02.05

  寄り道したKuroさんのお店

Img__28

           

    

ここで楽しい時を過ごし、この後フジテレビへ向かった!!

Img__43     

フジテレビから富士山方向を見る。

                                            Img__44

                    富士山をズーム(クリックで拡大)

Img__23                                     

   

 

東京タワー方面を見る(クリックで拡大)

Img__45   

スタジオ見学もしましたが、芸能人は見れずセットをスタッフが組んでいる所だけ見ました。

しかし、人の混雑は凄かった~~ローカルのテレビ局とは違いますね。                                     

| | コメント (2)

2006年3月18日 (土)

埼玉県 伊豆ガ岳851m

伊豆ガ岳は、埼玉県秩父鉄道線の正丸駅からスタートできるので、交通の面も良いことから気楽に登れる山の一つである。

この日は会社の同僚のTさんと車で茨城県結城市から正丸駅まで来てここからスタート

  撮影日 2006.02.04

  参考タイム 正丸駅~伊豆ガ岳頂上 1時間10分

         伊豆ガ岳頂上~古御岳頂上830m 15分

         古御岳頂上~高畑山頂上695m 30分

         高畑山頂上~中ノ沢ノ頭623m 20分

         中ノ沢ノ頭~天目指峠の標識 20分

         天目指峠の標識~子ノ権現 45分

       正丸駅~子ノ権現まで 3時間20分(休憩含まず)

この後、ハプニングが起こったため経過時間が???になり記載できませんでした。(^_^;)

実は子ノ権現から吾野駅へ向かう予定でしたが、途中で道を間違い正丸駅の方へ二人で行ってしまいました。

帰り道は間違え易いので、地図(二万五千分の一)を持って確認して下さい。

一緒に登ったTさんのブログ

http://blog.goo.ne.jp/toshi-chappy/e/4ce98113adae8cdc014572b6f5f68373

 スタートした西武池袋・秩父線正丸駅

Img__47

                                 

         

             伊豆ガ岳からの展望

Img__48

                 山名入り写真(クリックすると拡大)

Img__49 伊豆ガ岳から西方面(クリックすると拡大)

Img__50 

子ノ権現(足腰の神様とも呼ばれる)でお参りとお守りを購入した。

Img__51

子ノ権現の近くから見えた都心(クリックすると拡大)

Img__25

子ノ権現をお参りした後、水で清めようと思ったら・・・何と水が凍っていた!!

この時は、妙に冬を感じました。

でも、雪は思った程はなく関東の人はい~なと思いにふけてました。

| | コメント (2)

2006年3月14日 (火)

日本百名山 筑波山

筑波山 女体山 876m  男体山 870m

筑波山は茨城県つくば市にあり、低山でありながら快晴の時の展望

は素晴らしいものがあります。

無謀にも、仕事(夜勤)の帰りクッキリと筑波山が見えていたので直行で行ってみたが、

周りの山々は無情にも雲がかかってました。(ーー;)

登山道も整備されていますが、体力の余裕が無かった為、少し楽な

行き方で登ってしまいました。(^_^;)

    撮影日 2006.02.02

  参考タイム ケーブルカー宮脇駅~筑波山頂駅 片道8分    

                      往復16分

         筑波山頂駅~女体山頂上 行き15分 

                     帰り20分(道がアイスバーン)

       筑波山頂駅~男体山頂上 行き10分 帰り10分

   筑波山をバス停から見る。

img_4151kokorogu 

ケーブルカー宮脇駅から見えた富士山

   

img_4153  

女体山から男体山を見る。

img_4165

| | コメント (0)

ブログを始める事によるご挨拶

皆様、初めまして  管理人の山ちゃりと申します。

 山登りは2003年からはじめましたが、なかなか初心者から上達

  せず試行錯誤している内に早くも三年過ぎていました。

 そんな中で、仕事で関東出張があり山も登って来て、この記録を何

   とか残したいと思いブログを作ってみました。

  ベテランの人達から見ればまだまだですが、山登りの参考になれ

   ば幸いです。

| | コメント (1)

トップページ | 2006年4月 »